復縁屋ジースタイルの復縁工作成功事例集その7

復縁屋業務で実際に行った復縁工作成功事例を元依頼者の許諾を得て掲載させて頂いてます。
復縁工作の各事例はプライバシー保護の為、若干の修正を行っております。
復縁工作をご検討中の方は復縁工作成功事例集を参考にして頂いて復縁問題を解決する参考にして下さい。

【ケース毎の成功事例 目次】
復縁工作成功事例:婚活パーティーで出会った彼と復縁したい!
復縁工作成功事例:彼女の親をどうにしたい!
復縁工作成功事例:妻にDVをしたけど復縁したい!
復縁工作成功事例:東京~福岡の遠距離恋愛で復縁!
復縁工作成功事例:突然実家に帰った子供2人と妻と復縁したい!
復縁工作成功事例:嫌いじゃないけど別れたいと言われて復縁!!


婚活パーティーで出会った彼と復縁したい!復縁工作成功事例

相談者 ゆかさん(仮名)
年齢 27 未婚
地域 東京
職業 家事手伝い
要望 復縁したいけど予算があまりない…

婚活パーティーで知り合った彼と復縁したいとご相談を頂いた女性依頼者からご相談を頂いた際に別れの原因などを含めて3時間程度の復縁相談の後に面談の予約を入れて頂き、状況把握をさせて頂きました。

婚活パーティーで知り合った彼との復縁を望む方には傾向があり、本当に復縁したいんですか?という疑問を持つ事が多々あり、本当に復縁したいかどうか?の判断が怪しい方の場合、ご契約をお断りさせて頂いている為、面談時には対象者(復縁したい彼)の情報を頂く前に本当に復縁したいのかどうかを確認させて頂きます。

依頼者の中では復縁したい。でも傍から見たら復縁したいのではなく寂しいから、とりあえず戻りたい。

婚活パーティーで出会った相手との復縁を望む場合、後がない、他に出会いがないから復縁したいという方は少なくありません。

出会いがないから一人に固執する事と、本当に好きだから復縁したいというのは異なりますが、本人には中々気付きづらい部分になり、本心から復縁したいのかどうかを復縁屋は知らなければなりません。

女性依頼者との面談時間は数時間の面談を3回ほど重ね、本当に復縁したい気持ちが伝わり、復縁工作のご依頼を承る事になりました。

対象者の情報は婚活パーティーでの出会いをする方は少なく、少ない情報の中から対象者を特定する情報を使い、復縁調査を開始する事となりました。

普段どの様な行動をしているかが分からない対象者の情報を依頼者にお伝えすると、全てが初耳状態で、仕事内容等も簡単には知っていましたが、実際に仕事をしている対象者の写真を見るだけでも気持ちが昂ぶり、会いたいという依頼者の気持ちを抑えるのに苦労します。

会いに行っても良いですか?という依頼者の気持ちを抑え、会える時が来る日まで我慢をして頂きました。会いに行くのは出来ても対象者との物理的な距離も離れていた為に、突然依頼者が行ってしまえば、不自然過ぎて対象者に疑惑を掛けられてしまいます。

復縁工作員が対象者に接触した後の報告で依頼者が一喜一憂し、復縁できるかどうかの不安を担当者にこぼします。

対象者から今も婚活パーティーに通い、他に良い出会いがないかどうかを探しているという言葉を聞き出した時に女性依頼者は早く会わせてもらいたいとの事で、早急に再会する段取りに対する打ち合わせをさせて頂きました。

打ち合わせをする間にも復縁工作員は対象者と接触し、今までの恋愛遍歴や何故今までの恋愛が上手くいかなったのか等の情報を抜き出します。

対象者から聞く情報を元に対象者への接触の仕方、女性として何を見せなければならないのか?等、再会の為の準備を整えます。

復縁工作員が他に良い女性との出会いがなければ、復縁する事も視野に入れる事も結婚を意識しているなら有効ではないか?という心理誘導を行い、過去の女性達との復縁に向けて意識を向けさせます。

