復縁屋ジースタイルの復縁工作成功事例集その4

復縁屋業務で実際に行った復縁工作成功事例を元依頼者の許諾を得て掲載させて頂いてます。
復縁工作の各事例はプライバシー保護の為、若干の修正を行っております。
復縁工作をご検討中の方は復縁工作成功事例集を参考にして頂いて復縁問題を解決する参考にして下さい。

【ケース毎の成功事例 目次】
アルバイト先の彼との復縁成功例
結婚に対する価値観の違いから…復縁成功例
突然別れを切り出された復縁成功例
冷めた夫婦間の復縁成功例
大学時代に付き合っていた彼と復縁成功例
自分の浮気が原因からの復縁成功例
婚約が破綻から復縁成功例
浮気して謝罪しても伝わらず別れを告げられた!


アルバイト先の彼との復縁成功例

依頼者 Rさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金70万円+成功報酬20%

同じ職場で働いていた彼(対象者)とRは上司と部下の関係でした。職場恋愛の為、周囲の人も周知の仲で別れた事に関しても周りは気付いており、復縁する為には幾つかの弊害がありました。

対象者に好意を持っている異性も少なくない為、復縁の為にはそのライバル達にも勝たなければなりません。

その為、まずは対象者の好み等を調査し、好きな異性のタイプ等を判明させます。

職場で仲の良い人達とはどの程度の仲なのか?を調べなければなりません。職場の人達との仲が実は良好過ぎて関係が出来ていれば復縁の邪魔になります。

しかし調査の結果、職場で関係を持っている人の存在は上がって来ませんでした。

その為、彼の好みなどを調べる為に早目に接触を試みます。

Rの職場がアルバイトを募集していた為にアルバイトとしてその会社に潜入し、先輩、後輩の関係を作ります。

Rにはその旨を最初に伝えず、アルバイトをして10日ほど経ってから伝える様にしました。

最初から工作員を潜入させるという事を伝えてしまえばRが構えてしまい、不自然な形で工作員と接触をしてしまえばそれが対象者に気付かれてしまいます。

最初から伝えるのではなく、この部分に関しては後から報告する形となりましたが、時にはRをも欺かなければならない時があります。※こういったケースもありますが後からの料金請求という事はありません。パック料金内での対応をさせていただいています。

工作員がバイトをこなしながら対象者の話しを聞きだし、上司、部下という関係ですが恋愛の話しを聞く事に成功しました。

職場恋愛というRの事を特定しやすい状況だったので「職場恋愛に憧れます」といった設定から対象者とRの話しを聞きだします。

気持は残っているけれど仕事がやりづらいから復縁を考えるのは難しいという話しから何がやりづらいのか?という話しを聞きだし羨ましいという話しを持ちかけます。

対象者は調子に乗るタイプだという事をRから聞いていた為にRとの関係を自慢する様になり、最終的には「自分は器用だから職場恋愛も上手くいく。手本を見せてやる」という言葉を出させて、後はその言葉を煽ります。

工作員の誘導にまんまと乗った対象者の口から復縁しようという言葉が出たのは言うまでもなく復縁成功しました。

結婚に対する価値観の違いから…

依頼者 Rさん
地域 群馬
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間2ヶ月 料金90万円+成功報酬30%

Sは初恋の人(対象者)と町で偶然再会し、その後お付き合いに発展したが、お互いにバツイチという状況の為、結婚に対しての価値観が異なり別れを決意されてしまった。

Sからヒアリングをし、付き合っていた時にどの様な付き合いをしていたのか?結婚に対しての価値観について聞いていたが客観的に見て大きなズレがある事に気付きますがSは気付いていない為、その部分に関するアドバイスを施します。

そして実際にそれだけが原因で別れに至ったのか?復縁調査の実施と復縁工作による接触を試み、情報の裏付けと原因を解決する方向に向かいました。

接触ポイントは行きつけのお店を復縁調査から割り出し、お店での接触が一番最適であると判断が出来ました。

対象者はお酒が好きで1人身という事もあり、頻繁にお酒を飲みに行きますが、職場、家、行きつけのお店にしか立ち寄らない事と職場での接触が難しい為、復縁工作での適切な接触ポイントは1つになります。

