恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬30%
復縁したい状況婚活アプリで完全に縁が途切れて復縁したい

婚活アプリで出会ったY様と対象者はメッセージのやり取りをアプリで行い、lineのIDを交換してやり取りを開始します。
初めて会った時に対象者から告白され付き合う事になったのですが、直接会うのは月に1~2度程度で、毎日lineのやり取りをしていたものの、なかなか会えない事に不満を感じたY様は対象者に『もっと会いたい』と常に口にする様になり、ケンカも増えて最終的には別れを告げられます。

Y様は対象者の事を今迄い付き合った事がないタイプと言い、対象者への愛情が過去にお付き合いした方々とは異なっていた事もあり、どの様に恋愛をすれば良いのかが分からなくなっていたとの事でした。
対象者への想いを消し去る事が出来ない事に気付いたY様は復縁を考えますが、対象者の連絡先はlineしか分からず、lineはブロックされ自宅も分からず手紙を送る事も出来ない事から復縁屋に頼らざるを得なくなってしまいました。
対象者がどこに住んでいるかも分からないのでY様が復縁を望む際に大きな問題が山積みにされていました。

Y様と面談させて頂いた際に対象者の情報を拝見させて頂きましたが、対象者を特定させるのはとても困難な情報しかなく、復縁工作の依頼を請ける前は対象者を特定出来るのか?が一番のポイントでした。
婚活アプリで出会った方々はお互いの連絡先を交換していないケースや、どこに住んでいるか等の情報が無い等、別れた後に再会するのがとても困難なケースがあり、Y様のケースも婚活アプリにありがちなケースで対象者がどこに住んでいるのかがY様との復縁で最大の難関でもありました。

頂いた情報を整理し、調査方法についてY様と打ち合わせさせて頂き、張り込みも含めてY様が持っている情報から捜索方法について話し合っていくと、唯一対象者を特定させる情報は対象者の仕事の業種であり、若干珍しい業種でもあった事から業種から対象者を特定させる調査方法を提案しました。
幸いに対象者の写真はあった為、対象者の写真を頼りに調査をすると時間は予想以上に掛かりましたが対象者の特定に成功します。

対象者を特定後、対象者の素行調査を行い、Y様が別れを告げられた原因以外の外部要因がないか?を調査しますが、他に異性の姿がある訳でもなく外部要因が理由で別れた事は無さそうであるという報告をさせて頂くとY様はホッとします。
復縁工作をする為に工作員を接触させる段階まで打ち合わせさせて頂き、別れの原因の裏付けや心理誘導を進めていく事になります。

別れの原因を聞き出しているとY様が考えていた別れの原因とは異なり、他に気持ちが冷めた理由があると対象者から聞き出します。
対象者への心理誘導を行う前に別れの原因についてY様と話し合い、Y様が気付かなかった問題点を改善して頂きました。
Y様に問題点を伝えた際に、Y様はハッとした表情をし、自分では気付いていたけれど気にしていない事を対象者にしていたのが原因で別れに到った事に初めて気付きました。

別れを告げられた理由に気付き、対象者との復縁に真剣に向き合える事が出来たY様の自己改善と同時進行で心理誘導を行い、Y様との良い思い出を対象者の中で蘇らせます。
Y様との付き合いは決して嫌だった訳ではないけれど、後々を考えたら嫌いになるかもしれないので気持ちが強くなる前に別れを切り出した対象者はY様との復縁を少しづつ意識していきます。
復縁を意識しだした対象者とY様を再会させる為に再会工作をする頃には対象者から『lineのブロックを解除するかで悩んでいる』との言葉を聞き出します。

対象者から聞き出した言葉で再会工作をして再会させれば復縁はほぼ確実という状態まで作り上げ、工作員を利用して偶然の再会を作り出し、復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。