復縁するにあたっての問題点などを対象者から聞き出し、依頼者は打ち合わせを何度も繰り返した状態で対象者との再会の日を待ち侘びます。

対象者が復縁に対しての考え方を改め、直近で復縁するなら直近で別れた女性(依頼者)との復縁が何か大きな問題が合って別れた別れた訳ではないので一番現実的だという話しをしてきた所で再会の準備を進めます。

再会の準備が整った状態で依頼者と対象者との再会工作を勧めたのですが、対象者の急な仕事の為、1回目は前日にキャンセルとなり、2回目は忙しくて予定を組みづらいとの事で延期、3度目の正直は対象者から突然連絡をもらい、急でバタバタしてしまいましたが、依頼者にもスケジュールを空けてもらい、再会工作がスムーズに進みました。

予定が思惑通りに進まないことは珍しい事ではありませんが、復縁工作員がスケジュールを調整するのではなく、対象者からスケジュール調整をされる事で再会工作がスムーズにいくケースに、依頼者は対象者に対し、やっぱり運命の人なんだ…と確信を持ちました。

自己改善に向けた努力と運命の人だという認識を持った依頼者は依頼前とは違い、自信に溢れ、対象者以外の人とのお付き合い、結婚はない。という想いは隠しながら再会工作に進みましたが、対象者との再会後、対象者から復縁の提案をされた為、復縁工作も想定以上にスムーズに進む事となりました。

復縁工作員が行っていた心理誘導が想定以上に上手くいっていた事が分かります。

婚活パーティーで出会った相手との復縁は情報が少ない為、中々難しい難易度になりがちですが、依頼者のはやる気持ちを抑えた事や復縁工作員の心理誘導がハマった事など、全ての歯車が噛み合った復縁工作成功事例になります。

※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金80万円+成功報酬30%

彼女の親をどうにしたい!復縁工作成功事例

相談者 たかのりさん(仮名)
年齢 31 未婚
地域 東京
職業 会社員
要望 彼女の両親から認められて交際したい

彼女と復縁したい依頼者からご相談を頂いた際に、若干ストーカー気質の疑いがありました。付き合っていた彼女に対して執拗にラインを送ってしまった事、彼女からラインを送って来ないでくれと懇願されていても自分を制御できずに何度もラインした事、状況を口頭で聞く限りでは復縁は難しいかもしれないという判断をさせて頂きましたが、面談時に詳細についてお話しをお伺いさせて頂いたところ、復縁相談の電話とは異なり、状況は悪くなかったという印象でした。

依頼者から話しを聞けば聞くほど復縁の可能性が見えて来た為、復縁工作のご依頼を承る事になりましたが、状況的に依頼者が直接対象者(彼女)の所に行けば対象者の両親が依頼者をストーカー扱いする可能性も高く、依頼者には対象者の元に行かない様に復縁工作のご依頼前にお伝えさせて頂きました。

復縁する上で一番のネックは対象者の親になり、対象者の親は依頼者の学歴や仕事などについて認められないとの事で、依頼者と対象者との縁を切らされたとの事でした。

依頼者の学歴を変える事は出来ませんし、仕事を辞める事も出来ません。対象者の親が認められない部分は依頼者にはどうする事も出来ない部分であり、どうにか出来ないか?と依頼者は悩み、復縁屋の存在を知った様でした。

対象者の親が問題で対象者と依頼者はお互いに求め合っている関係ですから、対象者へ復縁工作員が依頼者の友人として接触し、対象者からもお話しをお伺いさせて頂く事が出来ました。

幼い頃から躾が厳しかったけれど、対象者に対しては目の中に入れても痛くない程の可愛がりようで、親からの愛情を一杯に受けて育った為、親のいう事に関して反論する事が難しいとの事でした。

