成功率に自信があるなら完全成功報酬にして欲しい…と別れさせ屋に依頼を検討している方が必ず一度は思う事だと思いますが、別れさせ屋が完全成功報酬に出来ない理由があるのをご存知でしょうか?

『完全成功報酬制度なら別れさせ屋に依頼したい!』と考える気持ちも分かりますし、完全成功報酬を謳っている別れさせ屋もありますが、別れさせ屋は完全成功報酬で依頼を請ける事は出来ないのです。

もしも別れさせ屋が完全成功報酬制で依頼を請けて別れさせ工作を成功させても成功報酬をお支払頂けなかったら別れさせ屋は倒産の危機に繋がります。

別れさせ工作が成功した途端に別れさせ工作以外の要望を別れさせ屋にする依頼者も多く、『別れたけど復縁できてないじゃないか!!』と依頼とは別の要望をする依頼者も少なくありません。

別れさせ工作が成功した先にある要望が復縁であった場合、依頼者は『復縁できてないから成功してない』と成功報酬の支払いを拒否する依頼者も多く存在します。

依頼するまでは『成功してくれたら何年掛かってでも支払するから成功報酬制にして下さい!!』と仰るのですが、成功した途端に『支払したくない』と言い出すのです。

近年、消費者金融の過払い金返還等のCMを良く見かけますが、お金を借りる時は『必ず返すから貸して欲しい』と懇願されても時間が経てば『返せません。利息取り過ぎじゃないですか?』と掌を返す方が増えているのも人間の気持ちは時間と共に変化する事を表しているかと思います。

依頼前は『自分はそんな人ではない!!』と仰るのですが、自分はそんな人ではないと言いながら、そんな人になってしまう方が多く、成功報酬を支払わない為にありとあらゆる方法を使います。

時間が経過して別れさせる必要がなくなった…という時に中断を申し込まれる方や、別れさせ工作が完了間際に中断を求めて支払いを逃れようとする方等、成功報酬ではなく着手金を分割して支払っている方の中にも支払を逃れようとする方は少なくないのです。

成功率に自信があっても100%成功保証が出来る別れさせ工作というのは存在しません。

仮に8割~9割の成功率だとしても、1割~2割は失敗する訳ですから、1割~2割に掛かる人件費の負担を成功者に負担して頂かなければならない事や成功しても支払いを逃れようとする方の負担を成功してシッカリと支払いする方にご負担して頂かなければならないので成功報酬制に別れさせ屋がするなら通常の倍以上の料金が掛かってしまうのです。

支払を逃れる方や1割~2割の失敗のご負担を成功させて支払いを滞りなくする方にご負担頂いた場合、依頼するには通常の倍以上の費用が掛かるのですから、平均して300万円~600万円程度の費用が別れさせ屋に依頼する際に掛かるとなれば、別れさせ屋に依頼自体出来なくなってしまいます。

別れさせ屋に依頼自体出来なければ、別れさせ屋は倒産する以外に道はありません。

『成功報酬制度にしてくれたら成功報酬を支払います!』という方の殆どがシッカリと支払いをする方であれば別れさせ屋も成功報酬制度で運営できるのです。

しかし、現実は成功報酬制で別れさせ屋は運営できません。

別れさせ屋も会社として運営する為には調査員、工作員に給料を渡さなければならず、成功報酬制では給料を支払出来なくなる為、成功報酬制を採用出来る別れさせ屋はないのです。

『自分は依頼者でありお客さんだぞ』という存在が成功報酬制を失くした

別れさせ屋・別れさせ工作のジースタイル

弊社でも成功報酬制を取り入れていた時期がありましたが、依頼前、依頼中、依頼後に『自分は依頼者だぞ!!お客さんなのにその対応はおかしい!!!』と仰る元依頼者がいらっしゃいました。

成功報酬制なので依頼前、依頼中、依頼後にはお金が発生する事はありません。

そして別れさせ工作が成功し、契約書の書面通り費用をご請求させて頂きました。

しかし、請求書を見た依頼者は『何でこんなに高過ぎるんですか?経費ももっと削れましたよね?』契約書通りの請求金額にクレームを付けられます。

依頼中は『報告がなくても打ち合わせするので毎日連絡して来て下さい。』と要望され、毎日連絡させて頂きましたが依頼が成功した途端に連絡が取れなくなりました。

そして請求書を仕方なく自宅に発送せざるを得なくなり、請求書を発送すると『家族に見られた。契約違反だ』と料金の支払いを拒みます。

『自分はお客さんだぞ!!依頼者なのに対応の仕方がおかしい!!!』とクレームを付けられますが、請求はしても成功報酬の支払いを全力で拒み、『来週の〇曜日には支払うから待って下さい』と言いながら、再度連絡が取れなくなるを繰り返した元依頼者がいます。

