先日、復縁工作の依頼を請けて半年たった方から復縁成功しました!!という復縁成功メールを頂きました。

ご依頼者様は東京在住の女性依頼者様になり、復縁屋某に依頼するか悩んでいたところ、弊社のブログに辿り着き、悪質な復縁屋の見分け方を参考にして頂いて 復縁屋某への依頼を踏み止まった方でした。

状況的にかなり厳しく、別れ話をされた後にlineで縋る様な内容を何度も送り、元彼氏からは完全に距離を置かれてしまい、lineもブロックされ、着信拒否状態になり、復縁屋に頼らなければ復縁の見込みはないと判断した状況でした。

状況の悪さから時間もかなり掛かる事が予測され、復縁屋某が提示した料金よりも数十万円高い料金の見積もりとなりました。

但し、提案させて頂いた方法が復縁屋某とは全く異なり、女性依頼者様は最終的に弊社の提案させて頂いた方法を選んで頂いた訳ですが、時間が掛かる事や状況の悪さ等をご理解頂いた上で弊社にご依頼されたケースになります。

予算の問題から契約期間を短くし、最終的な部分までではなく最終部分の少し前辺りまでを復縁工作で進めていくご契約となりました。

ご依頼頂いた後に依頼者様には徹底的に自己改善のアドバイスを行い、途中で復縁工作の契約期間が過ぎても最終的に自力で復縁に進める様に御力添えさせて頂く契約となりました。

ヒアリングの段階から予測出来る自己改善しなければならない部分に対してアドバイスを行い、ご依頼頂いてからは女性依頼者様に時間があれば担当者と連絡を取り合い、復縁に向けて進めていく形を取りました。

契約期間内の空いている時間を全て復縁活動に向けて使って頂き、復縁工作と同時進行で復縁に必要な自己改善を行っていきました。

lineのブロック解除や着信拒否の解除をしてもらうまでには対象者から依頼者様の否定を何度もされ、愚痴を聞く事で対象者の中にある怒りを発散させるように仕向けていきました。

元々想定していた契約期間では期間が足りない事もあり、依頼者様の自己改善された姿の見せ方にこだわった方法を提案させて頂きました。

復縁成功までの見込みを契約期間の短さから出す事が出来ず成功報酬の設定をさせて頂く事は出来ませんでしたが契約前にお話しさせて頂いていたlineのブロック解除と着信拒否の解除まではこぎつけ、契約が切れた後の見せ方のシナリオを描いてお渡しし、弊社の描いたシナリオ通りに女性依頼者様が動いて下さり契約が切れた半年後に復縁成功したというご連絡を頂きました。

予算に応じて復縁工作の方法を提案させて頂きますが予算が少ない方でも途中まで弊社がサポートし、最後までサポートする事は出来ませんでしたが無事に契約前に描いた通りの復縁成功に辿り着いた形に進んで頂けました。