しかし、対象者に対しての愛情の深さがあり、対象者に対しての愛情が本物なら、対象者の幸せを望むのも親の立場ですから、その一点を突破口として復縁工作員が誘導出来れば依頼者と対象者の望みを叶える事にも繋がり、その為には依頼者と対象者の協力が必要不可欠になりますが、対象者達と協力して復縁工作を進めていく事になりました。

対象者の友人として復縁工作員を接触させ、復縁工作員の親の設定で少し年配の復縁工作員を接触させます。家族ぐるみの付き合いという形に持っていく為に対象者と対象者の親を欺き、復縁工作を進めていきます。

年配の復縁工作員が対象者の親と関係を持ち、教育論で花を咲かします。教育論について打ち解けた後に人間関係をより強め、復縁工作員が自分の子供の教育論について語ります。

復縁工作員の話しから教育論についてのディスカッションを繰り返し、年齢を重ねた子供に干渉する度合いについて対象者の親も子供の締め付け方に対する考え方を見直しだします。

復縁工作員の話しを全て受け入れた訳ではなく、復縁工作員も対象者の親の意見を取り入れ、お互いに信頼をおける関係を継続していきます。

復縁工作員が対象者の親に接触してから時間は若干掛かってしまいましたが、依頼者と対象者の親との関係も和解する事が出来、無事に対象者と依頼者の交際を認めさせ、復縁工作が成功した復縁工作成功事例になります。

※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金80万円+成功報酬30%

妻にDVをしたけど復縁したい!復縁工作成功事例

相談者 りょういちさん(仮名)
年齢 42 独身
地域 東京
職業 自営業
要望 内縁の妻と結婚したい

男性依頼者から復縁工作の依頼を頂いた際に依頼者は対象者(内縁の妻)に対して暴力を何度か振るった事があるとの事でした。対象者には以前の旦那との間に出来た2人の子供がおり、付き合い当初は依頼者は子供を溺愛していたものの、自営で進めている仕事が上手くいかず、仕事が上手くいかないストレスを対象者にぶつけてしまい、家庭環境が悪化している事に気付き、暴力で対象者を繋ぎとめようとしていたとの事でした。

依頼者は見栄を張るタイプで、復縁工作のご相談を頂いた際も自分がした事を隠そうとし、必死に取り繕おうとしていましたが、復縁屋ジースタイルの相談員が依頼者の隠し事を見抜き、正直に話しを聞かせてくれないのなら依頼を断らせて頂く旨を伝えて、依頼者から正直に話しを聞かせて頂きました。

対象者に対する執着心が強く、対象者を失う恐怖から冷静な判断が出来ない事等を少しづつ吐露します。プライドが高い依頼者が涙を流して語ったのは深夜12時を回る頃の事でした。

復縁工作の依頼を頂き、対象者への接触を計り、依頼者が対象者に対してした事を全て聞き出します。対象者は初めて男性から暴力を振われた事が原因で別れを決意していたものの、別れたら家族全員を殺す等の脅しを言われてしまい、暴力を振われていた事もあり、逃げ出す事が出来ないとの事でした。

実家も知られており、子供達の身の安全を考えるとシェルターに逃げるかどうかを検討していたとの事で、依頼者が面談時に話していた事が10分の1程度の内容でしかなかった事に気付きます。

状況の悪さを対象者に接触する事で知り、DVをしていた事に対する認識を依頼者に植え付けさせます。対象者と接触した後に対象者の味方となって依頼者も交えて3人で話し、依頼者に対して対象者が想っている事全てを吐き出させました。

言葉では、ごめん。もうしない。と依頼者は何度も同じ言葉を出しますが、対象者よりも復縁工作員が、ごめん。もうしない。という気持ちが伝わらない。という事を依頼者に伝えます。

対象者よりも工作員が依頼者を責める事で依頼者のプライドはズタズタになり、見栄を張る性格に関しても対象者と復縁工作員で責め続けます。

依頼者が対象者と復縁工作員から責め続けられる事5時間の間に涙を流す依頼者の姿があり、対象者が涙を流すなら…という言葉を出した途端に工作員が、泣いて済む訳がない!と更に追い打ちを掛けます。

