復縁工作成功事例集その3

復縁工作の成功事例を多数掲載させて頂いています。復縁屋へのご依頼を検討されている方、復縁工作は何をしてくれるの?とお考えの方は復縁工作の成功事例を参考にして下さい。
復縁工作の各成功事例は元依頼者様のプライバシー保護の為、若干の修正を行っております。
各成功事例と状況が全く同じケースはございませんので同じ復縁の仕方はない為、どんな方法があるのか等の参考程度に置考えて頂ければと思います。

【ケース毎の成功事例 目次】
職場の後輩と別れた原因が分からなかったけど復縁工作成功事例
お互いの両親も巻き込み状況が最悪な状態から復縁工作成功事例
別れの本当の原因は身体の相性が悪いからフラれた復縁工作成功事例
対象者の風俗嬢との連絡を一切切られた状態から復縁工作成功事例
対象者の両親が別れの原因!?の事前予想とは異なった復縁工作成功事例
婚活アプリで完全に縁が途切れて復縁したい!復縁工作成功事例
ストレスでキツク当たってしまった相手の復縁したい!復縁工作成功事例
離婚を言い渡され実家に子供を連れて帰ったけど復縁したい!復縁工作成功事例


復縁工作成功事例:職場の後輩と別れた原因が分からなかったけど…

依頼者 Oさん
地域 神奈川
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金90万円+成功報酬20%

Oは会社の後輩に恋をして告白後、付き合う形になりましたが、3ヶ月程度のお付き合いの後に対象者から別れを切り出されます。
職場で会える事等を理由に簡単に復縁できると考えていたOですが、思惑とは異なり、会社でも業務連絡以外の会話には答えてくれずlineも既読スルー、電話も出ない状況が続き、どうにもならない事を悟った為、復縁相談を頂く形となりました。

過去に復縁の経験もなく、復縁屋の利用も復縁相談の仕方も分からない為、様々な事が初めて尽くしのOでしたが、どうにもならない状況を打破する為に何か良い方法はないかと模索した結果が復縁屋の存在でした。
Oから初めてご相談頂いた際に、Oは別れの原因について検討がつかず、職場での業務連絡以外の会話も持てない事から復縁活動に行き詰っていたとの事でした。
相談時に自分が何故ここまで嫌われたのか、全く見当がつかないとの事で、弊社相談員も別れの原因を知らなければ解決しようがない事を伝えると復縁工作を提案させて頂く形になりました。

復縁する為に何が求められているのかを知らない復縁屋側にしてみればアドバイスでどうにか解決出来る問題ではない事も一般的に考えてみれば分かる事ですが、相談当初はOには理解が出来ていませんでした。
復縁工作の依頼を頂く事で別れの原因等を解明し、解明した原因を改善する事で職場での対応も変わり、復縁に向けて進む事が出来る事は理解したOでしたが、それ以外に復縁する方法はない事も知り、復縁工作の契約に踏み切ります。

ご依頼後、対象者を調査してみると対象者には他の異性の存在がある訳ではなく、外部要因が原因で別れた訳ではない事が分かります。
そうなると別れを決意された理由はOが何かをしたケースが考えられ、その何かとは一体何なのか?を工作員が対象者に接触して聞き出す形を取りました。

復縁工作の依頼中はOはずっと自分の何が原因なのか?どうしたら原因を改善出来るのか?について考えていましたが、対象者から聞き出した話しを聞くとOは想像も出来ない事が判明します。
Oの抱えていた別れの原因は細かい事を言えばキリがなく、性格が完全に合わない事や自分本位の考え方が付き合う事で気付いてしまい、自分本位過ぎる考えが元で、付き合っていても疲れるだけになり、別れた後も自分本位に接して来る事で付き合っていた頃よりも嫌いになっていった事が分かります。

何が自分本位なのかに気付けない為、職場でも別れた後に何をしていたのかも気付かず、別れた後に更に嫌われているとは全く思っていなかったOはショックを受けますが、改善して職場での印象が変われば復縁の可能性もあるかもしれないと希望を持つ事が出来ました。
問題点の改善に努め、Oの考え方全般を否定した状態を続け、生き方、考え方等、全てを対象者から好かれる為に変えていきます。
工作員の後押しと同時に職場で対象者以外の方々からの印象も変わって来たところで工作員が対象者に復縁を促す心理誘導を加速させます。

対象者が復縁を意識する頃には職場での印象は全く異なっており、職場の方々の声が対象者の耳にも入ります。
工作員の元にも対象者から『最近前の彼氏の印象が良くなったって良く聞くんだよね』という言葉も出て来る様になり、復縁を完全に意識させた状態でOから話し掛けさせると業務連絡以外の会話が出来る様になり、デートの誘いにも応じてくれる様になりました。
3度目のデートの時に対象者から『職場の印象が全然前と変わったけど何があったの?』と話しを切り出され、自分の今までの行動全てが間違っており、それによって対象者にも迷惑を掛けた事を伝えたという報告があり、後日対象者から工作員にOとのデートの話しが出てきた際に復縁を意識している事が打ち明けられます。

