恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域N様 大阪
契約期間と料金4ヶ月の契約 140万円 成功報酬30%
復縁したい状況復縁成功の可能性が分からない状態から復縁

N様と対象者の交際が始まりは婚活パーティーでの出会いがキッカケとの事でした。
結婚願望が強かった為に様々な婚活パーティーに足を運んだ中で一目惚れをし、交際に到った対象者と交際したのは4か月程度で対象者から突然の別れを切り出され、納得がいかなかったN様は対象者に怒りをぶつけてしまい、連絡先を全てブロックされてしまったとの事でした。
結婚を意識していたN様の立場で考えれば突然の別れに慌てる気持ちも分かりますが、弊社にご相談頂いた時にはN様も落ち着いており、なぜ怒りをぶつける様な事をしてしまったのか?について頭を悩ませていました。

冷静になればなるほどN様は自分の言動で対象者を傷付け、怒らせてしまった事に気付き、自分の身勝手な言動を後悔して弊社にご相談頂いた様でしたが、状況的にもとても悪く、復縁工作をしても成功する見込みがあるのか分からない状態で復縁工作のご依頼をいただく形になりました。
復縁工作が成功するか分からない理由の一つに突然の別れを切り出された理由が全く分からず、N様から話しを聞いてもなぜ別れを告げられたのかサッパリ分からない程、理由に見当がつきませんでした。
対象者へ束縛するでもなく、デート中はとても楽しく明るい性格の対象者とお互いに楽しめていたとの事で、話しを聞けば聞く程、N様が別れを告げられた理由の予測が出来ず、成功するのか失敗するのかの見込みが立てられませんでした。

しかし、N様は何もしなければ復縁は無い事と、連絡手段が全て閉ざされた状態の為、自分では何も出来ない事を理解していた為、藁にも縋る気持ちで復縁工作の依頼をするしかないという状態の様でした。
対象者との関係等、交際期間にあった出来事も細かくお伺いさせて頂き、復縁工作の方法は状況に合せてその都度打ち合わせしていく事で合意し、復縁工作の契約書を交わす事となりました。
情報を元に対象者を調査し、まず考えられる原因の一つである他に気になる異性が出来た点を調べる形を取りました。
しかし、対象者が異性交遊をする事もなく、対象者は平日は職場と会社の往復で実家住まいの為かどこにも寄らずに定時で帰る生活を送っていました。

実家暮らしの対象者に通勤、退勤の際に接触するのは難しく、休日を利用して外出する際に接触する以外に方法はありません。
接触の仕方にもよりますが、休日を待って対象者の行動を調べると一週目は対象者は外出せず、二週目もコンビニに行く程度で部屋着の様な格好で外出する姿を見ただけになりました。
平日は会社と家の往復で休日は家からほとんど出ない生活になりますが、接触の為に待機していた工作員が不自然な事に気付きます。
実家住まいのはずの対象者以外に自宅から誰も出て来ない事に気付き、不自然さを感じとりました。

平日の実家の様子を伺ってみると、足腰を悪くしているであろう恒例の女性が出入りしている姿は見えましたが、それ以外の人物が家から出入りしている姿は確認出来ず、N様から伺っていた話しでは両親とも健在のはずが父親らしき人物の姿は確認出来ませんでした。
自宅内の状況が分からない為、工作員にセールスマンのフリをさせて自宅の情報を聞き出す方法を取り、上手くいけば話しを聞き出せる程度で行ったセールスマンの作戦が成功し、状況確認をする事ができました。
対象者の家庭は数か月で激変し、父親が不倫相手と一緒になると言って出て行ってしまった事と、そのショックで母親の気がおかしくなり、対象者は精神体に少しは落ち着いて来たものの余裕がなくなって彼女と別れたという話まで聞き出す事に成功しました。

そこまでの情報を聞き出す事が出来るとは露程にも思っていなかった為、ビックリしたと同時に対象者が1人で寂しい時間を過ごしているであろう事にも気付き、N様に報告させて頂くと対象者が辛い状況にも関わらず追い詰めるような事をしてしまった為、別れに到ってしまった事を後悔するN様の気持ちは伝わりましたが、同時に復縁を成功させる方法も提案する事が出来ました。
依頼を請けて初めて復縁の可能性が見えてきた部分であり、同じ手法で対象者に接触する事は出来ませんが、完全に外部要因での別れの為、復縁の芽が見えてきた事で工作員も担当者も俄然やる気が変わって来ました。

退所す屋の状況を知ったのでN様のやる気もみなぎっている事が分かり、協力して復縁を目指す姿勢が整います。
あとは工作員の接触ポイントを探すのみで接触さえすれば心理誘導を行う方法も準備で来た為、接触に備えて調査員が奮闘します。
対象者との接触ポイントがあがってきていなかった為、再度対象者の行動を洗い直し、どうにか接触出来る場所と方法を見つける事に奮闘します。
しかし、接触ポイントがなく、別の工作員を接触に考えていましたがセールスで使った工作員を退勤時に接触させ、対象者との関係を構築する手段を用いました。
対象者にセールスで使った工作員を接触させると、何故セールスで使った工作員に色々な状況を話してくれたのか?も判明します。

セールスで使った工作員は対象者の学生時代の親友に顔が似ていたとの事で対象者の両親とも会った事がある対象者の親友に懐かしさ等の感情が溢れて来て様々な話しをしてくれた事が分かりました。
対象者との連絡先の交換も出来、N様の依頼は運の要素がとても強かったのですがN様との復縁に向けた心理誘導を進めていき、人間関係を濃いモノにして行きました。
N様との別れについても聞きだしていくと、N様の優しさがN様を苦しめるかと思い、将来を考えた時にN様の時間を奪ってしまいかねない事考えた末に別れをつげた時にN様の怒りを買ってしまい、どうせなら嫌われて別れようと決断した為、連絡も全て途絶える形を取り、N様との復縁を考えてしまう自分い制御を掛けていたと対象者は口にしました。

傍から聞いていると思いあっている2人が家庭の事情によって縁が切れた2人の様に見え、王索引も担当者もなるべく早い段階で復縁させてあげたいという気持ちで復縁工作を進めていきましたが、対象者の闇は深く、スグに復縁を考えるほどの気持ちの余裕もない事が分かり、N様も対象者が落ち着くまで我儘を言うつもりはないと仰いました。
少しづつ対象者の心が解け始めた状態を工作員も実感していましたが、頃合いを見て対象者のlineのブロックを解く様に促しました。
踏ん切りがつかない対象者のlineのブロックを解除させる事に成功させ、N様へ連絡させると、対象者にN様からおかえりというメッセージを送らせ、対象者からN様にただいまというメッセージが送られ、直後に対象者からN様に電話をさせる形が取れて復縁に繋がった復縁工作の成功事例になります。