責められ続けた依頼者の姿を見た対象者が、もう二度としないよね?と依頼者に声を掛け、対象者の母性本能をくすぐる心理誘導が成功する形となりました。

しかし、DV案件の場合、一度復縁したところで、スグに暴力を振う事等が考えられます。DVを行う者は、その場限りの反省を口にし、同じ事を何度も繰り返すのが特徴になり、カウンセリング等に通い治そうとするDV加害者は多いのですが、まず治りません。

再度DVをして対象者が完全に見切りを付けさせない様に工作員が対象者と連絡を取り合う事で、依頼者のDV抑止と依頼者に弊社の自己改善プログラムを行わせる事で、一瞬の復縁ではなく、復縁した後に円満な家庭環境を作れる状態を作り出しました。

DV被害に対して、復縁工作員が対象者のガス抜きをし、少しづつ夫婦の在り方というモノを説明していきます。同時進行で依頼者に対しても夫婦関係の在り方に対するアドバイスを行い、DVが起きない環境作りを復縁工作員が行います。

対象者と依頼者との関係が付き合い初めの頃の様に戻ってきた頃には対象者から復縁工作員への連絡頻度も減り、依頼者からの報告で夫婦関係が改善されていった事も分かります。

復縁工作の依頼を頂くまでは依頼者に対して恐怖を感じていた子供達も依頼者との関係を取り戻し、内縁とは言え、夫婦という形を取り戻した後に、子供達が依頼者の名字に変わりたい!という声を聞いた時に本当に嬉しかった。という声を聞いた復縁工作成功事例になります。

※復縁工作の契約期間5ヶ月 料金150万円+成功報酬30%

東京~福岡の遠距離恋愛で復縁!復縁工作成功事例

相談者 けんたさん(仮名)
年齢 29 未婚
地域 東京
職業 会社員
要望 東京~福岡の遠距離恋愛で復縁を望んだ依頼者は彼女ともう一度やり直せるなら何も望まない

遠距離恋愛の彼女と復縁したいけど、ラインの返信が返って来るのも遅くなり、共通の友人もいなくて復縁工作の依頼をする以外に方法がなく、遠距離恋愛での復縁工作のご依頼を承る事になりました。SNSで出会った彼女(対象者)と遠距離恋愛をしていた期間は4か月、距離の壁に愛情が勝てず、対象者から別れを告げられます。

SNSで出会い、距離の壁を感じて別れてしまうケースはとても多く、付き合っていた間の毎日の連絡と会えないギャップで次第に心が冷めてしまったというご相談は良く頂きます。依頼者と対象者の住んでいる場所は東京と福岡になり、片道で夜行バスでも1万円近くのお金と時間は決して簡単に会える距離ではありません。

全国に復縁工作員が在籍する弊社だからこそ比較的料金も安く出来ますが、復縁屋によっては全国に復縁工作員や調査員が在籍していると謳いながらも東京や大阪から出張して復縁工作を行う為、決して安い料金で復縁工作の依頼をする事は出来ません。

遠距離恋愛の末の破局に到るまでの経緯を状況確認で2時間ほど、遠距離恋愛の彼女に対する想いを1時間ほどお伺いさせて頂き、復縁工作プラン(料金・方法)についてご提案させて頂き、遠距離恋愛の彼女に対する復縁工作のご契約をさせて頂きました。

復縁工作のご依頼後、速やかに復縁調査を行い、復縁工作員が接触出来るポイント探しや新たな恋人の存在がないか?を確認します。遠距離恋愛の場合は、復縁工作で心理誘導する事自体は距離の壁だけが問題ならさほど労力を必要とはしないのですが、どうやって再会させるか?がとても重要なポイントになります。

