恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域R様 会社員 31歳 北海道
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬30%
復縁したい状況別れの理由を教えてもらえず復縁活動に悩む

対象者と婚活アプリで出会ったR様とのお付き合いは半年程度になり、別れ話をされた時には『結婚を考えられない…』の一点張りで何が理由で結婚を考えられなくなったのかについては話してくれなかったとの事でした。

R様は『問題があるなら直すから…』と繰り返すモノの、一切聞き入れてはくれず復縁の話しには取り合ってくれなかったとの事でした。

復縁する為に変えなければならない事を対象者に話すモノの、対象者は『そういう事じゃないんだよ…気持ちが冷めちゃったんだ…』というだけで何が問題なのかも分からないまま別れなければなりませんでした。

結婚を考えていたR様にしてみれば目の前が真っ暗になる状態で、別れ話をされた時は取り乱して何を話したのかも記憶にない位乱れたとの事でした。

初めて相談頂いた時には冷静になり、落ち着いてはいるものの復縁の可能性が絶望的であると考えていた為、その状況でもどうにかなるものならどうにしかしたい。という事をしきりに口にされていました。

別れ話しで言われた事を思い出しても、『結婚を考えられない…』と言われた事ばかりが思い出され、思い出す度に涙が溢れて来るR様は面談中も嗚咽が止まらず苦しさが見て取れる状態でした。

復縁する方法が何も思いつかず何が原因で別れに到ったのかも分からないR様は復縁屋に頼らざるを得ない状況に追い詰められ、ネットで復縁屋を探すモノの、悪質な復縁屋も多いとネット情報にはある為、冷静にならなければならないと落ち着かせる為に四苦八苦したとの事でした。

復縁工作の契約を交わした後に対象者の情報を元に調査をしても他に異性の姿が表れる訳でもなく対象者は会社と家の往復のみで変わった事はありませんでした。

調査報告を心待ちにしているR様に対象者の行動を報告し、接触の打ち合わせを兼ねていると『元気で良かった…』と対象者の元気な姿を撮影した写真を見て目を潤ませます。

復縁屋が絶対に復縁工作を成功させたいと思うのは依頼者が対象者の幸せを本当に考えている時であり、R様の対象者への想いを感じた担当者は『頑張りましょう』と声を掛けます。

対象者への接触をして何故『R様との交際を打ち切ったのか?』を過去の交際相手の中から聞き出そうとすると対象者は今までに交際した経験がなく、R様以外の異性を知らない事が分かります。

1人の異性との交際で結婚に踏み切って良いのか?を考えた為、対象者はR様との交際に不安を感じ、もう少し色々な異性と遊びたいと考えた為、別れを決断したとの事で、R様との交際が破局した後に婚活アプリや婚活パーティー等に出席したものの良い出会いに恵まれず1人で過ごす日々を送っていたとの事でした。

恋愛は人数ではなく、どれだけいい経験をしたか?が重要であり、良い出会いはとても重要な事を伝えると、少しづつですが考え方を改めていき、R様とのデートの様子を工作員に話して下さいました。

R様とのデートの様子を工作員に話している時の対象者は表情も豊かで楽しそうに話し、辛い事もあったけれど楽しい事もあったと過去を懐かしむ話しをします。

少しづつ心理誘導の効果もあり、R様との交際を自分から破局させたことを勿体ないと考える事や、別れた後に婚活パーティー等に出向いても良い出会いがなかった事を考え始め、本当に少しづつですが別れを後悔する言葉も漏れ聞こえる様になりました。

別れを切り出したのは他にもっと良い異性との出会いを求めてでしたが、現実は良い出会いもなく対象者は結婚できるのだろうか?という不安を感じたとの事でした。

自分で決断した事なので今更取りやめる事は出来ないけれど勿体ない事をしたかもしれない…という想いが強くなっていき、対象者の気持の変化は加速していきます。

復縁工作も佳境に入り、対象者の気持ちは完全に揺れ動きながら、最終的にはR様に『復縁しよう』と言えないのはプライドが邪魔しているだけになります。

自ら別れを切り出しておいて、復縁を望んでも気持ちが変わってしまっていればプライドが更に傷付く事を恐れ、R様との復縁は考えてはいけないものだと意志を固めていました。

しかし、R様以外の異性が受け入れてくれない事も事実であり、対象者の気持ちは完全に揺れ動いていましたので、『傷付けた相手に連絡して自分が傷付くのを恐れていれば何も得られる事はないよ』と工作員が後押しをしてR様へ連絡する決意をしたとの事でした。

工作員と別れた後にR様の元に対象者から連絡が入り、連絡が入ったR様との会話は他愛もない会話から復縁の話しになり、勇気を振り絞って告白した対象者の言葉を受けいれたR様は復縁成功に漕ぎ着けます。

次の2人の休日にデートをし、再会したR様から担当者に連絡が入り『色々傷付けて都合の良い話しかもしれないけど結婚を前提に復縁して欲しい』とプロポーズを受けたとの事でした。

二つ返事でプロポーズを受けたR様と対象者が復縁成功した事例になります。