弊社には多数の復縁工作が成功した事例があります。

復縁工作の成功事例は元依頼者様より掲載許可を頂いていますがプライバシーの問題等がありますので若干の修正や元依頼者様と認識出来ない様にしてあります。

対象者が万が一弊社ホームページに辿り着き、工作員が接触していた事や元依頼者様が復縁工作の依頼をしていた事が絶対にバレない様に配慮した上での掲載許可となっておりますのでご了承下さい。

各事例と似た状況であっても対象者の性格や行動等の違いがある為、必ずしも同じ方法で挑めば成功する保証のあるものではありません。

復縁工作のご依頼を頂く際の参考程度にお考え下さい。

些細なケンカで別れた元彼との復縁を叶えた復縁工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域T様 看護師 27歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬10%
別れた状況元彼との些細なケンカが原因

T様からご相談頂いた際に元彼とのケンカの内容についてお伺いさせて頂きました。

些細なケンカが原因との事でしたが些細なケンカとはどういった内容なのか?をお聞かせ頂かなければどの程度の問題なのかが分かりません。

日常的に口論があり、交際歴1年の間にケンカは数えられない程度になり、元彼を傷付ける決定的な言葉をT様が発してしまった為、復縁工作のご依頼を頂く事となりました。

元彼がどの程度傷付いてしまったのか?が分からなければT様も謝りたくても謝り方を間違えてしまいます。

謝るキッカケも欲しいし、謝り方も分からないとの事でご依頼を承る事となり、契約書を交わして着手金のご入金が確認後に復縁工作の着手を致しました。

対象者に他の女性との交遊がないか?を確認する調査も行い、対象者と工作員を接触させる場所を特定させていきました。

T様と打ち合わせさせて頂き、接触ポイントや接触方法について事前に決めた形で対象者と接触すると無事に成功します。

対象者と工作員の人間関係を深める交流を行っていく上で対象者から別れの原因となった点の聞き出しに成功します。

T様が考えていた別れの原因とは異なり、爆発したキッカケは対象者を傷付けた一言だったけれど以前から別れを意識していた事も分かり、T様には対象者が抱えていた不満を聞き出すとT様にアドバイスを行い復縁する為に自分を変える努力をして頂きました。

T様の自己改善と同時に工作員が復縁に向けた心理誘導を行う事で対象者は抱えていた不満を工作員に吐き出せていた事も手伝って少しづつですが復縁を意識します。

対象者は不満の捌け口がなく、常にT様から不満をぶつけられていた事でストレスが溜りに溜まって爆発してしまった事も分かった為、自己改善を進める為のアドバイスをさせて頂きました。

決定的にT様が変わったと言える部分は依頼前にはお世辞にもあまり他人の話しを聞くタイプではなかった事が他人の意見に耳を傾ける事が出来る様になっており、担当者から見ても明らかに別人の様になっており、職場の病院でも周囲の反応が全く変わったとの事でした。

自己改善や心理誘導が終わり、再会させる為の工作に進んだ際に不満の捌け口がなかった対象者に不満を与えない約束を言葉ではなく態度で表したT様は復縁が成功した復縁工作の成功事例になります。

浮気が原因で別れた元彼女との復縁を叶えた復縁工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 建築業 33歳 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 110万円 成功報酬30%
別れた状況S様の浮気が原因で別れを告げられた

S様は友人に誘われた飲み会に参加し、元カノには伝えなかった事が原因で別れを切り出されてしまいました。

浮気を疑われ、S様は浮気はしてないと言い張っていたものの元カノはたまたま会ったS様の友人から飲み会の話しを聞いてしまい、浮気を疑われてしまいました。

面談時に正直なところを伺ってみましたが実際には浮気をしようとしたけれどホテルに入ってから寝てしまい、本当に何もなかったけれどホテルに入った事は元カノに言える訳もなく、疑いを晴らそうにも晴らす術なくひたすら謝ったけれど許してもらえなかったとの事でした。

