恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 会社員 27歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
復縁したい状況元彼はまだ自分の事を好きだと思っている

M様が初めてご相談頂いた時、復縁の難しさを全く理解しておらず、対象者はまだM様の事を別れた後も好きだと信じて疑っていませんでした。
復縁の難しさと対象者がM様の事を好きだという誤解を解く事から説明させて頂きましたが、対象者がM様を好きだと思い込む強さが中々取れず、『本当にそう思うなら相談しなくてもスグに復縁できると思いますよ。』との言葉で、やっと認めたくない気持ちで相談していた事を理解して下さいました。

M様の様に別れた後も元恋人は自分の事が好きだと考えて復縁活動をする方は多いのですが、現実を見ずに復縁活動をしても100%復縁は出来ません。
復縁工作の依頼を請けるにも、まずは現実を受け入れなければ復縁の可能性は1%もない為、請けられなくなり、現実を理解して、現実を立ち向かえなければ可能性を自ら潰してしまう事を事前にご説明させて頂いています。

M様が現実を理解した時、本当に辛い声を出し、『自分の心を支えるモノが何一つなくなってしまった…』と悲痛な面持ちで面談をさせて頂きました。
しかし、『現実を受け入れて復縁する為に足りない部分を埋めていこう!』という話しをさせて頂くと復縁に向けて不足している部分を復縁工作で補える事を理解し、復縁工作のご依頼をいただく事となりました。

別れを受け入れられなかったM様には別れの本当の原因を理解しようとする姿勢もありませんでしたが、現実を受け入れたM様は別れの本当の原因について理解する姿勢が持てるようになりました。
対象者から指摘されていた部分に対しても『自分も悪いけど相手も悪いと思いませんか?』と言っていた相談当初とは打って変わり、『相手が悪いかどうかではなく、自分が悪い事をまず受け入れます。』という言葉の変化に真剣に復縁に向き合う姿勢があるんだな…と感じた為、依頼を請けられる最低限の基準は超えた状態で復縁工作の業務を開始させて頂きました。

M様から頂いた情報は以前のM様が感じていたママの情報だった為、あまり参考にならず物理的な情報はあった為、頂いた情報を元に調査を開始し、対象者への接触までを急いで行う事となりました。
対象者への接触を工作員が急いで行い、M様から頂いた情報と対象者から聞き出した情報の違いについてM様には気付いて頂くアドバイスをさせて頂きました。
お互いで感じているものが全く異なり、1つの事柄に対しても捉え方が全く異なっている事に気付きます。

初めてM様の考えと対象者の考えの違いに気付き、なぜ別れたのか?そして今も対象者はM様の事を好きだと思っていた過去を恥ずかしく思い、真剣に復縁に向けて進む決意を確固たるものにします。
工作員が対象者に向けて心理誘導を行っても、最終的にはM様が対象者から好かれる人物にならなければ復縁成功には至らない事を事前に説明させて頂いていましたが、真剣に考えていなかったとM様から聞かされます。
どこかで依頼をすれば工作員が復縁させてくれるかもしれない…という淡い期待を持っていたようでしたが、対象者とM様との事なので自分が頑張らなければ復縁できる事はないと気付き、担当者からのアドバイスに対する受け入れ方も全く変わります。

復縁する為に対象者から好かれる状態になろうと奮闘するM様に担当者はアドバイスを繰り返し、工作員が聞き出して来た情報にショックを受けながらも依然のM様の考えとは大幅に変える事に成功した頃には対象者の復縁に対する意識もだいぶ変わっていました。
心理誘導を行う事で完全に拒絶していたM様との再会に前のめりまではいかなくても渋々の状態で受け入れる様になり、M様との交際の間にあった出来事を話してくれる時には悪い話しだけではなく良い時の話しも出て来る様になりました。

M様の改善と対象者の意識の変化がマッチした頃に偶然を装って再会させる方法をM様に提案させて頂きましたが、M様からは『こんな状態で再会しても大丈夫でしょうか?』と殊勝な言葉が聞こえて来る様になりました。
以前の状態なら『早く再会したい。工作を早く進めてくれ』と自分の気持ちを優先していたM様でしたが、自分の問題に気付き、再会する事に対する恐怖心を覚えたのは自分がした事を理解出来ているからという判断が出来ます。

初めてご相談頂いた際にM様は『私は別れた頃よりも全然変わった』と仰っていましたが、工作も終盤に差し掛かると『私は何も変わってない…』と本当に変わったからこそ出て来る言葉がM様の口から聞こえて来ます。
自信を持って再会工作を進めていき、対象者との再会を果たしたM様の姿を見て対象者は驚きます。

『一体別れてから何があったの?』という絶対に復縁成功する時の言葉を対象者が漏らし、M様は『自分がしてきた事が恥ずかしい事だって気付いた…』という言葉が出てからは完全に対象者はM様を以前とは別人の様に感じ、あとは『復縁したい』と申し出るタイミングだけになります。
再会工作の後に数回のデートを繰り返し、デートの度にM様から担当者に報告を頂き、失敗した内容と上手くいった内容から工作員への指示を変え、対象者の口から『復縁しよう』という言葉が出て来て復縁工作が成功に到りました。