復縁工作が成功出来なかったケース。

いわゆる失敗したケースですが、復縁工作が失敗したケースを伝える復縁屋はほとんどありません。

復縁工作が失敗したケースを伝えれば依頼者が不安になり、少しでも成功させたい!と思う依頼者にしてみれば失敗したケースがあるなんて聞きたくない。と考えるのが常です。

依頼すれば100%成功する訳ではない復縁工作なのに復縁工作の成功事例は沢山掲載されているけれど失敗事例が掲載されている復縁屋は少ないのです。

依頼を検討している人にしてみれば、失敗事例があれば自分は失敗しない様に頑張るのに…と考える人もいるはずなのに多くの復縁屋は失敗事例をひた隠しにします。

復縁屋が失敗事例を隠す理由は失敗しないから失敗事例がない。

失敗事例を載せれば依頼を頂けない。

復縁工作の成功率はどんな優秀な復縁屋であっても100%ではない事を考えれば失敗事例を載せないのはどちらかといえば復縁屋の都合になります。

復縁屋の都合で依頼者が失敗事例を参考にしてどうすれば失敗しないで済むか?を考える事が出来れば復縁工作の成功率を上げる事にも繋がりますが、復縁屋は失敗事例を載せません。

電化製品のメーカーは不良品が出た場合に告知して不良品を購入するという失敗を未然に防ぐ努力をしますが、復縁屋の業界にはそれがありません。

優良な復縁屋を探す人は多いのですが、本当の意味で優良な復縁屋は成功事例だけではなく失敗事例も掲載するのではないでしょうか?

『優良な復縁屋ってどこですか?』という質問は非常に多いのですが、少なくとも優良な復縁屋は自社の失敗をひた隠しにしようとはしないのではないでしょうか?

復縁工作の失敗事例を掲載できない理由は掲載許可を頂きづらい。

復縁工作の失敗事例を掲載出来ない理由は元依頼者に掲載許可を得づらい事があります。

弊社でも過去にありますが、復縁工作が失敗してしまった依頼者に『ホームページに掲載させて頂いてもよろしいですか?』という話しをさせて頂いてもなかなか掲載許可を得る事は出来ません。

復縁工作が失敗した場合、依頼者は相当なショックを受けていますので、ショックを受けている状態で復縁屋の利益になる様な事を申し出づらいという点があります。

失敗しても成功しても依頼者全員に申し出る訳ではありませんが、特に復縁工作が失敗してしまった場合、中には『ここまでやってもらって成功しなかったのですからしょうがないです。』と口にはして下さいますが『最後の最後に傷口に塩を塗る様な事は言わないで欲しかった…』と言われる事もあります。

分かってはいても会社命令で失敗事例の掲載許可について指示を出されてしまえば担当者は掲載許可の申し出をしなければならず、依頼者と直接やり取りしている担当者のほとんどが依頼者の心情を理解しているので失敗事例の掲載許可の申し出をなかなか出来ません。

失敗事例の中には依頼者の情報がそもそも間違っていたケースもあります。

復縁工作の依頼を頂く際には依頼者から情報を頂かなければなりません。

しかし、頂いた情報が間違っている場合、元々描いていたシナリオが全く異なる場合があるのです。

対象者の住所が分かる。と依頼を請けて、実際に対象者の自宅を張り込みしていても一切対象者が現れず、人探し調査の依頼を請けている訳ではないのに『追加で料金は払えないですけど探して下さい。』と仰る依頼者もいます。

対象者がいる場所が分かっている前提で依頼を請けていざ調査を何度かして対象者の住所を探す事も最初の予算内で納めて欲しいと言われても失敗前提の話しになってしまいます。

人探しを簡単に考える依頼者も多いのですが情報が少ない人探しはとても難しいものですから、依頼者の情報が違っている場合に復縁工作が失敗する前提の失敗事例を復縁屋も掲載許可を頂く事は出来ません。

復縁屋が失敗事例を掲載しない理由は復縁工作をした事がないから?

復縁のご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

単純に復縁工作をした事がないから、どの様な失敗事例があるかを分からない復縁屋も中にはあります。

調査や工作をしたフリをして、工作をした結果、失敗したのではなく、工作をしないで失敗した場合、復縁工作の失敗事例を復縁屋は掲載できません。

なぜ失敗したのか?が、経験がないから分からないので失敗したとなれば復縁工作の失敗事例を掲載すれば何もしてない事が依頼者に伝わってしまう為、失敗事例を掲載できない復縁屋は残念ながら少なくありません。

弊社にご相談頂く方々の中でも復縁工作の依頼をして何も動いてくれない復縁屋があるというご相談は多数頂いています。

何も動かなければ成功事例は想像で掛けても失敗事例を書く事は出来ません。

失敗事例を読めば復縁屋の質が分かります。

どんな事にも原因があるから結果に繋がります。

失敗事例を読めば、何が原因で失敗したのかが分かり、その原因に対してどの様に対処したのか?で復縁屋の対応が分かります。

何もしなければ失敗はしませんが、復縁工作の依頼をした以上、復縁工作が失敗した原因があります。

失敗した原因について見つめ直すのは復縁工作だけではなく復縁も同様です。

別れの原因を考えるから復縁に繋がる事と同様に復縁工作が失敗した部分を考えるから成功に繋がります。

成功に繋がる為に復縁屋は何をしたのか?

調査や工作の稼働だけではなく復縁屋の対応次第で失敗を成功に導く形を取れるのです。

失敗事例には復縁屋がどんな対応をするのか?が書かれていなければおかしくなり、成功事例には失敗した原因が書かれている事はありません。

復縁工作の成功事例を見るのは意味がないとは言いませんが復縁屋の失敗事例を見た方が優良な復縁屋かそうでないかの判断が出来る様になります。