打ち明けられた内容をそのままOに伝え、後は『復縁したい』と告白するタイミングを待ち、Oから告白させます。
『今のあなたなら復縁しても良いかなって思ってた』と復縁の許しを得る結果になり、復縁工作は無事に成功した事例になります。

復縁工作成功事例:お互いの両親も巻き込み状況が最悪な状態

依頼者 Yさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金130万円+成功報酬30%

Yからご相談頂いた時は対象者との関係が拗れ、対象者の両親とYの両親迄が揉める様な状況としてはかなり酷い状況になって復縁を口にされました。
『このケースは難しいですよね?』という質問に『かなり難しいと思います。』と答えざるを得ない状況であり、Yは復縁工作の依頼をしても復縁は叶わないのではないか…という事を考えていました。
『最初から可能性を考えていれば可能性は0%ですね。復縁を諦められる訳ですから復縁工作の依頼はしない方が良いですよ』と担当者が伝えた一言で『この酷い状況を作ったのは私だし可能性なんて元々ないですよね…』とやるしかない自分の状況に気付きます。

復縁工作の依頼を決意したYとの面談の時間を設け、面談中もYは何度も自分の行動を責めるばかりでした。
自分を攻めるだけでは何も変わらない事を伝えながら、過去ではなく未来に何を作れるか?という話しをさせて頂き、Yの未来を作る為にご協力出来る事は全力でサポートさせて頂く約束をして復縁工作の契約書を交わさせて頂きました。
復縁屋との契約や面談に対して色々な不安を感じていたとの事でしたが、何もせずに対象者を諦めるよりもやれる事をやって失敗する方が良いという姿勢を感じました。

もちろん依頼を頂く以上、失敗前提の依頼を請ける事はない為、突破口はあるという話しをYにも説明させて頂きました。
復縁工作の方法を提案させて頂いた際に両親同士の問題に関してはYが説得できる自信があるとの事で任せる事になり、対象者の事に関しては一任して頂けるとの事でした。
対象者の調査を行い、別れた後に両親と対象者の関係について調べていくと、対象者と両親はYの事が原因で関係を悪化している事が発覚します。

対象者は対象者の実家に住んでおり、張り込み中に何度も対象者と両親の言い合いであろう声が聞こえており、時折Yの名前が出ていた為、調査員は対象者達親子の関係が悪化している事を見抜きました。
復縁工作で工作員が対象者に接触しようにも1人で歩いている対象者が明らかに不機嫌な表情のまま歩いている事に気付き、声を掛けるに掛けられない状況が多く、接触のタイミングがなかなか出来ません。
ある時は対象者が路上喫煙している人物に注意をし、路上喫煙者と口論になる等、Yから聞いていた怒らない優しい人という情報が覆る様な行動ばかりを起こします。

客観的に見てもイライラしている状態が続き、笑顔を1つも出さない対象者の写真をYに見せながら打ち合わせをしていると、Yは写真を見て、『こんな人にしてしまったのは全て自分が悪い…』と声に出して泣き出します。
Yは別れてから食事も喉を通らなくなり、睡眠も深く取れず、寝静まり夢を見ては対象者の事を思い出し、辛い毎日を送るものの、『原因を作ったのは自分だから…』と苦しさを全面的に受け止める状態が続きます。

Yの苦しみを毎日の様に打ち明けられながら、対象者の状況を報告させて頂くと『接触は今の時期はしない方が良いですよね…』と工作員が動きを取れない状況も理解し、Yにも辛抱強く接触のタイミングを待って頂く事となりました。
接触のタイミングを計っている間に時間も経ち、対象者の表情が少し柔和になった変化があり、タイミングを見て接触を図ると順調に連絡先を交換し、接触出来た事をYに報告すると大喜びして頂けました。
接触後、事前に提案していた復縁工作の方法に取り掛かりましたが気持ちの落ち着いた対象者はYから伺っていた情報通り怒る事無く穏やかな話し方をする人物で工作員の話しに耳を傾けてくれます。

両親との間に起きた問題についてもストレスを溜めていたのかスラスラと話して下さり、Yとの間にあった事や両親との事等を打ち明けてくれた為、対象者のストレスの大きさを実感します。
工作員が対象者の話しを聞いて気付いた点が両親との確執のお蔭でYとの間に起きた出来事が少し霞んでおり、別れるまではYとの関係がキツかったものの別れてからは嫌な事も含めて良い思い出と少し変わっていた事になり、元々Yに提案させて頂いた方法に付け加えて思い出について美化させる事も含めて心理誘導を進めていく事となりました。