復縁工作の契約書を交わして着手金の入金後、浮気してない事を証明する形を工作員が取る為の接触を計る方法に着手致しました。

調査段階で対象者に異性の交遊がない事を確認し、接触ポイントを特定させて工作員を接触させる事に成功します。

S様と打ち合わせをし、対象者の趣味、嗜好等をプロファイリングして作ったシナリオ通りに動き出すと対象者は工作員の話しに共感し人間関係の構築もスムーズに行きます。

女性同士の会話なので元彼の話しになり、対象者からS様と結婚を考えていたけれど裏切られたとの言葉を聞き出す事も成功しました。

対象者から裏切り者扱いされていたS様に聞き出した情報を元にアドバイスを進めていくと元カノを裏切ってしまった自分の罪に対して泣いてしまう事もありました。

今後浮気しない様に自己改善をするのではなく元カノだけを愛する為の自己改善を行い、S様の元カノへの想いは更に強いものとし、対象者への心理誘導も進めていき、元カノも彼氏を求める様になります。

愛されたい。と口にする対象者に工作員が復縁を少しづつ進めていくと対象者の気持ちが揺らいだ瞬間がありました。

工作員が復縁ではなく再会を促していくとS様との再会に踏み切ります。

再会したS様と対象者の間で行われた会話のフォローを工作員がする事でS様の浮気は不問にはならないものの一度だけチャンスをもらえるとの事で復縁に応じてくれた復縁工作が成功した事例になります。

元妻との再婚を求めて依頼を頂いた復縁工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域K様 自営業 45歳 東京
契約期間と料金6ヶ月の契約 150万円 成功報酬40%
別れた状況結婚生活で積み重なったストレスが原因

K様と元奥様は学生時代からの交際でK様が大学を出て就職した頃に長男をもうけます。

長男も大きくなり、完全に手が離れた事である日突然K様に離婚届を渡し、離婚を申し出されてしまいました。

突然の出来事に受け入れられなかったK様も離婚調停まで起こされてしまい、これ以上奥様を苦しめたくないという想いから離婚を受け入れますが奥様への想いを捨てきる事が出来なかった為、復縁工作のご依頼を検討し、ご依頼を頂く事となりました。

K様から情報を頂き、対象者の調査をするとK様と離婚したからなのか初めて対象者を見た調査員はとても明るい表情をしている事を確認します。

対象者の写真を撮影し、K様にご報告させて頂くとK様は妻にとって離婚したのは正解だったのかもしれない。と心を悩ませていました。

調査過程で判明した接触ポイントを利用して工作員の接触に成功した事を報告するとK様は苦しみながらも期待している気持ちを担当者に伝えて下さいました。

対象者への接触を成功させて復縁工作に入っている間に聞き出した事を報告している時もK様はメモに取り、自分の抱えている問題点を改善しようと必死でした。

工作員が対象者から聞き出した情報を元にアドバイスをさせて頂き、対象者にはK様との復縁に向けた心理誘導を進めていきました。

家庭内別居とはいかないまでも今後の人生を考えた上で何かあった時に知り合いがいた方が安心である事を話の流れで進めていくと最初は拒否していたものの復縁を意識はしてないけれどK様と連絡を取り合う様に自発的に対象者が動きだしました。

学生時代からの知り合いだけあり、K様との関係は居心地が良かったとの事で居心地の良さが逆に苦しかったという対象者は距離を空けながらの関係の再構築には前向きな意見が出て来ました。

K様には元妻への対応の仕方もアドバイスしていき、2人は結婚時とは違う関係の作り方を作り出し、復縁成功に繋がった復縁工作が成功した事例になります。

婚活で出会った元彼にlineをブロックされて復縁した復縁工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域K様 会社員 28歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れた状況lineがブロックされて連絡が取れない

K様は婚活で出会った元彼との復縁を望んでいたものの突然lineをブロックされ連絡が一切取れない状態になり、復縁したくてもどうにもならない状態になってしまったとの事でご相談頂きました。

どこに住んでいるかもあやふやにしか分からない状態になり、復縁は絶望的になってしまい、復縁してくても1人ではどうにも出来ない問題を抱えてしまい復縁屋に辿り着いたとの事でした。

