復縁屋ジースタイルの復縁工作成功事例集その5

復縁屋業務で実際に行った復縁工作成功事例を元依頼者の許諾を得て掲載させて頂いてます。
復縁工作の各事例はプライバシー保護の為、若干の修正を行っております。
復縁工作をご検討中の方は復縁工作成功事例集を参考にして頂いて復縁問題を解決する参考にして下さい。

【ケース毎の成功事例 目次】
夫に気持ちを分かってもらいたい!
彼女の両親が復縁の弊害になった!
出会いアプリで知り合った彼と復縁したい!
工作員が接触した事で様々な事が判明した!
別れの本当の原因について誤解していた!
元彼を忘れようとしたけど忘れられないから復縁したい!
情報がほとんどない彼と復縁したい!


夫に気持ちを分かってもらいたい!

依頼者 Mさん
地域 千葉
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金80万円+成功報酬20%

夫とセックスレス状態が続き、夫との夫婦関係に不安を感じていたMが相談して来たのは対象者(夫)が仕事に行っている日中の時間帯でした。

結婚歴は5年。セックスレス状態は4年と新婚時から夫婦の営みの回数は少なかったものの、対象者の性欲があまりないと考えていた為に子供は欲しかったけれど、夫との夫婦生活があれば良いという想いから、セックスレス状態を深く考えていなかったとの事でした。

休日は対象者はパチンコに出てしまい、せっかくの休日も夫婦水入らずで過ごす事が減った事もありましたが、夫婦は元々他人同士の生活だし、他の夫婦に比べたら仲が良いとタカを括っていた為深く考えずにいた頃に対象者から別居生活を提案されます。

対象者の言い分は元々お互いに干渉しないのだから別居生活をしても問題は何もないだろうという話しでしたが、別居生活をしてしまえばセックスレス状態もあり、何の為の夫婦関係なのか?という疑問を持ったMが別居生活に関して認めず、別居生活の話しが肥大し、ケンカに到り、修復できない状態まで悪化したところで弊社にご相談頂く事となりました。

何が原因で対象者が別居を考えたのか?を知る事が出来ればMも復縁に向けて行動する事が出来、何が原因で別居生活を提案して来たのかを知らなければ復縁に向けた行動は難しい事が分かります。

Mから復縁工作のご依頼を頂き、対象者の行動を尾行、張り込みしていましたが、対象者は特に女性関係がある訳でもなく、不倫を行っている軽輩もない為、早急な接触を試みます。

元々1人が好きな対象者は結婚生活に対して早い段階で疑問を抱えていたとの事でした。結婚生活に対する疑問とは、夫婦が一緒に生活する事に対する疑問であり、夫婦生活の在り方を世間一般と同様にしなくても良いのではないか?という疑問を抱えていたようでした。

何故結婚したのか?という理由から対象者から話しを聞き出し、結婚生活を始めた馴れ初めから話しを聞いていると、対象者が『あ~そういえば…あんな事があったな~』といった様に過去を振り返った話しをしました。

Mとの結婚生活で対象者がMに対して良かれと思ってやっていた事やMが対象者に対して良かれと思ってやってくれた事、様々な思い出を思い返し、Mが対象者い与えてくれた無償の愛情を感じ始めます。

1人暮らしの生活を望む対象者と、対象者との共同生活を望むMの心情を復縁工作員が心理誘導し、どちらが正しいかを決めるのは夫婦2人の問題であると認識させました。

対象者にとってみれば一人暮らしをすれば何が出来、楽な生活もあるかもしれませんが、人間は1人では生きていく事が難しく、辛い時や楽しい時に妻であるMの存在にどれだけ助かるか?という心理誘導を行う事で、Mの存在に対しての理解を対象者が深めて下さいました。

完璧な人間などいない事や、たまには一人になりたい事もある事、お互いにお互いの欠点を補い、楽しい事があれば楽しい事を共有出来る夫婦の在り方を復縁工作員が自分の経験を元にした話しをする事で対象者の口から『アイツも色々と俺何かと一緒になって苦労してるんだよね』という言葉を引き出します。

Mが抱えている不満に関して、今まで対象者は考えた事がなかったらしく、対象者の口から自分はどれだけワガママだったんだろう?と酒の勢いも手伝って考えさせた頃には『久し振りに今日はカミさんを抱こうかな』という言葉を漏らします。

Mから復縁工作を行った翌日にご連絡を頂き、少し興奮気味に『セックスレスが解消されました。久しぶりに女に戻った気がします』という声を頂き、復縁工作が成功した復縁工作成功事例になります。

彼女の両親が復縁の弊害になった!