別れさせ屋は金融屋ではない為、取り立てに時間を掛ける訳にはいきません。

成功報酬制で運営していても支払いをシッカリとしない元依頼者達の存在が成功報酬制を失くした理由の一つになるのです。

成功した途端に追加の要望を加える依頼者の存在

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社(株)ジースタイル

別れさせ工作が成功した途端に別の要望を出して来て、支払いをする代わりに別の要望も序にやって欲しいという元依頼者の存在が成功報酬制を失くした理由の1つにもなります。

人間の欲は無限大であり、1つ何か要望が叶えば別の要望を求めるのが人間です。

成功報酬制にしていると別れさせ工作が成功した途端に『復縁も序にお願いします。成功報酬と合せて払います』と仰る元依頼者もおり、『契約内容と異なるので別れさせ工作の成功報酬を支払ってからにして下さい』と伝えても、『それだと自分の要望が叶ってないから成功報酬は支払えません。』と仰る元依頼者達がいらっしゃいました。

成功報酬制にして別れさせ工作が成功しても支払いをすんなりするのではなく自分の都合で成功の定義を変える元依頼者の存在が別れさせ屋から成功報酬制を失くした事にも繋がります。

依頼前に聞いた情報が全く異なるので成功報酬に出来ない事もある

別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル依頼前に聞いていた情報と依頼後に聞いていた情報が全く異なり、難易度が全く異なるケースは少なくありません。

少しでも費用を抑えたい依頼者にとって情報の有無は大切な部分ですが情報が依頼前と依頼後では全く異なり、難易度を下げる為に嘘の情報を別れさせ屋に流す元依頼者も少なくありませんでした。

あまりにも難しい案件だと成功報酬制の別れさせ屋には依頼を断られます。

成功する可能性が低くなるのですから稼働して失敗する可能性が高ければ依頼を断られるのは当然です。

依頼を請けてみるまでは分からない事を利用し、成功報酬制の別れさせ屋と契約を交わした後、上記の様な『自分は依頼者だぞ!!お客さんだぞ!!!』という様な元依頼者がおり、失敗前提で工作を進める事を強要して来ます。

情報が異なれば方法も変えなければならず、実働してから情報の違いを伝えても聞く耳を持たない元依頼者は当然の事ながら報酬を支払う事無く去っていく為、別れさせ屋が成功報酬に出来ない理由の一つにもなるのです。

依頼者の望みは完全成功報酬制でも成功報酬制を潰したのは元依頼者

別れて幸せになってみせる!

依頼者の望みは成功したら報酬を支払う完全成功報酬制度を別れさせ屋に臨みます。

そして別れさせ屋に成功報酬制を望む方は『成功するなら幾ら掛かっても構いません』という話しをされますが、成功させるとお支払いをしない元依頼者がとても多いのです。

元依頼者達が積み重ねた別れさせ屋に対する債務不履行は別れさせ屋にとって大きな負債になります。

負債をこれから別れさせ屋に依頼する方々に負担して頂く訳にもいかない為、負債は別れさせ屋が負担しなければなりません。

依頼者の要望は報酬を成功報酬制にしたい!!と考えるのではなく、誰かと誰かを別れさせたい!!が本来の要望です。

別れさせ屋は依頼者が別れさせたい!!と考えている相手に恨みを持つ訳でもなく、依頼を頂かなければ別れさせたい!!と思う事もないのです。

だからこそ別れさせ屋が元依頼者が作った負債を負担する理由もありませんし、元依頼者の方々が負債を残していったので成功報酬制では運営できなくなっているのです。

成功報酬制に出来なくなったのは別れさせ屋が負債を負う理由がない為でもあり、成功報酬制の別れさせ屋を探す方は成功させても支払いをしてもらえる信用が自分にあるか?を良く考えて下さい。

現在も成功報酬制の別れさせ屋はあるけど預かり金で前払い!?

現在も成功報酬制を謳っている別れさせ屋はホームページを徘徊すれば残されていますが、本当に成功報酬制の別れさせ屋が運営するには料金を著しく高くして成功報酬制でシッカリと支払って頂ける依頼者に料金を倍以上の上乗せをしなければなりません。

しかし、倍以上の上乗せされた料金で依頼をして別れさせ屋に料金をシッカリと払える方が何人いるでしょうか?