面談をさせて頂いた際に拝見させて頂いた情報の中で元彼を探す情報が含まれており、元彼を探す事は可能であり、lineのブロックも解ける見込みがあった為復縁工作の依頼を承る事となりました。

lineのブロックをされる理由がK様には分からなかった為、何故lineのブロックをされたのか?という元彼の心理状態もお伝えさせて頂き、ブロックを解除してもらっても同じ事を繰り返さない様に説明させて頂きました。

復縁工作の契約を交わさせて頂き、対象者を探す事から着手させて頂きました。

元々婚活で出会った元彼の為、お互いの事を知っている様で、いざとなったらlineしか分からず元彼の事を何も分かっていない事に気付きます。

元彼の事を別れてから初めて何も分かっていなかった事に気付き、lineのブロックを解除すれば復縁できるかもしれない…と思い込んでいた事も状況的にブロックを解除しただけでは復縁できない事をシッカリと理解して頂き、担当者からのアドバイスに真剣に耳を傾けて頂ける事となりました。

元彼の住まいを調査で判明させ、工作員を接触させるポイントを判明させ、接触に成功します。

対象者に工作員を接触させると元彼と人間関係を築き上げた後に元恋人の話しを聞き出す様に会話を誘導し、K様との交際について聞き出す事に成功します。

lineのブロックをした理由、別れを告げた理由等、K様は思い当たる節がないとの事でしたが、対象者から話しを聞いているとlineをブロックされた理由等が分かり、別れの理由となった部分を改善して頂く形を取り、対象者にはlineのブロックを解除してもらえる様に促します。

工作員の心理誘導の結果、lineのブロックを解除させる事が出来、K様の元に連絡が入ります。

lineのやり取りを添削させて頂き、K様とのlineのキャッチボールが順調に進んでいきました。

同時進行で工作員が対象者に向けて心理誘導を進めていき、対象者が誤解してlineをブロックしてしまった事も責めないK様の印象を良くさせる様に仕向け、少しづつ復縁を促す様に誘導していきました。

lineで復縁の話しをさせるのではなく、まずは再会する形を取らせ、K様が以前とは別人の様になっている事を印象付けて異性として再認識させる事にも成功し、元彼から『復縁しよう』と告白され、復縁工作が成功した事例になります。

復縁する方法が全く分からない相談者の復縁工作が成功した事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 会社員 28歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬20%
別れた状況元彼と復縁する方法が全く分からなかった

M様からご相談頂いた時、復縁する方法についてお問い合わせ頂きましたが復縁する方法についてM様が実行していた内容を聞かせて頂くと自分磨きに励んで外見を変える事や仕事を頑張る事で復縁できると考えていた様でした。

復縁の基本から説明させて頂き、M様が考えた方法では復縁は難しい事をお伝えすると何がダメで何をすれば復縁できる可能性を上げる事に繋がるか?を理解して頂き、理解して頂いた上で元彼と復縁するには1人で復縁活動をしても難しい事に気付かれました。

1人で行動しても難しいことから復縁工作のご依頼を頂く事となりましたがM様は別れの原因となる部分もご理解頂いてなかったので別れの原因を知り、自己改善をシッカリと行う約束をして頂き、復縁工作のご依頼を頂く事となりました。

元彼の情報をM様から頂き、対象者を調査する事から始めていくとM様は本当に復縁できるのか?という不安を抱えていらっしゃいました。

抱えた不安を解消するには自己改善の努力をして頂くしかなく、M様には自己改善の努力を求め、弊社は元彼に復縁を意識させる様に努力をさせて頂く約束をさせて頂きました。

対象者の調査も順調に進み、工作員を接触させる事に成功するとM様との別れの原因を聞き出せるほどの人間関係を構築する事に成功します。

別れた原因はM様の交際経験の少なさが招いた事であり、元彼はM様と交際している事に不満を感じていた事が分かります。

元彼を満足させられる様な交際の仕方が求められ、元彼から聞き出した情報を元にM様にアドバイスをさせて頂きました。

自己改善に励み、元彼と復縁したい一心で努力を重ねたM様は職場の同僚からも告白される様になり、人生観が若干変わったと仰いました。

考え方等が変わった事が分かり、元彼に復縁を意識させる様に心理誘導を進めていくと物足りなさを口にする元彼の心を揺さぶるには決め手に欠けていた為、復縁するまでの意識は少なかったのですがM様と元彼を再会させる形を取りました。