年齢を重ねると新しくどこかに立ち寄るという事よりも大抵の人が行きつけのお店などを持ち、その場所で待ち伏せをする形を取ると接触しやすい傾向にあります。

新しい場所に冒険して失敗したくないという人の心理が年を重ねるほど強くなるからこそ顕著になります。

接触して関係を構築した後に1人で飲みに来る理由を対象者から聞き出しますが、バツイチである事やお酒の力や寂しさからなのか?良く喋る対象者でした。

落ち着きたいけれど仕事が忙しく、結婚を意識した女性がいたけれど仕事の都合で簡単に結婚出来ない状況で、それを許してもらえない事に葛藤し別れた後は寂しさで1人で酒を飲む機会も増えたとの事でした。

決定的な結婚観の違いというものには触れず、仕事が忙しくなくなれば復縁するのか?と聞くと、中々仕事が暇になる事が出来ず、それで彼女をかまってあげられない事が分かっているなら今の内から身を引いた方が良いという判断をして離縁したという話しを聞きだします。

男性は仕事を頑張って、女性は家庭を守るという価値観と女性も仕事を頑張って共に生きるという価値観は大きくずれ、Sが自営業で自立している所からも結婚を考えた時に悩んでしまった様でした。

復縁するにあたってSが仕事を辞めなければならないのか?というと、仕事をしている事を批判するつもりはないという対象者からの声だったので、何が引っかかるのか?という事を聞いてみると、収入の格差等が引っかかるという事でした。

自立した女性に多いのは1人で生活出来る為、少し考え方が男性よりになり、強い女性として見える事や発言なども強くなってしまう傾向があります。

その為、弱い女性を演じる事や男性を立てる事が出来ない為に男性が気おくれしてしまうというケースは少なくありません。

その部分の改善を促し、男性を立てる術を身に付けてもらいます。その間に工作員は対象者から情報をもらい続けます。

他に異性の陰がある訳でもなく、寂しさを持っている事は十分に伝わって来た為に復縁の可能性は十分にある。というよりもむしろ復縁成功率を100%にする事は出来るのではないか?とこの部分で工作員は確信を持ちます。

復縁工作の依頼を請ける前に何%の復縁成功率か?を聞かれる事は良くあるのですが工作が進むにつれて復縁成功率を出す事は出来ますが、復縁工作をする前に片一方からの情報を元に復縁成功率を叩きだすのは正直な話し難しいのです。

相手の状況等を加味しなければ正しい成功率の算出は出来ません。

このケースであれば他の妨害は全くなく、寂しさやSへの気持ちが残っている事もあり、この段階で復縁成功率は高いモノである確信が持てます。

再会工作だけを行えば復縁出来る形となりました。再会工作に関しては女性工作員とSが待ち伏せをする形を取り、偶然町で出会った形を取り、そのままの流れで対象者の行きつけのお店に向かいます。

行きつけのお店の中には男性工作員がすでに待機しており、対象者は気付かない間に工作員二人とSの形になり、後は話の流れを復縁の方向に持っていき、復縁成功させました。

突然別れを切り出された復縁成功

依頼者 Yさん
地域 静岡
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金90万円+成功報酬20%

復縁したい相手は一回り離れた彼女(以後対象者)でした。

対象者との出会いはYがたまたま友人に誘われて行った婚活パーティーでした。初対面から仲良くなり、その日の内に連絡先を交換し、付き合うまでに時間はかかりませんでした。

付き合って3か月後、突然対象者から別れを告げられます。

別れる理由をYは教えて欲しいと伝えますが、何も聞かずに別れて下さいという言葉だけしかもらえなかったようです。

原因も分からず運命の出会いだと信じていた相手に別れを切り出されたYは焦り、復縁工作の相談をしてきました。

相談内容を聞くだけでは何故別れたのか?といった事は全く分かりません。別れの原因を調べ、解決に向けて進める為にまずは調査から開始します。

調査によって判明した事は実は対象者には他に付き合っている異性がいて、その男性との関係が悪くなった為に婚活パーティーに出席し、Yと出会います。簡単に言えば二股状態でYと付き合っていた訳ですが、その事実を伝える事が出来なかった為に別れの原因に関しても教えてくれなかったという訳でした。

他に付き合っている男性の存在をYにお伝えし、別れさせ工作をするか、それとも復縁は諦めるかの判断を仰ぎます。

暫く悩み、Yがとった決断は別れさせて付き合いたいという返答なので再度契約を交わし、別れさせ工作に挑む事になりました。

対象者とその彼(第二対象者)との関係が悪化した理由は第二対象者の女性遊びが盛んだったという事が調査によって分かっていた為に第二対象者へ男性工作員を近づけました。

一般の方であれば女性工作員を付けてハニートラップを仕掛ければいいんじゃないか?と思うかもしれませんが、ハニートラップを仕掛けても上手く隠されてしまえば工作が失敗する可能性もある為、男性工作員を接触させ、男性工作員とナンパしに行く設定を作り出します。