依頼者 Mさん
地域 東京都
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金80万円+成功報酬30%

元彼女から別れを告げられた理由は結婚に向けて中々先に進まない事が原因で別れたとの事でした。

Mの中では結婚を考えていたけれど時期ではないと思い、結婚をはぐらかせていたけれど我慢していた対象者(元彼女)は我慢の限界に達してMに別れを告げて来ました。

復縁相談を頂いている間に担当者は別れの原因は結婚が遅かったからではない事に気付きます。

対象者からは結婚を理由に別れを切り出されたモノの、本来の理由は別の要因があった事を相談時の内容で気付きました。勿論明確な理由ではありませんが、結婚の話しは後付の様に見え、Mから頂いた相談内容を元にアドバイスをさせて頂くとMも薄々は結婚が理由ではない事に気付いていたとの事でした。

復縁する為には別れの本当の理由を知らなければ前に進む事が出来ません。本当の別れの理由を知る為に弊社に復縁工作のご依頼を頂き、工作員を対象者に接触して本当の別れの原因を聞き出し、問題点の洗い出しを進めていきます。

復縁工作のご依頼を頂いた後、対象者が二股をしていなかったのか?を調査し、もしもお付き合いしている異性が存在すれば別れの本当の理由は二股相手との交際という事が判明しますが、調査の末、別の異性の存在が浮かび上がってくる事はありませんでした。

調査結果を報告した際にMは安心し、復縁する為に余計な心配が1つ減る事になりましたが、別れの原因は少なからず自分にある事に気付きます。

対象者に接触して話しを聞き出すまでは自分の抱えている問題が何なのか?について全く分からず、工作員が対象者に接触する日にはドキドキするという事を頻繁に口にしていました。

接触当日から過去の恋愛話等を聞き出せるケースは少なく、最初は人間関係を築き上げるに留まりましたが、事前に頂いていた情報を活用し、対象者との関係を良好なものとして築き上げることに成功します。

工作員からの誘いに対象者のノリの良さが手伝い、誘えばスグについて来る事もありましたが、想像以上の食いつきに工作員が少し困惑してしまいました。

工作員への食いつきの良さは後々に判明したのですが、Mと別れてから寂しさも手伝い、1人でいる時間が増えるのを避ける為に工作員を利用していた事が分かります。

対象者はMとの将来が見えない事も別れの原因の一つにあったのですが、対象者のご両親がMとの交際にNGを出していたとの事でした。対象者の気持ちはMに残っていましたが、Mが前科者という事もあり、対象者のご両親は大切な娘を前科者の嫁にしたくないとの想いがあり、ご両親に前科があると伝えてしまったMのデリカシーの無さに怒りをずっと抱えていたようでした。

デリカシーの無さは常々Mが注意されていた事で、デリカシーの無さを理解出来ないMと結婚してもご両親が納得しない事をずっと抱えていた為、見切りを付けたとの事でした。

Mのデリカシーの無さについて対象者から聞きだし、Mの問題点を改善する様にアドバイスを進めていきます。

今迄のMなら気付けなかった事に気付くようになり、辛い想いをさせてしまっていた事にも気付く事が出来るようになった事で、対象者の苦しみを心から理解出来るようになりました。

対象者の苦しみに気付いたMは自分が対象者を苦しめていた事を理解した上で対象者に謝罪の言葉を伝えたいと担当者に泣いて伝えます。

しかし、対象者と対象者のご両親の問題を解決しなければ再会はまだ早いと判断した担当者が再会工作にSTOPを掛けました。

対象者と対象者のご両親の問題を解決させるにあたって工作員が対象者にアドバイスを行い、対象者が工作員のアドバイス通りの行動をし、少しづつご両親の説得をし始めました。