元彼とM様を偶然の再会を装って再会させると同僚からも告白されるほど女性としての魅力をあげたM様は一目で元彼から好印象を受ける事が出来、元彼との会話も弾みます。

復縁を意識させる会話をさせず、後日工作員と元彼が食事をしている時に元彼から『この前話してた前の彼女が可愛くなってたんですよ。』と告げられ、復縁の脈を感じます。

元彼に復縁を意識させる会話を工作員が行い、心理誘導する事で元彼の中に復縁の意識が芽生えた事で積極的に元彼からM様に連絡が入り、復縁に成功した復縁工作の成功事例になります。

様々な形の復縁工作の成功事例

様々な形の復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例:弊社では様々な成功事例があります

復縁には様々な成功事例があり、復縁したい方々は復縁成功者の成功事例を元にして復縁活動を行います。

復縁は絶対に正しい方法がある訳ではなく、人それぞれの状況によって異なりますが、自分のケースに似た経験談を探し、それに当て嵌めようと考える方は少なくありません。

弊社でも様々な形で復縁成功にご協力させて頂いてますが、状況が全く同じ方はいない為、全て異なった方法で復縁を目指して頂き、復縁成功に漕ぎ着けています。

復縁アドバイス、復縁工作、方法は様々ですが、復縁成功者が如何にして復縁に繋げたのか?の参考にして頂ければと思います。

復縁工作の成功例:夫の浮気&不仲が原因で別れた夫婦

依頼者S(以後依頼者)は夫が不倫している事と、不倫する前からの夫婦仲の不仲が原因で離婚に応じたものの、離婚してから夫の大切さに気付き復縁を望む様になります。

復縁を望むものの、離婚した夫の気持ちは完全に離れており、離れた気持ちを取り戻す為にSが出来る事は何もなくなっていました。

出来る事がなくなり、復縁屋に頼むしかない状況で復縁工作の依頼をする為に4社程面談を繰り返しますが、どの復縁屋も同じ様な事を言うだけで、何が違うのかが分からないので決めかねている内に弊社にご相談を頂きました。

復縁工作でどの様に接触するか?を説明されていたようですが、弊社ではどの様に復縁するか?についての説明をさせて頂きました。

Sの状況では復縁工作のポイントは2つあり、2つのポイントを抑えて説明すると復縁に繋がる事がやっと見えたとの事でご依頼を頂く形になりました。

  • ※Sの状況での復縁工作のポイント
  • 対象者に復縁を意識させる方法
  • S自身が抱えている問題点の改善

Sに限らず復縁工作はポイントを間違えなければ成功する可能性は高く、他社では上記二つのポイントを説明するのではなく、対象者と接触する方法ばかりを気にする為、成功率を上げる事には繋がりません。

ご依頼後、直ちに復縁工作に取りかかり、事前調査を行い工作員を接触させる事に成功します。

当然工作員を接触させるだけで復縁できる訳ではないので接触させた後の行動が重要になります。

不倫相手を別れさせ、復縁に繋がるまでのシナリオ通りに進めていく中、S自身が抱えている問題を改善し、Sと対象者の再会に漕ぎ着けます。

再会後は夫婦仲が破綻した理由についてSの考えた反省、後悔が対象者に伝わり、少しづつ距離が縮まりますが再婚までは契約期間内に漕ぎ着ける事は出来ませんでした。

アフターフォロー期間の間に子供を利用する事や接し方のアドバイスを行い、婚姻関係があった頃よりは良い関係を築けているとSからも対象者からも聞き出せましたが、再婚となるとハードルが高く、縁を取り戻す事は出来たけれど目的には届く事無く終わってしまった復縁工作の成功事例になります。(工作期間4ヶ月 40代女性 東京)

