恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 会社員 47歳 島根
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況気持ちが冷めた元彼の気持を取り戻したい

対象者への想いを強く語ってくれたY様は結婚を意識し、プロポーズを待っていた状態の中で別れを告げられたとの事でした。

突然の別れに理解が出来ず、頭が真っ白の状態で縋る様に復縁を申し入れたモノの、対象者の口からは『気持ちが冷めた』の一点張りで復縁は絶望的だと感じたとの事でした。

蒼天の霹靂とはこの事で、目の前が真っ暗になり何度も自殺を考えたとY様は仰いました。

面談時にお話しを聞かせて頂くと、何度も涙を流して対象者への想いを語り、涙をすすりながら話す姿勢に心打たれます。

いくらY様の対象者に対する想いが強くても依頼を請けられるのか?は復縁の可能性が残されてなければ請けられません。

対象者との思い出を辛い中必死に話して下さった際に復縁の可能性が見える部分があった為、復縁工作の依頼を請けられると判断出来た為、その旨をお伝えすると再度涙を流して喜んで下さいました。

復縁工作の契約を交わし、対象者が何故突然気持ちが冷めたのかを探る調査から開始しましたが、他に異性の影もなく、別れを切り出された理由は完全にY様にあると判断しましたが、何が気持ちを冷める理由だったのかは調査だけでは判明しませんでした。

調査で得た情報を元に工作員を対象者に接触させ、人間関係を構築していきますが、対象者とのやり取りをしていたlineデータ等を元に、対象者から聞き出す情報以前から問題点を改善して頂く様にY様には行動して頂きます。

対象者とのケンカの発端は常にY様が作り出しており、対象者に聞き出す前に問題点が多発していた部分を改善して頂いていると、対象者への接触に工作員は成功します。

対象者への接触が済み、人間関係を構築していると、Y様への不満が対象者の口から想像以上に出て来ました。

Y様が全く気付いていなかった部分を工作員が対象者から聞き出し、lineのデータから得た情報を元に自己改善を行っていたY様にはやらなければならない事がとても多い事を実感し、付き合っていた頃にどれだけ対象者に不快な想いをさせていたかを実感します。

対象者の口から出て来るY様への不満は止まる事無く吹き出て来たので担当者は言葉を選びながらY様に工作で得た情報を報告します。

工作はほとんど夜の接触が多かった為、報告は大抵翌日の夕方にさせて頂く形となり、報告以外にもアドバイスをしていた為、毎日連絡を取り合っていましたが、『なんだか自分が生きている事を否定されているみたいです…』と弱音を吐く事も多々ありました。

工作中に本当に復縁しても良いんだろうか?と考えてしまう依頼者は多いのですが、Y様もそういった方々同様で心が折れそうになり、本当に復縁したいんだろうか?と担当者に悩みを打ち明けます。

Y様の本心を聞き、自分がどうしたいのか?を考えて頂く一方で『お金を払ったから復縁したいと考えるのだけはやめて欲しい』と伝えて、対象者への想いを自分自身に問いかけて頂きました。

対象者から様々な言葉を聞いて心が折れそうな中、アドバイスは中断していましたが対象者の気持ちは工作員の心理誘導によって少しづつ復縁へと意識が変わっていきます。

対象者から『嫌なところもいっぱいあったけど良いところも沢山あった』という話しを聞き出すと、『人間は完璧ではないから…』という言葉に対象者は頷きます。

自分にも至らないところがあったから気持ちが冷めたっていう理由でY様を傷付けてしまった事を次第に後悔していきますが、『今更気付いても別れようって言っちゃったしな~』と別れた事を後悔しているかの様な話しが出て来る様になります。

対象者とのやり取りを報告するとY様はやる気を出し、『もう一度振り向かせてみせる!』と意気込みを語って下さいました。

対象者への想いを絶対に諦めない覚悟を持って復縁成功を目指したので担当者のアドバイスにも熱が入ります。

工作員の奮闘とY様の奮闘が復縁工作の中盤で噛み合い、復縁を意識させた状態でY様と対象者を再会させる運びになりましたが、再会方法の計画を立てている間に対象者からY様に連絡が入り、再会工作をしなくても再会する形となり、対象者から復縁の申し出があり、その報告がY様から担当者にされます。

心理誘導が見事に嵌って、再会工作をしなくても復縁成功に到った復縁工作の成功事例になります。