恋愛工作の成功事例
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況どうすれば復縁できるかの未来が見えない

彼に疲れたと言われてしまった女性M様はどうすれば復縁できるのかという見当もつかず、復縁したい気持ちだけが募り、1人で3ヶ月ほど復縁活動を行っていたとの事でした。

後から判明した事ですが、M様の考えていた別れの原因と対象者が考えていた別れの原因は全く異なり、復縁工作をしたからこそ別れの本当の原因に気付き、復縁成功に繋がった事をM様も別れの本当の原因を知って改めて気付いた事でした。1人で復縁活動をしていた時間が勿体なかった…と時間を無駄にした事を後悔していました。

M様が考えていた別れの原因は対象者から部屋が汚い事を指摘され、常に部屋をキレイにしていたとの事で、部屋をキレイにする=自己改善だと考えていたものの、どうやって部屋がキレイになった事を対象者に見せるか?という事を気にしている様でした。

当然の事ですが、部屋がキレイになっても復縁は出来ません。部屋がキレイになったら復縁できるとは思ってはいなかったというM様に別れの原因が分かっていなければ復縁活動の方向性も定まらない事や、問題点が分かっていない状態で改善出来るものはない事を説明し、復縁工作のご依頼を承る事になりました。

復縁相談者の中には、別れ話の内容をそのまま別れの原因だと誤解して復縁活動を行う方が多いのですが、別れの原因をほとんど理解されていない場合が多く、別れの原因を知らない状態で復縁活動を行う為、間違った復縁活動に進む事が多く、復縁に失敗します。

対象者に接触して別れの本当の原因を聞き出した時にM様が考えていたものとは全く異なった結果であったことが判明し、復縁できるのに復縁できない状態を作っていたM様は恥ずかしそうに担当者にM様が行っていた復縁活動の間違いを話しました。

見当違いの努力をしていたM様が何をやるべきなのか?に気付いてからは自分の問題点や間違いに気付いたので改善される速度も速く、復縁する為に何が必要なのか?対象者と復縁した後にどんなお付き合いの仕方をすれば良いのか?という見えなかったものが見える様にもなり、自分が気付かなかった事に気付いた喜びが強かったとの事でした。

問題点が改善されつつある中で対象者と工作員のやり取りは続き、工作員と頻繁に遊びに行く仲になった対象者は当分彼女はいらないから遊びまわりたいな~と口にします。

工作員との関係構築がいきすぎてしまい、M様の必要性を感じなくなってしまった対象者の気持ちを軌道修正させる為に工作員の彼女役として女性工作員を登場させます。工作員同士が仲睦まじく関係を見せつける事で異性に対しての興味を引き出します。

対象者が独り身で寂しい事を話しながら女性工作員に誰か友達を紹介して欲しいという話しをして来たので、どんなタイプが好みなのか?を確認し、恋愛話に花を咲かせます。

合コンという形でM様を呼び、再会という形も考えましたが、合コンの形でM様を呼ぶにはM様の都合を合せてもらわなくてはなりません。M様の予定が合わない事から合コンを開催するのではなく、別の形で再会を演出する様にM様と打ち合わせをさせて頂きました。

偶然を装い、M様と対象者を再会させるプランに納得頂いたM様は再会当日、ドキドキし過ぎて落ち着かない…との言葉を頂きます。

タイミングを見計らい再会させた後は彼女が欲しい対象者の背中を工作員が押し、工作員2人とM様、対象者の4人でデートをします。

対象者とM様の関係が工作員の後押しもあり、良好になってきた頃にはM様が自己改善によって努力していた部分に対して、対象者が以前と変わった!!!と連呼します。

工作員の後押しもある中で、彼女が欲しい!!という状況を作っておいた為に復縁へと自動で進む形を作れていた為、対象者からM様に復縁しないか?という言葉が出て来ました。

二つ返事でM様が復縁を受け入れます。M様が自分を省みた事と復縁工作が上手くいったからこそ復縁した復縁成功事例になります。