復縁工作の成功例:夫婦関係が悪化し離婚話をされている

夫婦関係が悪化し、離婚話しをされている状況で弊社にご相談頂く方も少なくありません。

依頼者Fも離婚回避をする為にお一人でもがいてもがき抜いたけれど、状況は悪化していく為、完全に離婚が見えてしまい復縁工作に頼らざるを得ない状況になったと仰います。

復縁工作に頼らざるを得ない状況になり、お金を掛けてまで離婚を回避するか、お金を掛けず離婚するしかない道を選ぶかを悩み、離婚回避の道を選んだとの事でした。

夫婦関係の悪化を改善していくには、変えたいと思うFの意志の強さが求められます。

Fの離婚を回避し、復縁したい気持ちがどの程度あるのか?によって離婚回避の方法を実践できるかどうかも変わり、離婚を決めていた夫の考えを変えるのもF次第である事が分かります。

しかし、大抵の方が自分次第で離婚を回避出来る!と考えますが、離婚回避の方法が分かりません。

分からないまま離婚回避に向けて努力しますが、間違った方向に進んでしまう為、復縁工作に頼らざるを得なくなります。

Fと復縁工作の契約を交わした後は対象者の情報を頂きながら、工作員を接触させ、接触させた工作員が情報を抜きだし、Fがやらなければならない事をアドバイスし、問題を改善する為にご協力させて頂きます。

何が間違っているか?についてF自身が気付いていた事とは全く異なるアドバイスが出て来るので、Fは担当者からアドバイスをされる内容に『なるほど…確かに…私が間違ってますね…』を繰り返します。

大抵の方が『なるほど…確かに…私が間違ってますね…』を繰り返しますが、Fも同様で、自分で頑張っていた事が間違っていた事に復縁工作のご依頼を頂いて初めて気付きます。

気付いたなら改善する事は出来ますが、多くの方が気付くまでにいかないので気付かないまま努力を繰り返してしまい、復縁に到りません。

Fも気付いたところで改善しなければ意味があるモノではないので、弊社のアドバイスによってFの問題点を改善していき、改善していく姿で夫に接していくと夫からの接し方が変わっていきます。

Fの変化に工作員の後押しも手伝い、夫の気持ちが少しづつ傾いていき、復縁に向けて少しづつ状況が変わっていきます。

離婚に応じなければ別居を切り出していた夫が別居を切り出さなくなり、帰宅時間も少しづつ早くなり、行動にも夫の変化が表れ、夫から会話を切り出す機会も増えて少しづつ夫婦の関係が再構築されていきます。

契約期間が満了になる頃には2人でデートに行く回数も増え、出会った頃までにはいかなくても良好な関係が再構築された事が確認出来、復縁工作が成功した事例になります。(工作期間3ヶ月 30代女性 東京)

復縁工作の成功例:対象者に新たな彼女が出来た可能性が?

依頼者A(以後依頼者)は知人の紹介で40歳の男性(以後対象者)と2年程交際を続けていましたが、別れ際に『会う度に些細な事で喧嘩が絶えないのが辛かった』と告げられて弊社にご相談頂きました。

復縁相談時に復縁したい気持ちを強くお持ちの方という印象がありましたが、電話相談を頂いた当日に面談で話しを聞きたいとの事で担当者が直接お話しをお伺いさせて頂きました。

話しをお伺いさせて頂いていると、対象者には新たな彼女が出来た可能性があり、早急に何とかしなければ依頼者の復縁はないと考えた為、面談も当日行わせて頂き、ご契約を交わさせて頂きました。

対象者の生活サイクル、性格や趣味、交友関係、lineのやり取り、付き合っていた時の交際内容をお伺いさせて頂き、依頼者は女性の影について心配していましたが弊社の見立てとしては新しい恋人ではなく問題は依頼者の接し方に問題がある様に見えた為、新たな恋人の有無を調べる調査と原因を聞き出す工作を開始する事となりました。

