恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域F様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬10%
復縁したい状況連絡は取り合っているけど復縁に進まない

F様は半年前に彼女と別れてしまい、連絡は取れているモノのlineの返信も付き合っていた頃よりも格段に減り、どうにか復縁しようと頑張って来たものの復縁の糸口すらも見つからず悩んでいたところでご相談頂きました。
lineで連絡が取れていた為、復縁工作を提案しなかったものの自分お力では復縁は難しいとのご相談を頂き、復縁工作の依頼を頂く事となりました。
F様は別れの原因を理解していた様で、別れ話の内容も全て録音しており、対象者がどんな理由で別れを決断したのか?を真剣に悩んだモノの、悩んで自己改善した姿をアピールしようとしてもなかなか復縁を受け入れてくれず、lineの連絡も減っていき、別れの原因が間違っていたのではないか?lineの送り方が間違っていたのではないか?とネガティブに考え過ぎてしまい、負のループに陥ってしまったとの事でした。

何をどうすれば復縁できるのかで悩み、悩んだ末に復縁相談を頂いたのですが復縁活動に疲れた表情を時折見せるF様に労いの言葉を掛ける事は出来ず復縁工作の方法を説明させて頂きましたが、もう復縁工作に掛けるしかないんです。との言葉がF様から聞かされました。
F様の状況をお伺いさせて頂き、どんなlineを送っているのか?そして別れ話で出た内容でどんな事を気を付け、復縁活動を行っていたのか?について聞かせて頂きました。
F様が行ってきた復縁活動は別れ話の際に出ていた内容とは全く異なる自己改善を行っており、それでは復縁は難しい事を理由も合せて説明させて頂くとF様も多いに納得してメモを取っていました。

やらなければならない事が間違えていたF様は自分で復縁活動をしても復縁に辿り着かない事を悟り、復縁工作に懸ける想いを語って下さり、復縁工作の契約書を作成して着手金の入金確認後に着手に到りました。

対象者とのやり取りをしているlineの内容を全部送って頂き、何がいけなかったのか?を分析させて頂いた情報を元にアドバイスを行いながら調査を進めていき、対象者の素行調査を行いました。
対象者は1人で外出する事が多く、誰かと会う訳でもなく買い物をしたり散歩をしたりと1人行動の多さが目立ちました。
1人行動についてF様に伺うと、F様は対象者はもっと社交的で友人が沢山おり、休日は友人達と会うモノだとばかり考えていた様で対象者の行動について初めて知った事の多さに驚いていました。

調査と同時に対象者にF様から送るlineの内容も添削させて頂き、添削したメッセージを送るとF様が送っていた頃よりもテンポ良く返信が返ってきます。
lineのメッセージのやり取りについてもアドバイスしながら、F様が送るメッセージと何が違うのかを理解してもらいつつ対象者に工作員が接触に成功し、F様との交際についての話しを聞き出していきました。
対象者がF様と交際していた頃の話しを聞き出すとF様は対象者に向き合ってなく、何かに怯えていた様に交際していたとの話しが出て来ました。

フラれる事を恐れたF様は対象者に何も言えず、言われた事を覚えようとするのですが中々覚えられず交際していてもF様を縛り付けて対象者は独りよがりで交際していた様に感じさせてしまっていたとの事でした。
F様はその事に気付いていなかった為、アドバイス序盤に伝えていたのですが、工作で別れの原因を聞き出した頃にはロボットとの交際という印象も理解出来、自分の意見をあまり出さず対象者に全て合わせる交際をしていた事を反省しました。

lineのやり取りも弊社が添削した事によってテンポよく返ってきた理由はF様が受け身ではなく会話の主導権を握る様なメッセージを送っていたからでもあり、line上の2人の関係は仲の良い恋人同士のやり取りにも見える様になっていました。
F様との関係が良好になって来た事で工作中も対象者からF様の話しが頻繁に出る様になってきました。
F様との交際についての話しを聞きましたがlineのやり取りをしていて楽しいという話しや前とは違うという言葉が出て来ましたが、lineの添削をしているのは弊社なのでF様本人の変化ではなく別の人物が返信しているので対象者が惹かれる理由も当然でした。

lineのやり取りの違いをまざまざと見て、工作員がメッセージのやり取りが楽しいという言葉を引き出した為、F様は弊社がアドバイスした通り進めていきながら工作で復縁を後押しすれば復縁できる見通りが立った様で自己改善に励んで頂きました。
F様の変化が見えた頃には対象者に復縁を促す様に心理誘導を進めていき、復縁に向けて気持ちを高めて頂きました。
対象者の口から最近元彼とのやり取りが楽しいし、今度デートに誘ってみようかな。という言葉が出て来て復縁成功は間近でしたが、肝心のF様の自己改善がまだ終わりきっておらず、時間を引き延ばせてデートの誘いをリスケさせました。

対象者からデートに誘われた事で急いで自己改善を進めていき、リスケした当日にデートで対象者を楽しませると復縁を申し出るチャンスが発生し、F様から復縁を申し入れ、復縁を受け入れてもらえた復縁工作の成功事例になります。