Mへの愛情が亡くなった訳ではなかった対象者は自ら復縁する為にご両親の説得を始めますが、その話をMに伝えると自分の過去を責め始めました。

対象者がご両親の説得を初めて2週間経った頃にMとの再会工作を提案させて頂き、Mが本当の意味での反省を対象者に伝える事に成功します。

ご両親の説得は難航しているけれど、気持ちが強く残っていた対象者はMの想いを受けて、ご両親の説得前に復縁し、Mと対象者の2人で対象者のご両親の元へ行き、無礼な事をしていた事や対象者を絶対に幸せにしてみせるという言葉を対象者のご両親に向けて話し、対象者のご両親も気持ちに押されて復縁を認めざるを得なくなり、ご両親にも認められながら復縁成功した事例になります。

出会いアプリで知り合った彼と復縁したい!

依頼者 Mさん
地域 神奈川
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金90万円+成功報酬10%

婚活アプリで知り合った彼との復縁を望んでいたものの、別れ話の際にお互いに連絡先を消そうという話しになり、全ての連絡ツールを失った状態で3ヶ月が経過したものの、婚活アプリで出会った彼の事が忘れられずに復縁工作のご依頼を頂く事になりました。

ご相談時に頂いていた情報では対象者(彼氏)の仕事内容や住んでいる地域や最寄駅を知っている位で、婚活アプリへのログインもなく、Mが対象者と出会うキッカケを自分で作る事は不可能である事が分かります。

対象者と出会う為には対象者がどこにいるかを探さなければなりませんし、対象者がどこにいるかを見つけるには一般の方には情報が不足している事や時間が足りない事等、状況的には復縁の難易度はとても高い状態でした。

弊社にご依頼頂く際にMなりに対象者を探してみたとの事ですが、対象者に行きつく事がなく、途方にくれて弊社にご相談頂く事になりました。

対象者との関係性や対象者と付き合っている時の状態、ヒアリングさせて頂いた時間トータル4時間を掛けて状況把握と情報分析に努めます。

状況把握と情報分析から、復縁の可能性を見出し、別れ話の内容や別れに到るまでの経緯等をお伺いさせて頂き、復縁工作のご依頼を頂きました。Mから頂いた情報を元に婚活アプリで出会った対象者探しを行いますが、対象者探しは情報不足が原因で難航します。

出勤時間や退勤時間も分からない為、対象者探しでは時間をランダムに設定し、張り込みをします。ランダムに張り込みをし、対象者を探し出す事に成功した為、対象者の行動調査を進めていきます。

行動調査を行う事で判明した対象者の交友関係があり、友人と対象者が接触しているところを調査員が目撃し、尾行します。対象者達が食事を取っているお店に調査員も入ったところ、たまたま調査員は近くの席に座る事が出来、2人の会話を盗み聞きする事が出来ました。

対象者が友人に彼女が欲しいという話しをし、彼女がいない事は判明しましたが、Mの事らしき女性の話題が出て、調査員が耳を澄まして聞いているとMと連絡を取りたいけれど、連絡手段がなく、連絡する事が出来ない。という話しを聞き出します。

対象者から盗み聞きした情報が正しい情報なら、復縁工作員を接触させて、Mと対象者を再会させるだけで復縁成功に繋がる可能性があります。

対象者に復縁工作員を接触させ、過去の恋愛話を聞き出し、恋愛話の中からM情報を選別し、復縁についてどう感じているか?を聞き出す事に成功しましたが、調査員の話していた内容のままであり、復縁成功率がとても高い事を認識します。

復縁工作員が対象者から話しを聞き出した際に工作員の知人に探偵がいるので、探偵に調査してもらえるかどうかを相談してみようという話しが盛り上がり、Mを調査してもらう事で話しが進みます。もちろん知人の探偵に頼るという事なので対象者から料金をもらう事はありませんし、Mに許可を取ればMの情報を入手する事が出来るのですから、時間を空けて、不自然にならない様に対象者にM情報を流すだけになります。

探偵が調査しているていを作らなければならないので時間を空けて対象者にM情報を伝え、対象者がMの元に向かった為、婚活アプリで出会った彼との復縁が成功した復縁工作成功事例になります。

工作員が接触した事で様々な事が判明した!