ナンパする相手は女性工作員になり、全ての絵図を作り、その事実を対象者に気付かせます。

味方であるはずの男性工作員から裏切られたと思わせるのではなく、あくまでもドジをしてしまい気付かれたという体をとり、対象者と第二対象者との関係を拗らせます。

その際に男性工作員が対象者の相談を受け、第二対象者の印象を少しづつ落とします。

第二対象者との関係を悪化させ別れさせに成功しました。

別れて関係が拗れたタイミングで別れさせ工作の男性工作員が「他にもっと良い人いるよ」という話しをし、新たな男性との関係を促します。

出会いがない…と嘆く対象者に「過去に付き合った人で良い人はいないの?」と復縁を唆すと対象者の口から「突然理由も別れて欲しいっていった人がいる」という話しをされ、深く話しを聞いているとYを指している事が判明します。

その旨をYに話し、復縁までの道筋をつけて他の邪魔が入らない様に仕向けて復縁が成功しました。

冷めた夫婦間の復縁成功

依頼者 Eさん
地域 千葉
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金100万円+成功報酬20%

夫婦間の関係が上手くいっていなかった為に離婚の危機感を持っていたEは夫(対象者)の気持ちが自分から離れていっている事に気付きます。

浮気調査も兼ねて調査、工作を請け負って欲しいというという事で早速調査を開始しますが対象者から異性の陰は全く見えません。

対象者の職場は建築関係で、職場には男性しかおらず、仕事が終わった後も職場の仲間と居酒屋に行く位でキャバクラや風俗といった夜のお店にも寄っていませんでした。

しかし、帰りの時間が以前よりも遅くなっていた為に何をしているんだろう?というEの不安は収まらず調査結果をEに伝えて初めて少し安心していたようでした。

仲間と居酒屋から出た後は直接家に帰らず馴染みの小料理屋に入り、1人でお酒を飲む事も増えていました。

そこで接触し、対象者が何故家に帰らないのか?という話しを聞き出す事に成功した後はその理由をEに伝えます。

妻を女性として見る事が出来なくなったのが原因で家に帰るのがつまらなくなったという話しや家に帰ってもパパは…という話しばかりをされてしまい家に帰る楽しみがなくなっていったというのが原因なので、まずは女性として見られる様にする事、それから「お父さん」ではなく「男」として対応する事を心掛けさせました。

突然の変化を出してしまえば対象者も構えてしまいますから、対象者に不自然に感じ取られない様にあくまでも自然にお父さんから男として見る様に仕向けていきます。

小料理屋で工作員が会う時は家の変化に対して「妻が何か変わったけど、どう変わったのかを上手く伝えづらい…」という言葉をもらい復縁工作のプラン通りに進んでいきます。

工作の接触時にどんな風に変わっていったのか?を日ごとに相談を受け、少しづつ家に帰るのが楽しくなってきたという話しを聞きだし、復縁工作の契約期間が終わる頃には対象者は小料理屋にも顔を出さない様になってきました。

あくまでもお客さん同士という立場で同等であり、同等の立場なので話しを聞き出す事やアドバイスをする事が出来たという復縁成功例になります。

大学時代に付き合っていた彼と復縁成功

依頼者 Yさん
地域 神奈川
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金70万円+成功報酬20%

大学時代に付き合っていた彼(対象者)と社会人になってから復縁したけれど3か月後にまた別れてしまいました。

別れてから自分なりに努力をして復縁を目指しましたが、叶わずに復縁工作の依頼に至りました。

自己流の自己改善の手法を聞き、自己改善する為に何をしていたか?を聞きましたがネイルや美容院に通う等、外見部分の改善だけに着目以外には何もしていない事が分かります。

Yの情報を頼りに対象者への接触を試みた後に何が原因で別れに至ったのか?を聞き出すと、対象者はYとの結婚を意識していたものの、結婚した後の事を考えたら性格の不一致から離婚が見えてしまい、そのまま付き合う事を考えられなくなってしまった様でした。

どういった部分から結婚を意識する事が出来なかったのか?なぜYへ変えて欲しいと伝えなかったのか?という話しを聞くと、「何度も伝えたけど変えようとしてくれなかった」という言葉を聞きだします。