東京と福岡という距離ですから、自然に再会させるのはとても困難な事であり、方法を手を変え品を変え行っても不自然になりがちです。不自然にならない様にする為には、対象者から連絡をさせる様に仕向けるか、対象者が依頼者と連絡を取り合える様な状態まで心理誘導する事が求められます。

東京~福岡の遠距離で問題なのが遠距離恋愛だけであれば、距離の壁を越える事が出来ない程の愛情しかなかったのか?たまに会う事が出来た時間は幸せな時間ではなかったのか?等の付き合っていた頃の楽しい思い出を蘇らせる様に心理誘導していく事で遠距離恋愛での復縁工作は成功するケースが多々あります。

復縁工作の開始前に対象者の交遊関係や職場等で新たな恋人らしき存在がいない事も確認されている為、休日の行動を調べて1人身の対象者が羽を伸ばしているのか、寂しそうに1人でいるのか?についての情報も入手しておく事で復縁工作の心理誘導の方法も異なります。

復縁調査で接触ポイントの洗い出しと新しい恋人の存在がいない事が判明すれば、1人で時間を持て余している対象者に復縁工作員が接触する方法は無数にある為、失敗する可能性は激減します。

休日に買い物位しか出ない対象者に復縁工作員が接触し、人間関係を築いていく様に仕向けます。

福岡の復縁工作員を活用している為、言語に対する違和感や福岡のホットな話題等、会話を盛り上げる事自体はお手の物であり、復縁調査から復縁工作員の接触までは依頼時の予定通りスムーズに進みました。

復縁工作の初歩段階をクリアした後は、対象者の誘い出しが求められ、依頼者という彼氏がいなくなった対象者は休日の時間を持て余していた事もあり、工作員の誘い出しにも応じて下さいます。

女性工作員と過去の恋愛関係に関する恋バナに行きつき、カフェで恋バナをしていると遠距離恋愛の壁で別れた彼氏の話題が持ち上がります。

遠距離恋愛で別れた彼氏とはもちろん依頼者の事ですが、依頼者の話しを聞き出すと、好きだからこそ別れたという対象者の言葉が漏れ出します。好きだから別れた。という言葉には、これ以上付き合っていると、依頼者に迷惑を掛けてしまうかもしれないという心理状態でもあり、自分から身を引く事の美学を持っている事が分かります。

自分から身を引く事の美学が正しいのか?という討論をすれば対象者に身構えられる事が分かりますから、対象者に身構えられない様にする為には対象者の考えに沿った形で同調しなければなりません。

同調した上で、女性工作員がこぼした言葉は、好きだから別れた経験はあるけれど、いつまでも好きだった人の事を忘れられず、ずっと後悔している事があり、今の彼氏には申し訳ないけど思い出が美化されてしまい、後悔している日々を過ごしている事もある…という言葉を零し、女性対象者の心理状態を揺さぶります。

女性工作員は、好きだから別れた彼と復縁出来るなら復縁を望むけど、あまりにも時間が経ちすぎてしまい、今更復縁したいとは言えない事を伝えます。

女性工作員の話しにスグに触発される訳ではありませんが、女性工作員がこぼした言葉が頭から離れなかった対象者が女性工作員と、その後も何度も接触する機会があり、5回目の接触時にカフェでランチをしている最中に、この前の話しだけど…と依頼者への想いの強さを話して来ました。

もしも、遠距離恋愛で好きな彼と復縁したいと言ったらどう思いますか?という言葉を対象者から聞かされ、女性工作員が私なら自分勝手な事を言ってしまい、申し訳ないけど、もう一度付き合って欲しいと言う事を対象者に伝えると、女性対象者はそうだよね…とこぼします。

十中八九復縁工作は成功している段階ですが、復縁を意識するには後一押しが必要だと現場の女性工作員が、自分から復縁したいと言いづらいなら、まずは連絡してみる事から始めてみてはどうか?という提案をします。