依頼者 Sさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金130万円+成功報酬20%

突然別れを告げられて彼女を諦める事が出来ないので友人に復縁相談するものの、友人に復縁相談した事がバレてしまった為に彼女との関係が悪化してしまい、復縁が遠のく形となりました。

友人に2人の関係を漏らすなんて…と詰め寄られ、二度と連絡をして来ないで欲しいとlineをブロックされ、着信拒否をされてしまい、復縁に繋がるキッカケもなくなってしまった為に復縁工作に頼らざるを得ない状況に陥ってしまいました。

どうしても彼女との復縁を諦められない為、復縁工作が少しでも高い復縁屋を探して数社に問い合わせを行いますが、どの復縁屋も彼女と接触する方法ばかりを提案して来るので、どうやって復縁するか?という方法については分からず復縁屋選びで迷いに迷った末に弊社にご相談頂く形となりました。

復縁工作の方法を接触方法ばかり提案して来る復縁屋は多く、心理誘導の方法について提案してくれる復縁屋はほとんどありません。その為、多くの方々が復縁工作員が対象者に接触すれば復縁出来ると考えがちですが、実際は工作員が接触したから復縁出来る訳ではありません。

なぜ復縁できないのか?なぜ復縁に繋がるのか?を説明させて頂き、Sも初めて復縁工作の意味を理解した様で、弊社に復縁工作のご依頼を頂く形となりました。

ご依頼後、対象者の調査を行ったところ、対象者の行動、言動から別れて1人になって清々した部分はあるが、少し寂しさも感じ、恋人が欲しくない訳ではないが、S以外の恋人が欲しいという本音を吐露している事を情報として入手しました。

Sが友人に吐露した事でここまで嫌われるものなのか?と疑問を感じ、Sに実際は何をしたのか?についてお伺いを立てましたが、Sも心当たりがないと仰る為、対象者への接触後に分からない部分を判明するしかありません。

対象者から接触して聞き出した情報にはSから聞いていない情報が沢山あり、対象者が別れたいと思っていたのは付き合って一ヶ月目からずっと思っていたけれど、言い出せずにいると結婚の話しになってしまった為、別れ話を決意した日に多少強引でも別れたい旨を伝えた事が判明しました。

なぜ対象者はそこまで思い詰めてしまったのか?Sの事を好意的に思っていたから付き合ったのではないか?という革新的な部分を聞き出すのには時間が多少掛かってしまいました。

対象者曰く、Sの事を優しいと思った事はなく、見た目に惹かれて付き合ったモノの、それ以外に長所が全くなく、今迄の彼女もきっと外見だけに騙されて付き合ったんだという確信を持ってしまった為、早々に別れて新しい恋人が欲しかったとの事でした。

一番ネックだったのが男性なのに…と思わせるセコい部分が嫌だったとの事で、金銭的な面でケチケチとし、豪遊したいとは言わないが、ほどほどにしてもらえない為、一緒にいて恥ずかしい想いを何度もしていたとの事でした。

金銭的な面でのセコさも含めて友人達に自分達の事を話す際に対象者の事を悪く言っていた事も耳にし、男として一体どうなの?という部分が付き合っていた期間が長引けば長引くほど増えていき、何度も幻滅したとの事でした。

工作員が聞き出した情報を担当者が耳にした時に担当者にも思い当たる節があり、ご契約前に何度も復縁工作の料金をディスカウントして欲しいと伝えて来る事や女々しいな…と感じる部分が多々あった為、対象者から見たSの真の姿が分かりました。

Sに何が問題で対象者が別れを決意したのか?について説明させて頂きましたが、Sの言い分があります。セコイのではなく、節約であり、女々しいと言われる理由も分からないし友人に対象者の事を悪く言った覚えはない!と担当者に伝えて来ます。

なぜ対象者からは悪く見られているのか?について全く理解していなかったSが別れを告げられるのは当然で、Sの問題点を改善していき、対象者と再会した時に少しでも対象者が抱えているSの悪い印象を与えない様にアドバイスをしていきます。