Yには対象者から聞き出した別れの原因についての改善を求め、辛い、苦しい等の泣き言を言っている暇がない程、日々担当者とのやり取りを進めていきます。
元々、自分の問題点に気付いていたYは自分で直さなければならない部分に関しては直していた事もあり、自己改善はスムーズに進みます。

復縁工作も佳境に入る頃には対象者は両親のせいでYと別れなければならなくなったと記憶が錯誤しだしていた為、Yとの再会工作の目途が立っていましたが両親との確執を落ち着かせる様に仕向けます。
Yの依頼のケースは対象者だけではなく対象者の両親の問題もあった為、難易度がとても高い案件でしたが、心理誘導が上手くハマり、別れの原因を作ったのは少なくとも対象者の両親も関与している事だと錯誤してくれた為、工作も順調に進み出します。

両親との確執を取るアドバイスを対象者に工作員がし、両親との確執が取れた事を対象者から聞き出した5日後にYと対象者の再会工作を進める事となりました。
久し振りの再会に緊張して眠れなかったというYと対象者を再会させるにYには有給を取って頂き、元々シフト制の仕事をしていたYに不自然さはなく再会工作がスムーズに進み、対象者から『親が余計な事を言ってゴメン』とYもビックリする発言が飛び出します。
再会した当日に復縁まではいかないものの、連絡を取り合い、デートを繰り返して復縁までこぎつけ、復縁する直前には工作員の後押しも必要ない程の関係を構築した復縁工作の成功事例になります。

復縁工作成功事例:別れの本当の原因は身体の相性が悪いからフラれた

依頼者 Tさん
地域 広島
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金90万円+成功報酬30%

婚活アプリで出会ったTと対象者は4か月の交際の後、対象者から一方的にlineで別れを告げられ、別れてしまいます。
会って話したいと何度もlineで呼びかけ、電話をしても出ない対象者との復縁は厳しいと考え、復縁屋へ依頼する決意をしたとの事でした。
復縁工作の依頼を考え、ネットで復縁工作について検索するものの不安になる情報ばかりが出て来た為、依頼したいけど、どの復縁屋に依頼すれば良いのか分からなくなり、数社と面談を行ったとの事でした。

復縁工作について問い合わせしても、どの復縁屋も同じ事を話す様に聞こえてしまい、結局どの復縁屋が優良な復縁屋なのか分からず、面談で復縁する為に何が大切なのかをシッカリと話してくれた弊社の担当者に依頼する決意をしたとの事でした。
復縁したいという気持ちが強く、何をすれば良いかも分からず、誰かに頼らなければ完全に復縁の道はないと考えたTの苦しみを面談時に聞かせて頂きましたが復縁するまでの辛さを改めて理解した時、『復縁ってやっぱり簡単じゃないんですよね…』と口にされました。

復縁の辛さに気付いたTのモチベーションは下がるかと予測した担当者でしたが逆にTの復縁に対するモチベーションはあがります。
どうしたら復縁できるのか?について耳を傾け、復縁するまでの流れ等をメモを取りながら自分の問題点を改善していく事も考えます。
復縁する為に何が必要なのかを考えて努力する決意をしながら復縁工作の契約を交わす事となりました。

頼れる友人もおらず復縁する為に必要な事をしなければ復縁の可能性もない為、本当に復縁したいなら絶対に必要な事ですが、復縁への決意が強く、担当者も絶対に成功させる意気込みで依頼を請ける事となりました。
対象者の情報を元に調査を開始させて頂き、新たな恋人の存在がない事を確認し、対象者に工作員を接触させると何故別れに到ったのかを聞き出します。
別れたいと思った理由がTとは身体の相性が合わず、身体の相性の悪さから会う時にセックスをしなければならない状態が嫌になり、別れに到ったとの事でした。

身体のどこが合わないのかを聞き出すと、改善しようがない部分であり、それ以外については気が付く良い子だと褒めていた為、長所について褒めちぎる事となり、身体だけが恋人にとって必要ではないと心理誘導していきます。
分かってはいるけれど、身体の相性の悪さは恋人同士の間では重要な問題になり、身体の相性の悪さを気にする対象者の気持ちをもう一度復縁に向けさせるのはとても至難の業でした。
しかし、Tに身体の相性の悪さを告げるとTは自分なりに研究した事を試したいと対象者とまずはセックスフレンドでも構わないから復縁したいと担当者に懇願します。

