別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋や復縁屋において調査員の存在はとても大切です。
調査員は工作員を接触させるポイントの特定するだけに限らず、工作員を接触させた後も対象者を調査し、何かしらのトラブルが発生しないか?を確認する存在でもあります。
昨今では、別れさせ屋工作や復縁屋工作の依頼後に調査を行わず、車にスマホを忘れた等の理由で対象者に工作員を接触させて連絡先を入手する方法を勧める別れさせ屋や復縁屋が増え、調査員をあまり活用しない方法を勧められて、対象者の情報が無い状態で工作方法を進めようとするので、途中で行き詰る結果となり、弊社にセカンドオピニオンとしてご依頼頂くケースが増えて来ました。※参考記事:弊社は別れさせ屋や復縁屋の【セカンドオピニオン】としての活用もご利用頂いてます。
調査員が対象者を調査する理由として、接触ポイントが分かれば良いものではなく、対象者と依頼者様を復縁させる為や、対象者同士を別れさせる為の情報を入手する為に必須となります。
調査員が情報を入手せずに工作員を接触させる方法として、道を聞くだけの接触や携帯電話を落としたので携帯電話を借りるだけの接触になり、その後の関係構築に至りません。※参考記事:連絡先の交換ではなく連絡先の入手や古典的な接触方法を提案する別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。
調査員が情報入手をするので、対象者と接触した後もスムーズな関係を作れますが、調査員が情報を入手せずに工作員を接触させるだけの方法ではスムーズに提案された工作が進む事はありません。
対象者が何処に行くか?対象者が誰と会うか?も含めて、対象者の状況を知らなければ工作員を接触させても工作は進まないので、逆に言えば調査員が情報を収集するからこそ工作員もスムーズに関係を進める事が出来、依頼者様の要望である復縁や別れさせの成功に繋がります。
例えば、調査員を使わずに工作員を接触させる方法では、調査員が対象者の自宅を張り込みし、対象者が出て来たところで工作員を接触させます。
対象者がいつ出て来るか?も分からない状況の中で工作員が調査員と一緒に待機していた場合、工作員は対象者の後を追って接触しなければならず、歩いている対象者を追って後ろから声を掛ける形となります。※参考記事:工作員とは?
歩いている対象者を追って後ろから声を掛ける工作員が対象者を狙い撃ちで声を掛けるのですが、東京都内では、「別の人に聞いて下さい。」の様に言われる事もありますし、東京や大阪以外の地域では人が少ない中で声を掛けるので不信感を持たれてしまう恐れがあります。
調査員を省いて工作を行おうとすれば、不自然な接触や不自然な接触方法になってしまうので、対象者から警戒されてしまう理由にも繋がります。
そういった不自然さを取り除く為にも調査員は別れさせ屋工作や復縁屋工作には欠かせない存在となります。


接触ポイントの特定の仕方

調査員の仕事の一つである、工作員が対象者と接触する時のポイント探しですが、行きつけのお店や行きつけのジム等が分かっていれば、調査する必要が無いと考える方もいらっしゃいます。
しかし、行きつけのお店やジムが分かっていたとしても、お店の雰囲気やジムの中での対象者の行動次第では接触してはいけないポイントになり兼ねません。
例えば、対象者の通っているジムを知っているから、対象者の調査をせずにジムでの接触を提案する別れさせ屋や復縁屋がありますが、対象者がジムで本気で筋トレを頑張るタイプの人物であった場合、ジムでの接触はご法度になります。
本気で筋トレをしている人に工作員が接触したところで、筋トレの邪魔をする存在になってしまいますし、ジム内での接触をする事で対象者に不愉快な想いをさせてしまう可能性が出て来てしまいます。
対象者の状況を知らずに対象者と接触しようとすれば対象者から嫌われるリスクが発生してしまうので、リスクを抑えるなら対象者をシッカリと調査した上でどんな接触方法が適切か?をご提案しなければなりません。
接触ポイントの特定は、場所だけを特定するのではなく、接触方法までを含めて接触する方法を提案出来る形を作る為に調査員が対象者の情報を入手します。

対象者の情報を集める重要性とは

対象者の情報は依頼者様から頂きますが、依頼者様から頂く情報だけでは対象者の状況は分からない事が殆どになります。
依頼者様から頂く情報が古い事ももちろんありますし、依頼者様から頂く情報の裏付けを取らなければ対象者の情報が正しいか?の判断が出来ません。
例えば、調査員が情報を入手せず、依頼者様から頂いた情報だけで依頼を進めようとすれば、対象者の予期せぬ行動に合わせてご依頼を進行させる事が出来なくなってしまう事も考えられます。
依頼者様から頂いている情報で、出勤時間や退勤時間を聞いていた際に、何かしらの理由があって出勤時間や退勤時間が変わってしまえば対象者の存在を把握出来なくなります。
対象者の存在を把握出来なくなれば、工作員は待ち惚けしているだけで人員を無駄にしてしまいます。
稼働回数制の業者なら、それだけで一回の稼働を無駄にし、15万円程度のお金を無駄にしてしまいます。
対象者の情報の裏取りはとても重要であり、対象者の情報を依頼者様から頂いた情報だけで判断すると、空振りを繰り返すだけでお金を無駄にしてしまいます。
業者側も無駄な稼働を抑える為に情報を集める必要があり、同時に復縁や別れさせのキッカケとなる情報を集めるからこそ成功率を高めます。
対象者の情報が無い状態や、依頼者様が持っている情報だけで対象者に工作をするなら、別れさせ屋や復縁屋に頼らず、依頼者様が自分で出来る事でもあるので、対象者の情報を集めるからこそ専門家の知識を活用する事が出来る様にもなるので、調査員の活用は別れさせ屋工作や復縁屋工作には必要不可欠な存在となります。

調査員とはどんな存在?

別れさせ屋や復縁屋の調査員は、基本的には探偵として技術を磨き、尾行や張り込みを専門として行う人材になります。
基本的にはと書かせて頂いた理由として、何でも屋や便利屋など、探偵ではない業者が別れさせ屋や復縁屋の真似事をしている事があり、探偵業としての技術がないまま調査の提案をされる事もあるので、そういった業者を省いた上で、本当に別れさせ屋工作や復縁屋工作に必要な情報を集める探偵が別れさせ屋や復縁屋の調査員として在籍しています。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作を依頼するのは別れさせ屋や復縁屋?それとも何でも屋や便利屋?
調査技術の無い別れさせ屋や復縁屋に依頼すると、単純に対象者を尾行や張り込みをするだけの素行調査を行うだけで、別れさせ屋工作や復縁屋工作にはには必要ではない情報を集める調査員を使用する業者も存在します。
アルバイトの調査員を採用する業者も稼働回数制の業者の中には多く、対象者に尾行や張り込みがバレ、素行調査すら出来ない業者も少なくありません。※参考記事:別れさせ屋のアルバイトが窃盗罪で逮捕された事件について
弊社の調査員は、対象者を素行調査するだけではなく、復縁や別れさせを成功させる為に何が必要なのか?という情報を理解した上で調査をする専門のスタッフとなりますので、尾行や張り込みの間で入手する情報が異なります。
対象者を調査する際に、対象者の目線や動向も確認し、対象者が何を求めているのか?対象者の持っている物は?など、調査をして集める情報は対象者の素行だけではなく、依頼者様との復縁や、対象者達を別れさせる為の情報収集となっているので、調査を重ねる事で工作の成功率を上げる事が出来る調査員となります。