Sの問題点を改善する為に様々な課題を提案し、アドバイスと合せて他人からどう見られるか?について理解を示して頂きました。

何が問題なのかに少しづつ気付いていったSは別れを告げられたのは突然ではなかったのではないか?と気付きます。自分が彼女に嫌な想いをさせてしまった事に気付き、本当の意味で反省という言葉に気付きます。

Sが問題を抱えている事に気付いた事を担当者も気付いた為に対象者に向けて心理誘導を進めていきます。再会工作まで至ったところでSは再会してもっと嫌われないか?と常に不安を抱えていましたが、担当者は今の状態なら安心して再会させられると判断した為、Sと対象者を再会に漕ぎ着けます。

付き合っていた頃にSがしていた行動等を恥ずかしいと思う事、そして恥ずかしい行動に付き合わせてしまった事等を対象者と話していく上で冗談交じりで話す事が出来て、対象者は以前との違いに気付き、工作員が復縁に向けて後押しする事で、元々外見については好みだったという事もあり、数日後に復縁成功したという報告をSから頂いた復縁工作成功事例になります。

別れの本当の原因について誤解していた!

依頼者 Cさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金110万円+成功報酬10%

Cが復縁したい相手は半年前に別れを告げられた元彼との事でした。元彼から別れを告げられた内容は性格が合わないから別れたいとの事でした。

性格が合わないなら合わせる様に努力をするから別れないで欲しいと縋ったCに元彼は、そういうところも嫌なんだよ…とバッサリ切り捨てました。性格の不一致の為に別れたいという状況のほとんどが別の理由を抱えており、別れを告げられた方は何をすれば良いのか分からず復縁活動を行います。

こちらのCも同様で、性格の不一致から復縁する為の方法をネットで検索し、実行するも全く効果が見られず、効果が見られないどころかlineの返信も少しづつ遅くなり復縁とは間逆の方向に進んでいるのではないか?と不安が募ります。

ネット検索をしている中で弊社ブログに行き着き、弊社のブログに書かれている内容を読み、復縁方法を探していた事の間違いに気付き、ご相談頂く事になりました。

状況的には自分で復縁活動をしていた為に復縁の可能性を下げてしまった可能性もあり、少なくとも性格の不一致と言われていただけの状況から状況悪化している事は確実という見方が出来ます。

このCにとって復縁する為に必要な事は、別れの本当の原因を知らなければならず、別れの本当の原因を知った上で問題点を一つづつ解決していかなければなりません。

問題点を一つづつ解決していく事が遠回りの様で一番の近道になりますが、復縁を目指す方々は焦りや冷静な判断が出来ない為、自分に都合の良い最短ルートを通ろうとして復縁失敗に終わります。そういった事が書かれている弊社ブログを読み、Cはその通りだと理解できた為、状況悪化にはなりましたが、手遅れにならずに済んだとも言えます。

復縁相談を頂いた後に弊社担当者と面談をし、復縁工作のご依頼を頂く形になりましたが、もしも1人で復縁方法を探し、ネット上にある他の復縁方法を実行していたら、この案件は失敗に終わっていたかもしれません。

別れの原因が何なのかも知らず、対象者に独りよがりの復縁活動の結果を浴びせるようにしていれば元彼の気持ちは別れを告げられた当時よりも冷めていく事が分かり、復縁工作を行っても完全に手遅れ状態になっていれば復縁工作のご依頼を承ることが出来なかった可能性があります。

ご依頼後速やかに調査業務を行い、対象者との接触ポイントを探します。Cからの情報通りの行動をしていた為、比較的接触ポイントの割り出しには時間が掛からず、対象者と接触したのですが、当初予想していた通り、対象者のCへの気持ちはほとんど残っておらず、lineで連絡が来る事も復縁を見越しての事だから返信しづらいとの事でした。

lineの送り方に関しても弊社で内容を分析させて頂き、送る内容を添削させて頂く業務を行いながらテクニックを使い、Cの存在をアピールさせていきます。

Cとはlineで恋愛の駆け引きを行いながら、これ以上距離をとらせない様に仕向け、対象者には工作員が接触しながら心理誘導で復縁を意識させていきます。

工作員が別れの本当の原因を聞き出し、Cの何が問題だったのか?についての情報を抜き出します。性格の不一致という理由で別れたものの、対象者が口に出す言葉は一緒にいてつまらない。自分の意思がないので新鮮さも失くし、気持ちがどんどんと冷めていったとの事でした。気持ちが冷めてからは嫌な部分ばかりが目に付いてしまい、一緒にいてストレスが溜まってしまい、冷めた気持ちが怒りに変わる前に別れを告げたとの事でした。