対象者にセフレとしてTと付き合ってみる事を誘導していくと乗り気ではないけれど別れてから他の異性がいる訳ではない為、Tを利用しようと連絡を取り始めます。
連絡を取り、セフレという関係で会った後に対象者から工作員が聞き出したのは『前よりも上手になっていた』との言葉を聞きだし、少しづつですが復縁に向けて進み出します。
Tとデートの度に体を重ねる対象者から、『セフレなのか付き合ってるのか分からなくなってきた』という言葉を聞きだし、曖昧な関係は好きではないから復縁する事にした』という言葉を聞き、復縁工作は成功した事例になります。

復縁工作成功事例:対象者の風俗嬢との連絡を一切切られた

依頼者 Hさん
地域 福岡
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金130万円+成功報酬20%

1年間風俗に通い詰め、外で会う事も許されながら外では身体の関係を持たず普通の付き合いに昇華させたと思っていたHは突然対象者の風俗嬢に別れを切り出されます。
何度も『風俗で働くのをやめて欲しい』と伝えていた事が対象者の機嫌を損ねてしまい、『もう会いたくない』と言われて店への出入りすら禁じられてしまった事が原因との事でした。
対象者の機嫌を損ねた事は理解していましたが、対象者と会えなくなる辛さや軽はずみな発言で縁を切られてしまった事に取り返しのつかない事をしたと復縁屋への依頼を検討したとの事でした。

店に出入りする事も連絡先も全て遮断されてしまい、復縁する方法が全く思いつかなくなってしまった為、復縁工作の依頼をする以外に対象者との縁を取り戻す術が思い付かなかったとHは語りました。
面談中も営業での色恋と普通の恋愛とは異なる事を理解していたけれど気持ちが抑えられなくなった事を悔やみ、対象者への思い入れを担当者に話しました。
復縁する為に自分ではどうにもならない事を理解し『助けて欲しい』と懇願されましたが状況的に風俗の仕事絡みのお付き合いに持っていくのは出来ても、そこから先の仕事の関係がない恋愛に持っていくのはH次第である事をお伝えして納得頂いたので復縁工作の依頼を頂く事となりました。

対象者が出勤している風俗店へ潜入調査を行い、対象者との連絡先交換を行いながらも何度か風俗店へ通います。
工作員との関係が良好になっていく中で、店外への連れ出しや一緒に遊ぶ関係に迄、発展させ、過去のお客さんについて話しを聞き出します。
過去のお客さんの中で嫌なお客さんの中にHであろう人物も含まれており、Hに対する不満も含めた他のお客さんの不満も聞きながらお酒を飲みながら食事をしていると風俗のお店を辞めたい事を吐露して来ます。

仕事への悩みや年齢の悩み等、様々な不安を抱えている風俗嬢は多く、対象者もその内の一人であり、工作員は話しを全て聞きながらHとの関係を取り戻せる様な心理誘導を行わなければなりません。
話しの中で出て来る仕事への不満から今までに風俗の仕事をやめて欲しいと言った人物はいないのかを確認すると、Hも含めて沢山の方々に風俗の仕事はやめて欲しいと言われたけれど金銭的な問題を抱えている為、辞めるに辞められないという話しを零します。
自分で言う分には良いけれど、他人から指摘されると風俗の仕事を下に見られている様に感じるという対象者の気持ちが分かり、Hが口に出した言葉は対象者をバカにしている様に聞こえてしまった事が分かり、対象者に嫌なお客さんとの付き合い方について遠回しにアドバイスをしていくと、試しにやってみようという事になり、対象者からHに連絡が入りました。

利用する為にHへの連絡を再開した対象者の気持ちをHに伝えましたが、最初はどんな形でも良いから縁が戻った事をとても喜びます。
Hが口に出して対象者の怒りを買った事等の話しは一切させず、何も言わず良好な関係を築いていた頃の様な接し方を心掛けさせながら工作員はHとの交際をスムーズに行かせる為のアドバイスを対象者に施します。
Hと対象者の関係は金銭が発生するものであり、復縁したものの、そこから先を対象者に意識させない様にしながら関係を深めていく方法をアドバイスしながらHが対象者への接し方を変えていくと工作員が対象者にアドバイスしていた通り、以前の関係に戻り風俗嬢の対象者との復縁工作が成功した事例になります。

Hと対象者は復縁工作をする以前の付き合い方も会う度に金銭が発生していましたが、関係を取り戻すには仕方がないとHも納得していた様で、会う度にお金の無心をされる関係ではありますがHの要望が叶う形となり復縁工作は成功して幕を閉じました。

復縁工作成功事例:対象者の両親が別れの原因!?