ヒアリング時に自己改善について内面を変えようとしていなかった部分との合点がいきます。

対象者から聞き出した内容を伝えると、どこをどう直せば良いのか?それと本当に変えて欲しいと思っていなかったという言葉がYから出ます。

復縁へ向けて自己改善のアドバイスをさせていただき、何をしなければならなかったのか?という部分に気付いてもらう事で復縁に向かう可能性を見出す事が出来ます。

結婚を考えたほどの人なら、もう一度会って、キチンと確かめた方が良いのではないか?という提案を対象者にする事で他に出会いがない事もあり、Yともう一度会う約束を取り付けました。

Yと対象者の再会の場に工作員が参入する事は出来ず、Y本人に復縁に向けて進んでいただくしかありません。

Yには事前に打ち合わせをして、どういった話しをすればいいのか?どうやって変わっている部分を見せるのか?と言った事をシュミレーションも込みで何度も反復する事で再会の場に出向いていただきました。

変わったのは分かったけど、これが短期間だったらどうしよう…?という悩みを対象者は抱え、チャンスをあげた上で、それでもダメなら別れてしまえば良いのではないか?という助言をします。

Yにも今回が最後のチャンスである旨を伝え、絶対に自分に甘えない様にと伝えて復縁成功したので復縁工作が終了しました。

自分の浮気が原因からの復縁成功

依頼者 Nさん
地域 大阪
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金115万円+成功報酬30%

付き合って数か月で同棲するまでに至ったが、この先おそらく結婚まで行くんじゃないか?と思っていた彼女(以後対象者)とNの元カノとの浮気が原因で別れてしまいました。

Nは対象者に対しては浮気した事をNなりにシッカリお詫びした様ですが、対象者は許すことは出来ないと別れを決意し出て行きます。

現状は別れて2ヵ月程経過していて連絡も取れない状況になり、元カノとの関係はその後は全くなく情報はすでに過去のモノとなっている可能性があります。

大方の流れとしては浮気が発覚し、別れを宣告され、復縁したいと願うという流れになります。

内容を精査し、別れた原因が「浮気」とはっきりしていて浮気が問題なのはヒアリング時にもNと相談をさせていただき、ほぼ確定出来ましたが他にも何かしらの原因が無かったか?といった確認も含め、対象者の現在の状況を知る必要があるので復縁調査を開始して状況の把握に努めます。

Nが持っていた情報は実家の住所、職場のみという事になり、まずは本人の特定から入ります。

2週間の復縁調査の結果、対象者の職場から尾行して自宅も判明。現在は一人暮らしをしている状態で美容室で夜遅くまでお店にいることが多く、たまに、同僚とお茶する程度でまっすぐ帰宅する毎日でした。

休みも日ごろの疲れからか、特に外出せず近所のスーパーで買い物する程度で他に好きな異性が出来ている事実は確認できません。

美容室に勤務していたので、対象者との接触は案外簡単にできる状況にありました。

美容室という事もあり、男性と女性では美容室を活用する頻度は男性より女性の方が圧倒的多く自然な為、女性工作員を数人店に出入りさせ接触させます。女性工作員がお客として来店して対象者と顔を合わせることから始めます。

対象者はカットやパーマ等の技術者だったこともあって、数人の工作員の内の一人が担当としてついてもらえたので話しをする時間がかなり出来ました。

この時点では対象者と仲良く話しが出来る状態を作ることで、もっと深い関係を築ける状態を作れました。

簡単に接触できる環境が幸したとも言えますし、仕事柄なのか対象者の性格も人当たりよく関係作りは難しいものではないと、女性工作員からの報告があります。

週3でメイク等も施してもらう為に約2ヶ月ほど通い、電話やSNSなどでの連絡取れるほど対象者との友人関係を構築出来ました。

調査済みで確認している休日は外出することも無かったため、休日に会う約束を取り付けることにも成功。

恋愛の話しも時々するような関係にもなれたことで、Nの話題に触れることも出来ました。

別れた理由は「浮気」であった裏付けがとれ、女性工作員はその他にも別れる理由がなかったのかにも言及しましたが出てきません。

浮気は元カノであった為、身体だけの関係ではすまないのではないか?と、不安でたまらなかったようです。

その時は感情だけが先走り、別れを選びましたが、まだNへの愛情は残り、何度か連絡を取ろうと試みたが出来なかった様です。

後はNと対象者を引き合わせる再会工作の段階に入ります。

反省したNの姿を見てもらう為に先に心理誘導をし、Nと電話で話す事から進言します。対象者は抵抗がある様でしたが、工作員の後押しもありNとの数ヶ月ぶりの会話に成功します。