Cに対象者が伝えていた性格の不一致という部分に関しては間違っていなかったものの、何が性格の不一致に繋がったのか?を知らなかったCはネットで探していた復縁方法が無駄だった事や気持ちを冷めさせてしまった理由の大半が自分にある事を改めて知る事になります。

一緒にいてつまらないという状況はCにしてみればとても辛い言葉になりますが、事実を知らなければ問題を解決していくことは出来ません。

何がつまらないのか?という具体的な情報も聞き出した為に、対象者が一緒にいて楽しいと思う人物への改善も始めなければなりません。Cが改善に向けて努力をしていく中で、Cと対象者の再会、そして復縁までの順序を組み立てていく為の工作員の心理誘導が始まりました。

Cの中で考えていた対象者との付き合い方自体がそもそも間違っており、対象者が何を求めているのかについてアドバイスを踏まえながら協力していきます。

Cの自己改善は完璧とは言わないまでも対象者と再会しても失敗しないであろう状態まで自己改善を進めていった所で工作員が対象者に話を切り出し、再会へと踏み切ります。

工作員を踏まえた4人で再会した後に対象者の中にあるCの印象が変わっていたことを確信した工作員は対象者にCに好意を持っている事を伝えますが、対象者は言葉を濁します。工作員とCが上手くいくことを再会した後に良く思わなくなってしまった対象者と工作員が口論になり、対象者の口からCとは復縁するからお前には渡さない。という言葉が出てきます。

ケンカ別れの様に対象者と工作員が別れた後にCから対象者に工作員から連絡が来て付き合って欲しいと言われて困ってると伝えさせると、対象者の口から、あいつには渡したくないし復縁したいという言葉が出て、対象者から復縁を望む声が出た事で復縁工作は成功しました。

元彼を忘れようとしたけど忘れられないから復縁したい!

依頼者 Tさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金80万円+成功報酬20%

3年付き合っていた彼と別れてから1年が経ち、他にも何人かの男性とお付き合いをするも元彼の事が忘れられず、依頼を頂く際にお付き合いしている彼がいながらも復縁のご相談を頂きました。

気持ちがない状態で付き合ってしまう事や寂しさを紛らわせる為にお付き合いを開始してしまう方は少なくありません。心の中には大好きな人が存在するけれど、大好きな人は自分を見てくれない状態になれば他を探さなければならない…と考えるのも前を向く為の一つの方法になります。

復縁したい相手以外とお付き合いをし、その相手と幸せになれるなら、それはそれで間違った選択ではなく、人間の幸せは人それぞれなので間違った選択と正しい選択は後になって結果として分かるものになります。

現在お付き合いしてる彼氏がいる状態で復縁工作のご依頼を頂いたTも正しい選択として元彼を諦めようとしたけれど、頭と心は別物であり、新しい恋人と幸せになろうと努力するも気持ちがついていかず元彼と別れて複数の男性とお付き合いしたものの後悔の繰り返しで時間を経過させてしまったとの事でした。

復縁出来ないからといって他の男性とお付き合いをし、お付き合いした男性の気持ちが入りすぎてしまえば距離を空け、お付き合いした男性にはとても悪い事をした。と反省の言葉を並べます。

辛い思いをしている自分のワガママで相手を翻弄し、本当に振り向いてもらいたい人には振り向いてもらえず、恋人とデートした後は虚しさだけが残る日々との事でした。

Tの中にいる対象者(元彼)の存在はとても大きく、沢山の思い出が目を閉じれば浮かんでくる為、面談中も何度も涙を流し、会話が途切れる事も多々ありました。

対象者の情報を伺っている最中に事前に電話相談でも伺っていましたが、対象者を特定させる情報は対象者の写真のみになり、付き合っていた当時に住んでいた住所等も弊社にご相談頂く前に何度か確認しに行ったことがあるようでしたが、引越しをされていて、足取りは掴めなくなっていたとの事でした。

