恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 群馬
契約期間と料金4ヶ月の契約 150万円 成功報酬30%
復縁したい状況学生時代に別れて何年も会えなかった彼女との復縁希望

S様からご相談頂いた際にとても困難な案件の理由が大学時代に付き合った恋人との復縁を望まれ、今現在どこで何をしているか?も全く分からない状況でした。
学生時代は自信の無さが表れて付き合い方もギクシャクしてしまい、自然消滅に近い状態で別れてしまったけれど、忘れられない対象者への想いを叶えたく、弊社にご相談頂く事となりました。
S様の復縁には対象者が今現在何をしているのか?という問題と対象者が結婚していては難しくなるという事を伝え、まずは対象者を探す事からご提案させて頂きました。

S様も結婚していたら家庭を壊したくないとの事でしたので別れさせ工作については考えておらず、対象者を調査して判明させる事から始めました。
復縁工作のご依頼は対象者を特定させてからのご依頼になりましたが、対象者を特定させる為の情報をS様は持っていた為、一ヶ月程度で対象者を特定させる事が出来ました。

対象者を特定すると素行調査を行い、婚姻生活や恋人の有無等を確認し、対象者は既婚者でもなく恋人の存在も明るみに出ない事から復縁工作のご依頼をいただく形となりました。
対象者の情報は過去の物であり、今現在の情報収集をした後に対象者に工作員を接触させ、S様と別れてからの話しを聞き出します。
S様と別れた後に対象者は3人程の異性と交際しており、その内の1人と結婚を意識したものの、タイミングが合わず結婚の機会を逃したという話しを聞き出しました。
過去の恋愛話からS様の話しを聞き出すと、S様との恋愛を良い思い出の様に話す対象者の姿がありました。

思い出が思い出のまま終わっているのか、良い思い出を得た恋人だったからこそ懐かしさから恋愛に発展するのか?は工作員が話しを聞き出だそうとしてもなかなか喋らず、S様に話しをするとS様も複雑な心境を明かしました。
年齢をお互いに重ね、過去の思い出を良い思い出のままにしておく方が対象者にとっても幸せではないか?と考えたS様は復縁したい気持ちと関わってはいけない気持ちの狭間で揺れ動きます。

複雑な心境のS様の話しに耳を傾けているとどちらの選択肢が正しいのかS様自身も判断出来ず、担当者にもどちらが良いのか?という相談を持ち掛けてきましたが、人生を左右する様な選択肢を担当者が選ぶわけにもいかず、最終的にはS様が自分の意思で復縁に進む決断をしました。
S様が復縁に進む決意をした訳ですから、シッカリと後押しする姿勢を作らせて頂き、美化された思い出を更に良い印象を与える様に心理誘導していきます。
S様との思い出を懐かしさを感じながら話してくれた対象者の表情からS様の印象は決して悪いものではなく、再会したら恋愛に発展する可能性は大いに感じられ、対象者とS様を再会させる動きを取り始めました。

何年も会ってない対象者と会う不安をS様は担当者にこぼし、担当者も不安を出来るだけ和らげる様にS様の話しに耳を傾けながら電話やlineのやり取りを増やしましたが、S様の不安は再会の日が近付くにつれ上昇し、担当者と再会の日まで連絡を取り合わない日はない位にS様の不安を担当者は聞き入れました。
しかし、いざ再会の日が近付いた際に対象者から工作員にキャンセルの連絡が入り、仕事の都合でどうしても時間を取れず次の機会にして欲しいとの連絡が入りました。
一度キャンセルになった為、S様にもキャンセルを伝えるとS様は落ち着き、メンタルを取り戻します。

メンタルを取り戻したS様は次に工作員が対象者と約束を取り付けるまでに成長した自分を見せたいと意気込み、担当者も不安を口にするばかりのS様からやる気に満ちたS様の姿を見てアドバイスに熱が入りました。
人としての成長を復縁工作のご依頼をいただいた後も強く感じられ、担当者もS様の成長があっても復縁が叶わないなら仕方ないというところまでS様の成長が垣間見えました。

工作員と対象者のやり取りを続けていた為、キャンセルのお詫びの連絡が来ていた為、仕事が落ち着き次の約束を取り付け、S様と対象者の再会工作に移る手はずが取れる様になりました。
対象者の予定に合せてS様にも有給を取って頂き、仕事を休んで対象者との再会に当たりましたが、都合の悪い事に再度対象者からキャンセルの連絡が入ってしまい、対象者から何度も謝罪の言葉を工作員は聞きましたが、S様の落胆は表現しようがない位に落ち込んでいました。
対象者の状況に合せなければならない事はS様も理解していましたが再会に向けて意気込んでいたS様の落胆の気持ちも分かる為、担当者はS様を慰める声を掛け、縁がないかもしれない…と落ち込んでいたS様を勇気づけます。

工作員が焦って接触を図れば対象者が引いてしまう事も考えられたので対象者からの連絡を待つ形を取り、極力連絡を取らない手段に出ましたが、対象者を追い詰めない姿勢が功を奏したのか、対象者から連絡が入り、S様の再会に向けて3度目の行動に移る事になりました。
次は絶対にキャンセルにならない様に予定を調整したという対象者の言葉をS様に報告すると、S様は有給を取り、再度再会する為に準備を整えました。
再会時に偶然を装って再会を演出し、S様と対象者の偶然の再会を演出する事に成功し、再会したS様は今まで空振りした時の気持ちも込めて対象者にアピールします。
S様が自分をアピールするのと同時に工作員が対象者の背中を押す事でS様と対象者の関係は良好に進んでいき、連絡先を交換したS様と対象者の復縁に向けて進んでいく形が取れました。

再会から1ヶ月が経ち、ほぼ毎日の様に連絡を取り合うS様と対象者の間に恋愛感情が芽生え、対象者とS様が復縁にに繋がった報告をいただいたのはS様からになり、何年も想いながら叶う事が出来なかった復縁を成功させた復縁工作の成功事例になります。