依頼者 Mさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金130万円+成功報酬10%

Mの復縁は対象者の両親の問題等、様々な問題が山積みであり、復縁する為には一つ一つを解決しなければ先に進めない状態でした。
Mが自分で出来る事はやって頂き、Mが出来ない事を弊社の工作員が補う形の復縁工作を行う形で依頼を承る事になりました。
対象者の両親はMとの交際に付き合った当初から前向きではなく、対象者との交際をしたMに付き合った当初から『別れて欲しい…』とMは伝えられていたようでした。

交際当時から問題ばかりあった2人の関係も両親の後押しもあり、対象者は両親の言葉通りに別れを決意してしまいます。
対象者自身は別れたくないという言葉をMに零していたようですが、最後には対象者の両親の意向に沿って別れを決断する事となりました。
両親の反対を押し切る事が出来ない対象者との復縁を求めて、自分ではどうにも出来ない事を自覚したMは復縁屋に相談する決意をします。

Mから相談を頂いた際に状況の整理が出来ていなかった事やお付き合いの長さ等から面談の時間も長くなり、Mと対象者の状況を把握するだけでも時間が掛かってしまいました。
状況把握をさせて頂いた後に復縁工作の契約をさせて頂き、復縁工作の方法を提案させて頂きました。
復縁工作の方法の中に対象者の両親への接触を含めるかどうかでMと打ち合わせさせて頂きましたが、対象者の両親には接触せず、対象者への心理誘導を重点的に行うプランでご納得頂き、復縁工作を進めていきます。

付き合いの長さから情報量はとても多く、対象者の両親についての情報も豊富でしたが、豊富な情報の中から担当者が両親への接触をする必要が無いという判断をさせて頂きました。
対象者の両親への接触をすれば費用も上乗せしなければならず、必要ない工作を省いて最短で復縁に向けて進めていくには対象者への心理誘導が最優先と考えた為、Mへのプランを提案させて頂きました。
ご依頼後、速やかに対象者を調査しながら工作員を接触させるポイントを判明させ、早い段階で工作員を接触させる事に成功します。

対象者の情報を元に工作員を接触させるのですが、Mから聞いた情報を利用して接触させた為、接触までは簡単に進みます。
心理誘導を進める前に人間関係を構築しなければなりませんが、人間関係の構築が想定以上に進みません。
警戒心が強く、少しでも不自然な事を言えば疑いを持つタイプとMから聞いていた為、工作員も警戒しながら進めていった結果になります。

人間関係の構築に時間を掛け、少しづつ対象者の心を開いた後にMとの関係を聞き出す為の過去の恋愛話に持ち込みます。
自分の事はあまり話したく無さそうだった対象者も人間関係を構築した事によって話して下さいます。
復縁工作を進めていく中でMとの関係を聞きだし、別れの原因について話しを進めていくと両親の話しは一切出ず、対象者がMを嫌になった要因を幾つも話し、予想はしていたものの、Mとの復縁はとても難しい事に気付きます。

対象者から聞き出した情報を元にMへとアドバイスをさせて頂きましたが、問題点が多く、アドバイスに掛かる時間も相当の時間を費やしました。
工作員が対象者に心理誘導を行う傍らで担当者がMにアドバイスを続け、復縁する為に少しづつですが歩みを進めます。
対象者と工作員のやり取りの中で露骨にMの事を拒絶している部分がありましたが、心理状態を利用して拒絶している部分を笑い話に昇華させ、拒絶状態から抜け出させます。
『Mとの復縁は絶対にない!』と断言していた対象者でしたが、『M面白半分なら再会しても良いかな』という言葉もポツポツと出だします。

冗談交じりで言った言葉を実現させるべく再会工作に踏み切り、Mとの再会を果たす打ち合わせを行います。
対象者との再会に自信が無いMは再会工作中も自己改善をした部分をアピール出来なかったと再会工作が終わった後に泣き出してしまいましたが、工作員が対象者から聞き出した情報によると以前のMとは全く異なる印象を持っていたとの事でした。
再会工作後は対象者、M、工作員の3人で会う機会も増え、復縁に進まない対象者の心理状態を後押しする様に工作員がそれとなくサポートします。
Mの努力の甲斐もあり、対象者とお酒を飲んでいる席で復縁を約束したのですが、翌日には『お酒の席での冗談だから』と言い、復縁をチラつかせられながらもあと一歩進まない復縁に向けて工作員が後押しし、復縁成功に無事繋がった復縁工作の成功事例になります。

復縁工作成功事例:婚活アプリで完全に縁が途切れて復縁したい

依頼者 Yさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金110万円+成功報酬30%

婚活アプリで出会ったYと対象者はメッセージのやり取りをアプリで行い、lineのIDを交換してやり取りを開始します。
初めて会った時に対象者から告白され付き合う事になったのですが、直接会うのは月に1~2度程度で、毎日lineのやり取りをしていたものの、なかなか会えない事に不満を感じたYは対象者に『もっと会いたい』と常に口にする様になり、ケンカも増えて最終的には別れを告げられます。