転居した事がキッカケで、自分で対象者を探すのは困難だと分かり、探偵業者に調査依頼をしたものの、依頼した探偵社からは発見できなかったという報告を受けてしまった為、半ば諦めモードでご依頼を頂く形となりました。

情報は確かに少なく、対象者の写真も処分してしまっていた為、対象者を探す事自体困難な案件でしたが、警察OBの調査指導を元に弊社独自の調査方法を活用して対象者がどこに住んでいるかを特定させる事に成功します。

対象者の住まいを特定した後、対象者の行動を調査する事で職場の特定や交友関係、恋人の有無の核心を持つ事が出来ました。

対象者の職場を判明させる調査ではTとお付き合いしてた頃とは異なる業種に転職している事もあり、Tが自分の力で対象者を探そうとしても難しいことが分かりました。

対象者には幸い新しい恋人の影が見えず、2週間ほど休日を張り込みましたが恋人らしき人物は浮かび上がらなかった為、対象者への接触を早めに行う準備を開始しました。

工作員が対象者に接触して関係を構築していく際に工作員が感じた対象者の印象をTに話します。Tに工作員が感じた印象を話すとTは昔の彼のままだ…と涙ながらに相槌を打ちました。

時間が経っても変わらない彼の様子を知り、復縁したい気持ちが更に強くなったTは絶対に復縁したいと担当者に想いの強さを伝え、打ち合わせを兼ねながら対象者との思い出話を語りました。

最初の面談の際に出なかった内容がTの口から発せられ、その話しがヒントになり、復縁工作の成功率を高める提案をさせて頂きました。

Tも担当者と話すまでは忘れていた内容を工作員が対象者に接触する事で思い出し、思い出した内容を担当者が引き出した為に工作方法の急転換を提案する事が出来、それがキッカケとなり心理誘導の方向性も変更となり、対象者への工作内容をガラッと変えていきます。

工作方法の急転換に対応してくれた工作員の技術ももちろんですが、大切なところで重要な事を思い出したTのファインプレーでもあり、復縁工作は2段飛びの様に成功に向けて進んでいきます。

工作員が対象者に向けて行う心理誘導がズバズバと入り、対象者の口から早々に昔の彼女(T)の話しが出てきた事で再会工作を早め、2人を偶然の再会にこぎつけます。

過去の思い出の余韻に浸っている対象者が復縁を意識していた状態での偶然の再会は対象者の復縁への意識を加速させ、工作員が意識的に復縁の後押しをしなくても2人が結ばれるまでに時間は掛からず、対象者と復縁する前にシッカリと今お付き合いしている男性と別れを告げた後に復縁成功したという言葉を頂き、全てが丸く収まった復縁工作成功事例になります。

情報がほとんどない彼と復縁したい!

依頼者 Sさん
地域 東京
契約期間と料金 ※復縁工作の契約期間5ヶ月 料金140万円+成功報酬30%

3ヶ月程度付き合った彼との復縁を望みましたが、対象者の彼の事を何も知らない事に気付いたSは復縁する為に1人で出来る事はない事に気付きます。

しかし、ネットで検索すると復縁工作の費用は決して安くはない事に気付き、費用を掛けてまで復縁するかについて一ヶ月ほど悩んだようです。

悩んだ末にお金と彼とどちらが大切なのか?に気付き、彼との復縁が何よりも大切だという事で復縁工作の依頼をする決心をしたとの事でした。

面談時に3ヶ月という付き合い期間は決して長いモノとは言えず、復縁工作の費用を掛ける事は本当にSにとって彼が必要なのかどうか?を確認させて頂き、長時間に渡る面談で復縁したい気持ちをお伺いさせて頂き、彼への想いや今までに出会った事がない男性との交際の楽しさを知ったという言葉に打たれて復縁工作の方法をご提案させて頂きました。

復縁工作の依頼をした後、何もしてもらえず契約が終了してしまったというネットの情報も良く調べられていましたので、他社にも相談した方が良いとお伝えさせて頂き、4社程復縁屋と面談した様でしたが依頼は弊社に頂く事になりました。