結果的に女性工作員が連絡の後押しをさせた事がキッカケで依頼者の元へ女性対象者から連絡が入り、女性工作員は相談を聞いているという状態を使い、心理誘導する事で復縁成功した事例になります。

※復縁工作の契約期間4ヶ月 料金120万円+成功報酬30%

突然実家に帰った子供2人と妻と復縁したい!復縁工作成功事例

相談者 まさしさん(仮名)
年齢 32 既婚
地域 静岡
職業 会社員
要望 子供2人と妻をもう一度取り戻したい…

ある日職場から帰宅後に置手紙があり、実家に子供を連れて帰った妻と連絡が取れなくなり、妻の実家に行くも妻の両親が面会を謝絶され、途方に暮れている状態で復縁工作のご相談に来られました。

実家に2人の子共を連れて帰省してしまい、置手紙には追って離婚届を郵送する旨が書かれていた為に、焦って妻の実家に向かうモノの、妻との面会を謝絶された日の内に復縁屋ジースタイルにご相談頂いたのは深夜12時を回った頃の事でした。

何故子供2人を連れて実家に帰ったのか?について、別れの原因については見当がつかない…という依頼者から話しを聞いた相談員も、真面目に仕事に行って、帰宅すれば子供2人と遊び、お話しを聞く限りではイクメンパパという印象が強く、突然実家に帰ってしまう妻の心理状態について判断をする事が出来ませんでした。

依頼者が焦って弊社の復縁相談窓口にご相談頂いた際には、状況整理がついておらず、話しが四方八方に飛び散ってしまう為に、状況把握をする為にも一旦冷静になって頂く事から始まりました。

深夜帯のご相談になりましたが、電話相談で落ち着いて話せない事から、緊急で弊社カウンセリングルームを利用して面談をさせて頂く事になり、状況把握をさせて頂き、何が原因なのか?についてのプロファイリンを行い、復縁の可能性を見出す事が出来た為、復縁工作のご依頼を承る事になりました。

復縁したいという言葉の中にお子様2人への愛情、妻への愛情がよく伝わり、復縁したいという気持ちの強さも本気度が伝わります。

突然の実家に帰省の裏にある部分を復縁工作員が聞き出せば、離婚に踏み切ろうとした妻が抱えている悩みを知る事が出来ます。妻が抱えている悩みを理解する事が出来れば、依頼者本人には気付かない別れの本当の原因について考える事が出来、子供2人も利用した心理誘導を行えば復縁の活路は見出せると判断しました。

復縁調査で妻の実家を調査すると、子供2人と対象者が出てくる姿を捉えます。警戒心が特に強い訳ではなく、尾行中に時折子供2人が、パパはいつ帰って来るの?という言葉を呟き、対象者が依頼者との離婚について子供2人にまだ話していない事が分かります。

子供2人に言い出せない以上、子供2人を利用して家族としてもう一度やり直させる様に心理誘導していく事を依頼者に伝えていた事は間違っていない事が分かります。

毎朝10時頃になると近所の公園に出向いて、子供たち2人と遊ぶ事が判明した為、子連れの女性工作員を向かわせて対象者との接触を計り、子供達同士で仲良く遊ぶ事で対象者との接触も自然な成り行きで進みました。

対象者と同じ様に女性工作員は旦那との関係が上手くいかない為に逃げる様に友人宅にお邪魔している事を対象者に伝えます。何が原因で対象者が依頼者の元を離れたのか?について判明していない為に、女性工作員が旦那から逃げてきた理由については旦那の度重なるモラハラに耐えられずに逃げてきたという設定で対象者に話します。

女性工作員がモラハラから逃げたという理由を説明すると、対象者からも、『ウチもなんです』という話しを聞き出す事が出来ました。依頼者から聞いていた話しと対象者から聞く話しは異なり、依頼者にはモラハラの意識はなかったものの、対象者は常にモラハラをされていて、モラハラに耐えられなくなり、子供2人を連れて実家に帰って来たという話しが出て来た為、依頼者への確認をします。