Yは対象者の事を今迄い付き合った事がないタイプと言い、対象者への愛情が過去にお付き合いした方々とは異なっていた事もあり、どの様に恋愛をすれば良いのかが分からなくなっていたとの事でした。
対象者への想いを消し去る事が出来ない事に気付いたYは復縁を考えますが、対象者の連絡先はlineしか分からず、lineはブロックされ自宅も分からず手紙を送る事も出来ない事から復縁屋に頼らざるを得なくなってしまいました。
対象者がどこに住んでいるかも分からないのでYが復縁を望む際に大きな問題が山積みにされていました。

Yと面談させて頂いた際に対象者の情報を拝見させて頂きましたが、対象者を特定させるのはとても困難な情報しかなく、復縁工作の依頼を請ける前は対象者を特定出来るのか?が一番のポイントでした。
婚活アプリで出会った方々はお互いの連絡先を交換していないケースや、どこに住んでいるか等の情報が無い等、別れた後に再会するのがとても困難なケースがあり、Yのケースも婚活アプリにありがちなケースで対象者がどこに住んでいるのかがYとの復縁で最大の難関でもありました。

頂いた情報を整理し、調査方法についてYと打ち合わせさせて頂き、張り込みも含めてYが持っている情報から捜索方法について話し合っていくと、唯一対象者を特定させる情報は対象者の仕事の業種であり、若干珍しい業種でもあった事から業種から対象者を特定させる調査方法を提案しました。
幸いに対象者の写真はあった為、対象者の写真を頼りに調査をすると時間は予想以上に掛かりましたが対象者の特定に成功します。

対象者を特定後、対象者の素行調査を行い、Yが別れを告げられた原因以外の外部要因がないか?を調査しますが、他に異性の姿がある訳でもなく外部要因が理由で別れた事は無さそうであるという報告をさせて頂くとYはホッとします。
復縁工作をする為に工作員を接触させる段階まで打ち合わせさせて頂き、別れの原因の裏付けや心理誘導を進めていく事になります。

別れの原因を聞き出しているとYが考えていた別れの原因とは異なり、他に気持ちが冷めた理由があると対象者から聞き出します。
対象者への心理誘導を行う前に別れの原因についてYと話し合い、Yが気付かなかった問題点を改善して頂きました。
Yに問題点を伝えた際に、Yはハッとした表情をし、自分では気付いていたけれど気にしていない事を対象者にしていたのが原因で別れに到った事に初めて気付きました。

別れを告げられた理由に気付き、対象者との復縁に真剣に向き合える事が出来たYの自己改善と同時進行で心理誘導を行い、Yとの良い思い出を対象者の中で蘇らせます。
Yとの付き合いは決して嫌だった訳ではないけれど、後々を考えたら嫌いになるかもしれないので気持ちが強くなる前に別れを切り出した対象者はYとの復縁を少しづつ意識していきます。
復縁を意識しだした対象者とYを再会させる為に再会工作をする頃には対象者から『lineのブロックを解除するかで悩んでいる』との言葉を聞き出します。

対象者から聞き出した言葉で再会工作をして再会させれば復縁はほぼ確実という状態まで作り上げ、工作員を利用して偶然の再会を作り出し、復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。

復縁工作成功事例:ストレスでキツク当たってしまった相手と復縁したい

依頼者 Yさん
地域 千葉
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金120万円+成功報酬30%

Yから復縁したいと相談を受けて話しを聞いていると対象者への想いで胸が一杯になったのか涙ながらに対象者との思い出等を語りました。
話しを聞いていると別れを切り出される前の3ヶ月は対象者に怒りをぶつける生活を繰り返し、精神的に仕事で追い詰められていた事を言い訳にして対象者を精神的に追い詰めていたとの事でした。
結婚の話も出る時期で本来なら大切にする時間にYのストレスを対象者にぶつけ、別れを告げられた頃には後悔の連続で毎日苦しさから逃れる為に自分を責めていたとの事でした。

ネットで復縁方法を探しても同じ様な事ばかりが書かれており、ネットに書かれてる方法を真似して復縁の為に努力するものの状況は何も変わらず、復縁する為に自分で出来る事はやり尽くしたYが最終的に決断したのは復縁屋に頼る事になり、数社に電話相談をしたとの事でした。
自分の状況を伝えたくてもなかなかうまく伝えられず、状況を伝えたくても上手く伝えられないもどかしさをYは感じていたとの事でしたが、一つ一つ状況を整理していき、説明が決して上手とは言えないもののYがした事や対象者とのお付き合いの仮定等をお聞かせ頂きました。