ほとんどの依頼者が依頼出来ません。

現在の成功報酬制の別れさせ屋は、成功報酬制と謳いながらもデポジット、預り金という名目で事前に料金を請求してきます。

成功報酬制で成功させるので成功報酬を事前に預かる預り金を契約時に預かり、成功したら預り金を徴収し、失敗した時は『まだ契約期間中なので預かっています。』と、永遠に預り金が返金される事はありません。

何もしなくても契約中という事になり、依頼をキャンセルしても依頼者都合で中断の為、成功していたという理屈を通して来るので完全なる別れさせ屋詐欺の手口を使います。

現在、成功報酬制の別れさせ屋をお探しの方は十分にお気を付けてご契約頂く事をおススメします。

完全成功報酬制や時間制などの料金システムにこだわらない事が大切

もうダメだ…と思うなら別れさせ屋

別れさせ屋を探す際に時間や回数制の別れさせ屋、成功報酬制の別れさせ屋、期間契約の別れさせ屋等、料金システムにこだわって別れさせ屋に依頼すると別れさせ屋選びで失敗してしまいます。

料金システムは気になるとは思いますが、一番依頼者が気になるのは本当に別れさせられるか?になるはずです。

時間制や回数制の別れさせ屋なら、時間や期間を保証してくれるから安心!!と考える方が増加していますが、別れさせ屋が契約をしたら稼働するのは当たり前であり、当たり前の事に安心を求めれば別れさせ屋選びで失敗するのが明白です。

時間や回数を保証しようと現場に行くだけで何もしなければ別れさせ工作が失敗するのは当然であり、どんな方法を時間や回数を使ってするから別れさせられるのか?にこだわらなければ別れさせ工作が成功する事はありません。

成功報酬制にこだわる方は、『成功したらお金を払いたい!!』と考えて成功報酬制の別れさせ屋を探すと思いますが、『どんな方法で成功させてくれるからお金を払いたい!』に別れさせ屋選びの際になっていなければ失敗したらお金を払わなくても良い…程度なので方法についても真剣に打ち合わせ出来ず別れさせ工作は成功するはずがないのです。

成功報酬制の別れさせ屋選びは慎重に!

悪質業者にご注意

成功報酬制の別れさせ屋を選ぶ際は、着手金の別れさせ屋に依頼する時よりも慎重に契約を交わさなければなりません。

上述した様に成功報酬制を謳いながら預り金、デポジットという名目で事前にお金を預かる成功報酬制の別れさせ屋は多く、成功報酬制と思って相談、依頼をした後に高額の料金を請求されたというご相談も増加しています。

成功報酬制という言葉を見れば成功しなかったらお金を払わないで済む!!と考えると思いますが、成功報酬制の別れさせ屋との契約は実際は異なります。

成功報酬制の悪質な別れさせ屋は、『ハニートラップで別れさせます!!』と別れさせる方法は一択しかありません。

成功報酬という名の預り金を詐取する為に方法ではなく料金システムで依頼者を惹きつけようとする為、どんな状況であってもハニートラップをして別れさせ工作が成功するかのように話す特徴があります。

この手の悪質な別れさせ屋に預り金、デポジット等を渡せば返金される事はありません。

成功報酬制の別れさせ屋に依頼する際は面談後に即決ではなく良く検討して依頼する様にお気を付け下さい。

着手金250万円、期間3ヶ月の別れさせ工作の成功事例

彼氏の浮気に悩むなら別れさせ屋ジースタイル

着手金250万円、期間3ヶ月の別れさせ工作方法は特殊な工作方法をご提案した訳ではなく、経費が掛かる事が前提となっている別れさせ工作の方法になりました。

着手金250万円で3ヶ月の契約内容で特別な方法を使ってないなら他社よりも高く感じるかもしれませんが、事前に工作員を通常の倍以上使わなければ成功させるのは厳しい旨を伝えさせて頂きました。

対象者の情報がほとんどなく、調査に掛ける時間も通常よりも倍以上掛かる事が想定され、長い期間を掛けなければ成功させるのは厳しい旨を伝えさせて頂くと、依頼者から『なるべく早めに別れさせる方法を提案して欲しい』と懇願され、通常より高い着手金を頂く形となりました。

人員を大量投入させ、判明させるものを人海戦術で判明させ、いざ工作に入った時も工作員の数を利用した別れさせ工作を行えた為、成功に繋がりました。

しかし、別れさせ工作は成功して依頼者の要望が叶ったのですが依頼者は別れさせ工作が成功しそうな段階になって別の異性に好意を抱いてしまいます。

その為、最後の段階になって『依頼をストップするので半額返して欲しい』とおっしゃいます。

最終段階で人員を割いてほぼ別れさせ工作が成功する状態になってお金を払いたくないという申し出をされているのです。

  • ※別れさせ工作の成功事例はコチラを参照下さい。