最初はギクシャクしていた会話も事前に会話の内容を打ち合わせしておいたので、Nの誠意ある対応もあり、二人の関係が元に戻りました。

その後、毎日連絡をとる関係に戻り、対象者から許しの言葉をもらったという報告がNからいただき、同棲解消から約3ヵ月弱ではありましたが復縁成功しました。

婚約が破綻から復縁成功

依頼者 Tさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金80万円+成功報酬20%

Tの幼馴染のAさん(以後対象者)とは婚活パーティーで出会った末に婚約しました。しかし、婚約し、結婚式の日取りや両親同士の挨拶等、日にちが近づければ近づくほどAさんの不安が増してマリッジブルーとなり婚約破棄される結果になってしまいました。

婚約破棄した後にTがどうにか1人で取り戻したいと努力はしてみたものの、「気持ちが冷めた。あなたへの愛情はもうない」という言葉を言われ、復縁工作を検討するしかなくなります。

このケースの復縁工作をする際に一番ネックなのが対象者との住まいが離れている為に偶然を装って再会する事は難しいので対象者から連絡が来てTから誘い出す様な形を取らなければならない事です。

対象者の職場は対象者の友人が経営している居酒屋だったので客を装って接触します。カウンターがあるお店で女性工作員2人が女子会の延長でお店の人と接触する形をとり、人間関係の構築に努めます。

お気に入りの居酒屋になったというフリをし何度か足を運ぶ内に常連になり、話しを聞き出す事に成功します。

結婚を考えていた人がいたけどホントに結婚して良いのか悩んでいる…」との言葉が出ます。

復縁工作の工作員が何が不安で、何を悩んでいるかを聞きだし、結婚できる相手がうらやましい…という方向で話しをし、贅沢な悩みを抱えているという話しをします。

幸いにも居酒屋の経営者である対象者の友人も未婚で「この子は本当に贅沢な悩みを抱えていますよね~」という言葉を出してくれて復縁しなければ勿体ないという言葉の援護射撃をくれます。援護射撃も手伝い、何故復縁しないのか?という話しをされましたが、意地を張っている事や自分からは折れづらい…という言葉を聞きます。

その旨をTに伝えてアドバイスを含む、対象者への連絡をさせます。

話しの内容等を事前に作り込み、どういう話しをすれば良いのか?またもう一度やり直す為にどうすれば良いのか?を事前に打ち合わせをしておき、慌てる事なく話し合いの場を設ける事が出来ます。

工作員が働いているお店にTを呼ぼうという提案をだし、対象者の友人も乗り気になり、工作員二人と対象者、対象者の友人とTの5人でお酒を飲みながら話しをする事になりました。

当日、工作員達は対象者の味方になり、Tに「こんな良い子を不安にさせてとんでもない!!」と怒り、Tを叱りつけます。

二度と不安にさせたら承知しない!!」という言葉にTは「もちろん二度と同じ事はしません」と約束を取り付けます。

事前の打ち合わせ通り事が進み、最後のチャンスという事で復縁する事が出来ました。

浮気して謝罪しても伝わらず別れを告げられた!

依頼者 Hさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金130万円+成功報酬30%

元彼とのケンカが絶えず、同棲していた家を追い出された日に浮気をしてしまい、たった一度の浮気で妊娠までしてしまった依頼者は元彼から完全に三下り半を突き付けられます。

妊娠した事で怒りを露わにし、別れを告げる元彼の気持ちは分かりますが、依頼者本人は子供を堕胎する事や二度と浮気はしない事を考えているとの事で、相談時から話しを聞いていて、本当に反省しているのかな?と思える部分が多々ありました。

もう2度としないと口にする事は簡単ですが、なぜしないのか?という理由となる部分が欠如している為、反省の言葉は伝わらないであろう事が分かります。

ご相談頂いた際に、今のままでは反省していると言っても伝わらないと思う旨を説明し、本当の意味での反省について理解して頂き、反省した姿を再度元彼に見てもらう事や浮気の記憶を消す事は出来ませんが、一度の過ちは誰にでもある事を理解させる様に心理誘導していく形でもう一度チャンスをあげる様に進めていく方法を提案させて頂きました。