相談時に話しを聞いているとYが口に出した事も含めて細かな話しの中で対象者の性格等も踏まえて話しを聞いていると復縁の可能性は全くない訳ではない事に気付きます。
工作員を接触させてYが抱えていたストレス等を対象者も理解出来るであろう事やYに対する気持ちが残されているであろう事がYからの話しの中で判断出来た為、復縁の可能性が見え、方法次第では復縁も可能という判断が出来ました。
復縁する為に工作員の協力は必須になりますが復縁の可能性は十分にあるという判断で復縁工作の依頼を承る事になりました。

復縁工作の契約書を交わし、着手金の入金確認後、復縁工作を行う為の情報収集の着手に入りました。
Yとの別れた後、対象者との連絡は疎遠になり、リアルタイムな情報は入らなかったので調査を行いながら対象者の情報収集に努めます。
調査を進めていくとYも知らない対象者の情報が入手出来、復縁する為に必要な情報を集めていく中でYがショックを受ける出来事もいくつかありました。

工作員との接触前にYの心は若干折れ気味になり、復縁する為に必要な情報を集めている時点で心が折れそうになるYの話しを聞き、陰ながら依頼者の辛さをサポートする以外に担当者が出来る事はありませんでした。
対象者に接触して話しを聞いているとYとの関係についての話しになり、付き合っている間とても辛く、別れてから自由になり、心も軽くなったとの話しを聞き、Yに伝えづらい内容でしたが伝えなければならない状況に心痛めながら報告させて頂くと、Yは涙を流しながら自分のした事を後悔していました。
依頼してからずっと後悔し続けるYに復縁屋の立場は慰める事が求められる訳ではない為、話しを聞くだけしか出来ない状況に心痛めながら出来る事をさせて頂いている態度でYの話に耳を傾けます。

Yの悔やむ気持ちを聞いた担当者はどうにかしてあげたいという気持ちで工作員への指示を出しますが、工作員が話しを聞けば聞く程、Yへの言葉が尽きる事なく聞こえて来る為、担当者も頭を悩ませます。
対象者からの話しを工作員が聞き、Yへ思っていた事を全て話した対象者は吹っ切れた表情とスッキリした状態になり、そこから初めて心理誘導を行い、復縁に向けて対象者への工作を進めていく事となりました。
少しづつYに報告する内容も接触当初とは異なり、対象者から出て来る言葉も変わって来た為、Yの後悔が大きくなる事もなく少しづつ声の調子も明るい声になっていきます。

前向きさを取り戻したYとYへの不満を全て晴らした対象者の再会を演出する頃には復縁を完全に意識させられた状態を作る事が出来、再会に胸躍るYと対象者の再会を演出する打ち合わせ通りの再会にこぎつけました。
復縁を意識したYと対象者が再会した後、対象者は工作員に話していた様な事をYに告げますが、最初に工作員からの報告で聞いていたYは対象者の不満を全て受け入れ、感情的になる事なく対象者と向き合えました。

再会した際に感情的にならない姿を見た対象者が想像していなかった事に一番驚き、逆に感情をぶつけてしまった事を申し訳ないと詫びる姿も見え、関係修復に繋がります。
再会工作の後に2度程デートをした頃には仕事でストレスを抱えて爆発させていた頃とは異なるYの姿を見て好印象を抱いており、言葉には出さなくても蟠りが取れた2人の姿は恋人の様に見えましたが、復縁に繋がる言葉は出て来ません。
最後の一歩が踏み出せない対象者に工作員が接触し、背中を後押しする事で復縁成功に繋がりましたが、対象者の少し煮え切らない性格を考えた時にYも焦らず落ち着いて行動で来た事が功を奏した復縁工作成功事例になります。

復縁工作成功事例:離婚を言い渡され実家に子供を連れて帰ったけど復縁したい

依頼者 Kさん
地域 静岡
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金190万円+成功報酬30%

突然離婚を言い出されたKは妻が子供を連れて実家に帰る事を宣言され、離婚届を郵送で後から送るのでサインして欲しいと言われて成す術なく離婚を進められそうになった状態になり、復縁屋を探したとの事でした。
何が原因で離婚を突き付けられたのかもサッパリ分からず、突然子供を連れて行かれた現実を受け入れ難く、離婚を切り出された当日は涙が出る事も考える事も出来ず、ただ一人でボーっと時間を潰してしまったとの事でした。
翌日になり朝起きて妻と子供がいない風景を目にし、やっと現実を受け入れ、失意のまま会社に行き、会社で復縁屋について調べたとの事でした。

Kはその日の内に面談を希望され、仕事終わりの時間に合せてKの自宅までお伺いさせて頂き状況を確認させて頂きました。
『思い当たる事が本当に何もない』というKの話しを聞いても、本当に何もなく離婚を切り出された状態でした。
Kの話しでは良い父であり、良い夫であり、収入も安定した生活でなかなかの高収入でもあり、対象者が不満を感じるならKが真面目なところ位だと判断出来た為、なぜ離婚を切り出したのか?離婚を計画的にしていたのか?等、分からない事だらけの面談で担当者も首を傾げます。

