恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域D様 会社員 29歳 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況浮気が原因で完全に信用を失ってしまった

別れの原因がD様の浮気にあり、浮気した事を対象者に何度も謝罪し、2度と浮気をしない旨を伝えていましたが、対象者は『信用出来ないので復縁しない』と首を縦に振る事無く別れに到りました。

対象者への謝罪も全て伝えて出来る事がなくなった為、D様は弊社にご相談頂き、復縁工作の依頼を頂く事になりました。

復縁工作の難易度を推し量る、別れの原因がハッキリしている事とD様と対象者の付き合っている時の関係性、そして別れた後のlineのメッセージのやり取りについても確認させて頂き、総合的な判断から復縁工作を成功させる可能性を見出す事が出来ました。

D様に復縁工作を成功させる心理誘導の方法を提案させて頂き、契約書を交わして着手する事になりました。

対象者の住まいは分かり、写真もある為、本人を弊社で特定する手間は省けている為、工作員をどこで接触させるか?というポイント探しの調査を開始し、対象者との接触場所を判明させます。

D様への報告を兼ねながら、接触方法の打ち合わせをさせて頂き、提案した方法通りに接触を行い、連絡先の交換に繋げます。

工作員が対象者との接触を繰り返している内に女性同士の会話に多い男性とは?が話題に上がります。

男性とは浮気をするものという女性同士の会話の中で、いざ男性が浮気をしたらどうするのか?という話題を工作員が出した事で男性の浮気についての会話が始まりました。

工作員が『結局好きだったら許しちゃうけど、すぐに許す事は出来ないからイジメる形を取ってから許しちゃうかもしれない』という言葉を出すと同席していた別の工作員が同意し、同意した工作員に対象者も同意します。

工作員が横やりを出し、対象者の同意に『〇〇ちゃん(対象者)は怒ったら許さなそうだよね~』と口を挟みます。

許さなそうという言葉に反発した対象者が浮気された男が次に浮気したら下半身を切る約束をするなら最終的には許してしまう。という話しを聞き出し、D様には復縁したら2度と浮気をしない覚悟が必要だと伝え、反省の深さについて考えるアドバイスをさせて頂きました。

工作員と対象者の接触はその後も続き、『彼氏いないとつまらないよね』という話しを聞き出した後にD様と対象者の再会を企てます。

寂しい、つまらないといった状況を聞きだし、再会工作に進んだ後はD様と対象者を偶然を装って再会させ、再会させた時に対象者の口から『コイツ浮気したんです!!』という言葉が出たものの、工作員がその場で『浮気しても許しちゃうってこの前言ってたよね?』と浮気をしても許すと言った対象者の言葉を使いました。

ぎこちなくなったその場の雰囲気を工作員がD様を責める形で緩和させ、工作員から責められるD様を見て『2度としないなら許してあげる』と対象者が復縁の落としどころを付けてくれた為、復縁した復縁工作の成功事例になります。