ご依頼後、対象者がどこに住んでいるかも職場も分からないとの事なので速やかに調査する事で対象者の居住地から職場も判明させ、対象者の行動を把握します。

万が一にも対象者が結婚でもしていれば復縁はとても難しく、何も情報がないSにとって妻子の有無は気になる情報でした。

自宅住所の判明から数日経ってもSの家から女性、子供の姿は確認出来ず、結婚はしていない事が分かります。

彼女の有無に関しても調査開始後に他の女性の存在はなく、女性の影が出て来ない事からも新しい恋人の存在は確認出来ませんでした。

新しい恋人の存在が確認出来なかった為、対象者に接触し、恋人が欲しいかどうかの確認を行っていくと、恋人は欲しいけど恋愛に疲れたという話しをしてくるので、なぜ今までの彼女と別れたのか?という話しに発展します。

対象者から過去に付き合った女性との別れ話を聞く事に成功し、Sとの別れについても対象者の口から出て来た為、Sが抱える問題点を知る事が出来ます。

対象者がSに感じていた不満はSの我の強さであり、束縛等も多く、結婚をまだ意識していなかったにも関わらず友達が結婚した、友達に子供が生まれた等と結婚を匂わせられる事も苦痛になり、結婚して一緒に生活すれば離婚する事が見えてしまった為、早目に別れを切り出したとの事でした。

工作員と対象者が話していく上で対象者の望む女性像があり、話しを聞いていればお付き合いしていた時のSとはかけ離れているが、お付き合いする前のSは対象者が望む女性像に近かったとの言葉を聞き出します。

Sの問題点を知り、担当者がSに何が欠けているか?対象者がSに何を求めていたか?についてアドバイスをし、Sとの打ち合わせや対象者から好かれる為に何をすべきなのかを繰り返し説明します。

工作員と対象者の仲は深まり、共に飲みに誘いあう関係にはなりましたが、お酒を共にしていると夜のお店にも行きたいと頻繁に口に出し、女性を全く求めていない事はないのは分かりました。

女性を求めている話しをSにするとSは焦り、早く対象者から好かれる様にしなければ他に恋人が出来てしまう。と気ばかり焦ってしまいます。気持ちが焦り、どうにかしなければならない。となりますが、気持ちが焦るだけで対象者から好かれなければ復縁はなくなる事もSに伝え、焦る気持ちを落ち着かせて頂きました。

担当者と二人三脚で自己改善に励み、工作員は対象者に余計な虫がつかない様に妨害しながら復縁工作を進めていきます。

対象者が女性を求めているのは間違いないですが、求めている女性にSがならなければ意味がない為、Sの自己改善の必要性についても説明させて頂きました。

Sと対象者を再会させる頃にはSは以前の知り合いの男性や職場でも食事に誘われる様になり、周りからの評価も高くなったところで再会に漕ぎ着け、対象者から見たSの評価も上がり、対象者から食事に誘われる様になり、数日後にお付き合い一歩手前のところに行きついたところで契約期間が終了してしまいましたが、アフターフォロー期間で最後の後押しをして復縁成功まで至った復縁工作成功事例になります。

復縁工作成功事例をあなたが増やしたいなら相談下さい

復縁屋・復縁工作ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・復縁工作ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは以前の恋人と復縁したい…というお悩みを解決する為の復縁工作を行っています。
元恋人・元伴侶と復縁したい

元恋人、元伴侶と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは浮気相手と別れさせて、もう一度復縁したいなら復縁、別れさせ工作で対応させて頂きます。
浮気を止めさせ恋人と復縁したい

浮気、不倫を止めさせて現在のパートナー良好なお付き合いをしたいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは友達・職場の人と復縁したいとお考えならもう一度関係を取り戻す為の復縁工作を提案させて頂きます。
友人、知人と以前の状態に戻りたい

ケンカした友人・知人と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは親族と復縁したいとお考えならオリジナルのプランを提案させて頂き復縁工作を実行させて頂いています。
父母・兄弟・親戚と仲直り…

拗れた親族間と復縁したいなら参考にして下さい。