復縁したいという言葉を頂きましたが、なぜ離婚を決意されたのか?という部分があまりにも見えない為、協力は出来ても成功率については何とも言えない事を説明し、『やれる事は全部やって家族を取り戻したい』という言葉を頂き、復縁工作の契約書を交わす事になりました。
まずは対象者の実家から調査し、対象者の動きに不穏な動きが無いか?を調べます。
離婚の原因として考えられる問題はKには見当たらなかった事から、対象者が不倫をして不倫相手と一緒になる為に離婚に踏み切ったのではないか?という憶測から調べていかなければなりませんでした。

調査を進めていくと不倫相手は存在しない事が分かり、不倫関係ではなく単純に何かKとの関係で不満があり離婚した事が予測されます。
不倫相手の存在が出ない事をKに伝えるとKは安心した様な表情を見せました。
別れの本当の原因を判明させる為に対象者への接触に進む事を説明している時の真剣なKの表情から復縁への強い意志を感じ、打ち合わせを重ねて対象者への接触当日にKから連絡が入り、離婚届けが送られて来た日でもありました。

離婚届へのサインはもちろんさせず、工作員が対象者に接触した事をKに報告するとKから喜びの声を頂きましたが、接触しただけで何も解決していない状態で感謝されても感謝される理由もない為、心理誘導の進め方について再度打ち合わせをし、離婚対策も同時に行い復縁工作を進めていきました。
対象者に接触して聞き出した情報を報告していると工作員が違和感を感じ、担当者に報告して来ます。
担当者と工作員の感じた違和感をKに話すと、対象者の言っている事は全て正しく、Kは面談の際に話していた事の半分程度が嘘であった事を明かします。

離婚されてもおかしくない事を繰り返し、対象者が怒るのも無理はない事を改めて知った担当者は嘘を吐いていたKに問い質しましたが、Kからは『すいません。復縁させて下さい。』の言葉ばかりが続けられます。
元々立てたプランを練り直し、正直に話しをしてくれたKと他に隠し事や嘘はない事を約束し、最初に接触させた工作員とは別の工作員を接触させる事になりました。

対象者の口からはKの悪口のオンパレードを聞かされましたが、心理誘導を行いながらストレスを発散させる為の方法も同時進行で進めていき、Kとの結婚生活のへの後悔と離婚届を送っても送り返して来ない性格に怒りが収まらない様でした。
離婚届を送り返させ、離婚を受け入れるけど話の場を設ける約束を取り付け、約束の日までの期間は頻繁に工作員を接触させ、怒りを抑えながら話し合いの場にKを向かわせます。
対象者の言い分に対しての対応の仕方やKが抱えていた問題点を改善させる為に全力を尽くし、復縁する為に出来る事を完全ではない状態ですが、期間までに出来得ることを全て行い、再会する形となりました。

話し合いの場での会話を録音させ、対象者からの要望に対して1日返答を待って欲しいと言わせていた為、翌日までに返答を担当者が作り、電話で対象者の要望についての返答をさせる形となりました。
電話でKが対象者に返答する前に工作員が対象者と会って話をしておき、対象者の要望を変更させる様に仕向けます。
Kから対象者に連絡が入った時は工作員も対象者と会っているタイミングでしたので条件を付けて戻る提案を対象者に言わせたところ、Kは受け入れ難い内容でしたが受け入れざるを得ず、相当厳しい条件でギリギリ復縁に繋がりました。
Kと復縁する条件を出した対象者は引っ込みがつかず子供を理由にKの住む自宅に戻り、復縁工作は成功しましたが、条件的にKがいつまで耐えられるか分からない成功事例となってしまいました。

復縁工作成功事例をあなたが増やしたいなら相談下さい

復縁屋・復縁工作ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・復縁工作ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは以前の恋人と復縁したい…というお悩みを解決する為の復縁工作を行っています。
元恋人・元伴侶と復縁したい

元恋人、元伴侶と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは浮気相手と別れさせて、もう一度復縁したいなら復縁、別れさせ工作で対応させて頂きます。
浮気を止めさせ恋人と復縁したい

浮気、不倫を止めさせて現在のパートナー良好なお付き合いをしたいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは友達・職場の人と復縁したいとお考えならもう一度関係を取り戻す為の復縁工作を提案させて頂きます。
友人、知人と以前の状態に戻りたい

ケンカした友人・知人と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは親族と復縁したいとお考えならオリジナルのプランを提案させて頂き復縁工作を実行させて頂いています。
父母・兄弟・親戚と仲直り…

拗れた親族間と復縁したいなら参考にして下さい。