恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 神奈川
契約期間と料金4ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況女としての自信を取り戻してセックスレスも解消した復縁工作

セックスレスで悩むのは男性だけではなく、女性からもセックスレスを解消したいというご相談を頂くケースは少なくありません。
妻として家庭に入り、育児に追われて気付いた時には何年も夫とセックスをしてないという方も多く、Y様もセックスレスで悩みを抱える妻として夫から愛されない不安を感じていたとの事でした。
Y様がセックスレスに気付いたのは子供が小学校に入学し、ママ友達との間で夫婦間の夜の営みの回数の話しが出た時に全然セックスをしていない事に気付き、気付けば女としての自分を見失っていたと気付いた時には女としての自分が終わってしまうと不安になったと伺いました。
弊社にご相談頂いた際は女性として終わりたくないけれど、子供を生む前の自分はどうやって女として生きていたのかが分からないという悩みを抱えていらっしゃった為、女性として終わっている事はないですし、時期が来れば旦那様もセックスをしようとするのではないか?という話しをさせて頂きました。

しかし、Y様は夫がY様を見る事はほとんどなく、家族で出掛けても子供と遊び、子供と遊んで疲れて夜は寝てしまう為、セックスレス状態からどう抜け出せば良いかが分からないとの事でした。
Y様はセックスをしたいという訳ではなく、女としてこのまま枯れていってしまう事が怖いと担当者に話しますが、どうやってセックスレスを解消すれば良いか分からず、とても悩み抜いたとの事でした。
セックスレスを解消させる為には夫の気持ちもセックスをする気持ちに取り戻さなければならず、Y様なりに夫を誘ってみたモノの、仕事で疲れている、子供と遊んで疲れた、明日仕事が早い等、セックスレス解消に向けて協力的ではなく、焦るY様の気持ちとは裏腹にセックスレスの記録更新が続き、自分温力では限界を感じた為、ネットで様々なセックスレス解消方法を探していた時に弊社ホームページに辿り着き、復縁工作を意識するようになったとの事でした。

セックスを解消させる為にY様に出来る事はやり尽くし、結果的に第三者の協力を得なければセックスレスは解消出来ないという結論に到ったモノの、セックスレスで悩んでいる事を相談出来る友人もおらず、セックスレス解消に向けて前向きに復縁工作の依頼を検討したとの事でした。
過去にセックスレスを解消させる為の復縁工作を多数行って来た為、セックスレスに陥る人は何が必要なのか?をY様に説明させて頂くと、Y様は持ってきたノートにメモを取り、自分でも出来る事と同時に復縁工作を進める為に必要な事をノートに書き出し、ご契約後に着手金を入金後、速やかに復縁工作に取りかかれる準備をしてきてくださいました。

着手金の入金確認後、工作員を対象者である夫に接触させ、まずは対象者の性欲があるのか?ないのか?を調べる事から始めます。
対象者と接触して話しを聞き出すと性欲は正常にあり、性欲処理はどの様にしているのか?を聞き出すと自宅のトイレかお風呂で処理している事を聞き出す事に成功しました。
工作員が接触した場所が居酒屋で合った為、お酒を飲みながら話す会話の為、下世話な話しばかりになりましたが、依頼を請けている事とはつゆ知らず、対象者はY様との夜の生活についても面白おかしく話しをしてくれました。
セックスレスになったキッカケやY様とのセックスよりも自分で処理をする選択をした理由など、工作員が先に話した内容に被せて対象者も話しをしてきます。

工作中はお酒をとても飲み、楽しそうに話す対象者の話しに耳を傾け、相槌を打っていましたがセックスレスになった原因が沢山ある事に気付き、工作員は先々の事を考えた時にセックスレスが解消出来るのか?という不安を感じたという報告もうけました。
工作員が対象者から聞き出した情報を元に、何故セックスレスになったのか?をY様に話し、退所者が自宅のトイレやお風呂で性欲を処理していた事に気付いていたのか?について尋ねると、Y様は対象者の性欲に関しても無関心であり、気に求めた事がなかったとの話しを聞きます。

Y様が対象者とセックスレス状態を解消させるにはY様も対象者からセックスをしたいと思ってもらえる様に変わらなければなりませんし、対象者から聞き出した情報を元にY様には様々な変化をしていただくアドバイスをさせて頂きました。
Y様の問題点は対象者から聞き出した情報で明らかであり、Y様と対象者のセックスレスを解消させる為の具体的なアドバイスを行う事で少しづつY様も女としての自分を取り戻して来たと仰いました。
対象者はセックスレスの期間、風俗に行く等の女性に関する接点があった訳ではなく、セックスはしたいけど、Y様とはしたくないという状況だった為、セックスしたいと思ってもらえる様にY様は変わらなければならない状況でした。
アドバイスをした当初はY様も、自分が変わらなければセックスしてもらえない状況は屈辱の様に感じてしまい、真摯にセックスレスを解消させる活動に向き合えなかったのですが、やらなければセックスレス解消の目途が立たず、年を重ねれば重ねる程女としての魅力を失ってしまうのではないか?と不安に感じた時から少しづつ本気でセックスレス解消の為に動き出している事が明らかになる位真剣に取り組んでいらっしゃいました。

工作中は何度も対象者に性欲を奮い立たせる様な話しを繰り返しましたが、次に対象者と工作員が会うと、決まってトイレやお風呂で性欲を発散させた話しをされ、Y様とのセックスに向かわない事を報告して初めてY様は先々の不安を実感した様でした。
女性としての不安を感じたY様はセックスレスの問題だけではなく、女性としての魅力が低下している事に気付いた為、女性としての魅力を取り戻す為に奮闘する姿が担当者には伝わりました。
対象者から抱かれる女性を目指して奮闘している姿はご依頼前とご依頼後では外見も全く異なり、異性としての魅力を完全に取り戻した自信もY様には感じられました。
対象者が帰宅後にY様を見る目が変わって来た事もY様の自信を取り戻す事にも繋がり、Y様から対象者とのセックスレスが解消された後に対象者と工作員が接触した時は久しぶりに妻を抱いたけど良かった。と対象者の口から聞けた事もあり、セックスレスを解消する復縁工作が無事に成功した事例になります。