恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
復縁したい状況復縁したい相手がどこに住んでいるか?も分からない

婚活アプリで対象者と出会ったS様は別れてから彼の事を何も知らない事に気付きます。
住んでいる場所も電話番号も分からず、勤務しているであろう会社は分かっているモノの、会社の規模が大きく、支店も多数ある為、どこの支店に出勤しているかも分からない状態との事でした。
ほとんど元彼の事を分かってない事に別れてから気付き、自分ではどうにもならない事が分かり、復縁屋を頼らざるを得なくなったとの事でした。
S様のケースでは元彼と連絡がつかない、元彼がどこにいるかも分からないとの事でしたから、元彼の調査を行い、居場所を特定させる事から提案させて頂く事となりました。

SNS等のツールは一切使っておらず、出会った婚活アプリも退会し、S様が持っている情報を頼りに探す以外に方法はありませんでした。
S様の持っていた情報は物理的な情報は分からないモノの、対象者と会話した内容等を掘り下げて聞かせて頂き、手掛かりとなる情報を精査します。
S様が交際時に交わした会話やlineのやり取りの中に対象者を特定させるヒントが多数盛り込まれており、対象者の判明をさせる材料はある程度揃っていました。

対象者の特定まで時間は少し掛かりましたが対象者の特定が無事に成功し、対象者に工作員を接触させる運びとなりました。
対象者が今何をしているのか?をS様は気にしていたので復縁工作の前に素行調査をして欲しいとの事で、対象者をもっと知ってから工作員を接触して欲しいとの言葉でしたのでS様の要望に沿って依頼を進めていく事となりました。
対象者の事を交際していても全く分かっていなかった事を後悔しているからこその判断の様でしたが、対象者の素行調査で得た情報を報告すると喜びの声も頂きましたが対象者の事をほとんど知らなかった自分にが悲しくなったとの声も同時に頂きました。

対象者の行動や対象者の写真を送るだけで若干満足している感もありましたが対象者への接触を早目にさせて頂き、復縁工作を進める形をとらせて頂きました。
工作員を接触させてS様との関係や別れの原因について聞き出す様に進めていき、S様との関係性について接触した後に聞き出す事に成功します。
S様の要望で素行調査を予定よりも多く取らせて頂いた為、調査で得た情報を利用して対象者との接触も成功した後も人間関係の構築もし易くなっていました。

対象者との人間関係が構築された後にS様の話しを聞き出すのも難しくなく、ストレートに話しが進みます。
別れた原因はS様との交際に疲れた事が原因であり、S様には言えない秘密を対象者は抱えていました。
工作員と対象者が接触して話しを聞き出していくと対象者の抱えている様々な秘密を耳にする事となりました。

対象者の秘密に関しては本人を特定させてしまうものである為、割愛させて頂きますが対象者の抱える秘密がネックとなり、交際が破局した事は一目瞭然でした。
破局した理由やS様が対象者の事を何も知らなかった理由も分かり、対象者から聞き出した情報を報告させて頂くと電話口で涙をすする音がしました。
お互いに別れたくないけれど別れなければならなかった事情が分かり、復縁に向けて心理誘導を行っても対象者が抱えていた秘密が問題になり、復縁したい気持ちは垣間見えましたが復縁へと進めませんでした。

工作を行っても最後の一歩を踏み出せない対象者の状況をS様に報告すると、秘密の内容を理解したS様は無理矢理でも再会できる形を求めました。
再会出来る形を無理に作りだし、気持ちが傾いている事を利用する手段になり、多少強引ではありましたが、S様と対象者を再会させる事となりました。
対象者との再会を進めていき、偶然の再会を作り出して対象者とS様が再会した時、対象者は膝から崩れ落ち、S様に何度も謝罪を繰り返していました。
何度も謝罪を繰り返す対象者に『私の事好きだった?』とS様が言葉を発し、『その気持ちに嘘はない』と伝えた後にS様から『復縁したい』と口にし『許してくれるなら復縁したい』と対象者から返答があり、復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。