調査期間を3週間ほど設けましたが、新しい彼女と会っている形跡はなく、依頼者が何故新しい彼女が出来たと思ったのか?についてのヒアリングを行った際も確たる証拠がある訳ではなく、素っ気なさから彼女の存在を疑ったとの事でした。

対象者に接触して話しを聞くと、『最近彼女と別れたばかりだからスグに彼女が欲しいっていうか独り身で楽になった』という言葉を聞きだし、新しい彼女の可能性は消滅します。

他に彼女がいないのなら復縁についての見解を工作員が聞き出す方向にシフトしていきましたが『元カノは僕への執着が強すぎるっていうか疲れちゃって言い合いになると泣いちゃうし精神的に疲れて別れた』という話しを聞き出します。

『嫌いな訳じゃないけど仕事のストレスとか溜まってたりしてなんかもう良いやってなっちゃって別れたんです』という言葉を聞き出した為、別れの原因を改善する為に依頼者にアドバイスをさせて頂きました。

対象者を信じられないのが原因の1つであり、依頼者は『今度から彼を信じます!!』と仰いますが、『信じる!!』と言えば信じられるものではない為、信じられる為に何をすべきか?をアドバイスさせて頂き、自己改善に励んで頂きました。

依頼者と対象者を再会させても良いかな?というところまで弊社の自己改善プログラムを行った結果、高める事が出来、依頼者に努力して頂いている最中は工作員が対象者に復縁の良さを伝える心理誘導を行っていた為、2人は再会を果たします。

執着心が取れ、彼を信じる姿勢をアピールする事が出来、対象者から『前は一緒にいると疲れちゃったけど今日は楽しかったよ』という言葉を聞きだし、数日後、対象者から『今みたいな感じなら復縁しても良いかな』という言葉を聞きだし、復縁成功に到った復縁工作成功事例になります。(工作期間3ヶ月 30代女性 東京)

復縁工作の成功例:ケンカが絶えず夫が家を出た

ケンカが絶えずに出て行った夫との復縁を望んだ依頼者B(以下依頼者)は結婚5年目で、4歳になるお子さんがいる普通の家庭でした。

表面上は仲の良い夫婦に見えましたが、家庭内では常にケンカを繰り返し、夫(以下対象者)に離婚届けを突き付けられ、夫はそのまま家を出て行ってしまいます。

対象者に何度も帰って来て欲しいと伝えても『ケンカばっかりで家に帰っても休まる事はないし離婚しよう!』の一点張りで依頼者の話しを聞く事もなく連絡方法もlineのみとなってしまいました。

電話をしても出ず、lineを送っても業務連絡のみになり、通常の会話は無視をされてしまい、4歳のお子様の事を考えると絶望的な未来が見えてしまい、弊社を頼って頂く形になりました。

離婚届へのサインをしてしまえばトントン拍子で離婚が進んでしまう事から、離婚届けへのサインをせず弊社が工作員を派遣して復縁に向けて心理誘導する方法を提案させて頂きます。

復縁工作の方法は4歳のお子さんをとても可愛がっていたという対象者の姿を説明して下さった依頼者の話しを信じ、子供を利用した復縁工作の心理誘導を行う事となりました。

子供への愛情を強く持っている人物の場合、子供との思い出や今後の成長を想像させる事で離婚回避の妥協点を見出す事が出来るケースがあります。

依頼者とのケンカが絶えなかったという点に関して、依頼者の話しを聞いていると自分の主張ばかりを対象者に押し付けようとしていた事が分かり、必要な主張と必要ではない主張の仕方についてアドバイスさせて頂き、対象者の主張も受け入れる姿勢を身に着けさせる事に成功します。

工作員の心理誘導によって対象者が『子供に会いたいな…』という言葉を出し、取り敢えず子供の姿を見に行かせる事に成功し、依頼者に自分の主張をさせるのではなく、子供の話しを担当者がアドバイスした通りの内容でさせる事で『自分が意地を張れば〇〇(子供の名前)の将来が可哀想か…』という言葉を出させた後に対象者から復縁の条件を出されて、条件を飲んだ依頼者との復縁が成功しました。(工作期間4ヶ月 20代女性 東京)