依頼者はモラハラが何を示すのか?について理解しておらず、自分がモラハラをしていた自覚が無かった為に、妻が不満に思っている事について理解を示す事が出来なかった事が分かります。

復縁工作中に、予想だにしない情報を聞き出すのは良くある事ですが、聞き出した別れの本当の原因について、依頼者がシッカリと自覚できるかどうか?が復縁工作成功のポイントでもあります。

依頼者に対象者から聞き出した情報を正確に伝え、何故結婚生活の継続が厳しいと対象者が判断したのか?について、依頼者にアドバイスを繰り返します。

依頼者が自分がしてきた事を仮に自分がやられたらどう思うか?モラハラ等を自覚させる為には一番早い方法ですが、モラハラをされ続ける事に対する不満を理解して頂き、対象者の実家に一度依頼者には足を運んで頂きました。

依頼者が対象者の実家で妻の両親と話しをしに行く間も、女性工作員が対象者と接触し、モラハラを少しでも和らげる心理誘導と、子供2人が父親不在になったらどう思うか?について、女性工作員が悩みを抱えている事を対象者に打ち明けると、同様の悩みを抱えている事を対象者の口からこぼします。復縁を意識させていくには、子供達を利用する事を依頼者に伝えていたので、ここまでは順調に進んでいました。

お互いに悩みを打ち明ける仲となった対象者と女性工作員が、何よりも優先しなければならないのは子供達の事であり、子供にとって父親不在がどれだけ心に傷をつけるか?について話し合った結果、一度は許す方向で考えさせる様に心理誘導が上手くいきます。

対象者と女性工作員が許す方向で話し合っている間には、依頼者が対象者のご両親と話し、依頼前は自分には何も非がないと思い続けていた依頼者の口から自分がやってしまった事に対する反省の言葉が出てきた対象者のご両親は、本当に申し訳ないと思っているんだね…という言葉を依頼者に伝えた様でした。

対象者への心理誘導と対象者のご両親に対する弁明の言葉が重なり、離婚を考えていた妻から依頼者の元へ連絡が入り、モラハラをされたくないという内容の話しを依頼者に伝えられ、依頼者が自分がしてきた事に対する自覚の無さを妻に謝罪した為に2人のわだかまりが解けて復縁成功に繋がった復縁工作成功事例になります。

誤解を招く様な行動をした相談者も悪いのですが、早合点で別居してしまった対象者も問題があります。

※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金140万円+成功報酬30%

嫌いじゃないけど別れたいと言われて復縁!!復縁工作成功事例

相談者 さとみさん(仮名)
年齢 23 未婚
地域 東京
職業 アルバイト
要望 どんな形でも良いから復縁したい!

アルバイトの同僚として出会った依頼者と対象者の関係が悪化した理由は、同棲して職場でも家でも常に同じ空間で過ごし、お互いの嫌なところが見え過ぎてしまい、距離を置きたいと言われた事が原因との事でした。

嫌いじゃないけど別れたいという言葉を出され、嫌いじゃないなら復縁の可能性はあると考えていた依頼者の思惑とは裏腹に、対象者には気になる人物が出来てしまい、焦った依頼者から復縁工作の依頼を承る事になりました。

対象者が好意を持っている女性は友人と飲みに行った時に知り合った女性との事で、知り合った日に連絡先を交換し、毎日連絡を取り合う仲になる等、急速に距離が縮まっている事に不安を覚えた依頼者が弊社にご相談頂いたのは22時を越えた時間になり、若干パニック気味に弊社相談員に復縁相談を頂く形になりました。