復縁工作のご依頼後、対象者に接触すると対象者の怒りは想像の範囲内であり、対象者の気持ちが理解出来ると相槌を打つ形で話しを聞き出します。

対象者の中では付き合った女性に浮気をされたのは初めてだった様で、自分の浮気は男性なので仕方ないけれど女性の浮気は許す事が出来ないと少し自分勝手な言い分を始めます。

男性には良くある考え方になりますが、その考えを変えなければならず、女性の浮気について工作員と話し合う形となりました。女性の浮気を許せないから別れを切り出すものの、居心地の良い女性は多くは存在せず、居心地の良い女性とのお付き合いの良さについて話していく内に、付き合っていて楽な女性との交際は好きだから裏切られた気持ちが強いのでは?という話しに落ち着きました。

工作員と話していく内に怒りが緩和され、浮気する女性は何度も繰り返すと思わないか?という質問をされますが、工作員も浮気をする女性は何度も繰り返す事に同意します。

同意した上で、本当に浮気した事を悪いと思っている女性と、浮気が見つかって別れを告げられたから反省したフリをする女性では異なる事を伝え、反省したフリをする女性は浮気を何度も繰り返すが、本当に悪いと思っている女性は2度と浮気をしないだろうという話しをすると、対象者の口から依頼者は反省したフリをしてた。という言葉が出て来ました。

反省したフリかどうかは見れば分かるし、反省したフリをする人の謝罪の言葉はとても軽い事を工作員に伝えて来ます。そこには同意し、依頼者が浮気発覚した際に謝罪の言葉を何度も出した様でしたが、反省の態度も申し訳ないという態度にも見えなかった為、怒りは更にエスカレートし、別れを告げたとの事でした。

弊社の相談員が感じていた事を対象者も感じており、その態度が別れを決定づけたとの事でしたので依頼者が自分では反省していたと言いながら客観的に見たら全く反省してなかった事が分かりました。

ご相談時に依頼者には伝えていた為、依頼者も自分の行動や言動について考えるキッカケにはなったモノの本当に理解するまでには時間が掛かり、工作員と対象者の関係は深まりながらも反省している態度には見えない依頼者の改善の為、担当者が奔放しました。

理解を深めていく上で少しづつ依頼者の行動も変わっていきましたが、対象者から話しを聞いている工作員は依頼者の改善が足りてない事を担当者との打ち合わせ時に伝えていきます。

対象者と工作員が接点を増やし、対象者の怒りに対するガス抜きをし、依頼者に反省の態度が見えた時点で復縁に向けて対象者を心理誘導していくのですが、依頼者はなかなか前に進む事が出来ません。

毎日の様に依頼者と担当者のやり取りが行われ、長い時は5時間にも及ぶ電話で反省について理解を深めて頂き、ようやく対象者と再会させても意味があるところまで理解を示して頂き、再会工作に入りました。

再会工作に入る頃には工作員の心理誘導でもう一度だけチャンスを与えても良いかなと思わせるところまでは来ており、後は依頼者が本当の意味での反省を理解し、対象者を傷付けてしまった事を話せるかどうかが重要でした。

反省した姿を見せる事が出来れば成功に繋がる状態であり、反省したフリを見せてしまえば復縁は失敗する依頼者の理解が重要なポイントとなる形となりましたが、申し訳ないという気持ちの表し方等を時間を掛けて担当者と打ち合わせた事が功を奏し、対象者に反省の姿を見せる事が出来ました。

対象者の中でも一度だけチャンスを与えるつもりに心の変化があった事から復縁を依頼者から申し出た際に次に同じ事をするなら顔も見たくないけれど、1回だけチャンスをあげるという話しが出て、難航しましたが復縁工作が成功した事例になります。

復縁工作成功事例をあなたが増やしたいなら相談下さい

復縁屋・復縁工作ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・復縁工作ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは以前の恋人と復縁したい…というお悩みを解決する為の復縁工作を行っています。
元恋人・元伴侶と復縁したい

元恋人、元伴侶と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは浮気相手と別れさせて、もう一度復縁したいなら復縁、別れさせ工作で対応させて頂きます。
浮気を止めさせ恋人と復縁したい

浮気、不倫を止めさせて現在のパートナー良好なお付き合いをしたいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは友達・職場の人と復縁したいとお考えならもう一度関係を取り戻す為の復縁工作を提案させて頂きます。
友人、知人と以前の状態に戻りたい

ケンカした友人・知人と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは親族と復縁したいとお考えならオリジナルのプランを提案させて頂き復縁工作を実行させて頂いています。
父母・兄弟・親戚と仲直り…

拗れた親族間と復縁したいなら参考にして下さい。