対象者に気になる女性がいるのなら、早急に対策を立てなければ対象者からの告白を受け入れて2人が付き合ってしまう事も考えられます。

2人が付き合う前に妨害も兼ねて復縁工作を行う形になりましたが、依頼者の別れを告げられたけど嫌いじゃない…という言葉に対する意識がもう少し深刻な問題だと気付いていれば焦る様に復縁工作をしなくても良い形を取れたとは思いますが、後から過ぎた事を言っても仕方ないので、出来る事を早急にやる事で問題解決に向かう足掛かりにもなる事をお伝えさせて頂きました。

調査を行う事で判明した事実は思いの外対象者の想い人は対象者に対して食いつきが良くなく、対象者の思惑通りに事が進まない状態が続いていました。

復縁工作員を接触させる際に対象者と想い人がケンカしている事を目撃し、ケンカの内容が想い人から『しつこくラインをして来ないで欲しい』という内容でした。

依頼者からの話しでは女性扱いに慣れた対象者との事でしたが、実際はそこまで女性扱いが慣れている訳ではない事が判明し、男性工作員が対象者に接触した後に知った事ですが、女性と付き合ったのは依頼者が初めてであり、見栄を張って依頼者には伝えていたけれど、他の女性とのセックスにも興味を示した為に依頼者に別れを告げた事が分かります。

依頼者に対象者から聞き出した情報を伝えたところ、依頼者はショックを受け、復縁を諦めるかどうかで悩みます。

嫌いじゃないけど別れたいというのは対象者からしてみれば、他にセックスが出来る女性がいなかった場合に依頼者とセックスが出来れば良いと考えている節が見え隠れした為に、その様な相手と復縁を望む自分自身の気持ちに対して揺らいでいた事が分かります。

数日後に、それでも対象者との復縁を望むという言葉を頂き、対象者に対する心理誘導を行う上で、他の異性との関係についてケリを付けなければ、復縁しても再度同じ事が起きるか、復縁出来ない可能性もある事を依頼者にお伝えさせて頂きました。

悩んだ末に依頼者が答えた言葉が一回の風俗なら許したい。との言葉を妥協の言葉として選択し、男性工作員に対象者を風俗に連れて行ってあげて欲しいとの要望を頂きました。

依頼者にしてみれば苦肉の判断だったと思いますが、他に女性を作って復縁出来ない。もしくは復縁した後に同じ事をされる位なら風俗に行って性欲を発散させた方が良い…という判断の為、復縁工作員に対象者を風俗に連れて行って欲しいという想いを告げられます。

対象者を風俗に連れて行った後は、彼女がいれば毎日セックスしようと思えば出来るし、お金を掛けて性欲を発散させるなんて勿体ないよ。という話しをし、性欲発散の為に掛かるお金と天秤に掛けさせます。

他の女性との性交渉に風俗に行ってあまり魅力を感じなかった対象者から数日後、依頼者にもう一度一緒に住もうという話しを切り出し、依頼者にとって要望は叶ったけれど、少し残念な事が判明した復縁工作成功事例になります。

※復縁工作の契約期間3ヶ月 料金90万円+成功報酬20%

復縁工作成功事例をあなたが増やしたいなら相談下さい

復縁屋・復縁工作ジースタイル 無料電話相談 復縁屋・復縁工作ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは以前の恋人と復縁したい…というお悩みを解決する為の復縁工作を行っています。
元恋人・元伴侶と復縁したい

元恋人、元伴侶と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは浮気相手と別れさせて、もう一度復縁したいなら復縁、別れさせ工作で対応させて頂きます。
浮気を止めさせ恋人と復縁したい

浮気、不倫を止めさせて現在のパートナー良好なお付き合いをしたいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは友達・職場の人と復縁したいとお考えならもう一度関係を取り戻す為の復縁工作を提案させて頂きます。
友人、知人と以前の状態に戻りたい

ケンカした友人・知人と復縁したいなら参考にして下さい。

復縁屋・復縁工作ジースタイルでは親族と復縁したいとお考えならオリジナルのプランを提案させて頂き復縁工作を実行させて頂いています。
父母・兄弟・親戚と仲直り…

拗れた親族間と復縁したいなら参考にして下さい。