恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域K様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬30%
別れさせたい状況彼氏に浮気されたけど復縁の為に許そうと考えている

お付き合いして2年目の彼氏に浮気をされたK様は別れるか悩みましたが、付き合って2年の月日は彼との関係を簡単に終わらせたくないという想いの他に結婚の二文字がチラついていた為、簡単に別れる決断を出来ないとの事でした。

簡単に別れる決断が出来なかった時に今後の自分の人生を考え、別れる以外の選択肢として別れさせる選択肢が出て来た為、別れさせ屋に辿り着いたとの事でした。

別れさせ屋に辿り着いたものの、別れさせ屋に対する不安を抱えていた為、数社に相談しながらも契約には至らず、どこかで躊躇ってしまう自分がいたとの事でした。

別れさせ屋への不安と彼氏が浮気相手と会っている事に対する不満のどちらを選ぶかで別れさせ屋に依頼する決意をしたとの事でした。

決断してからはすぐに契約しようと考えた様ですが、元々相談していた別れさせ屋は皆似たり寄ったりでどこが一番成功させてくれるのか分からないというご相談を弊社に頂き、弊社独自の方法を提案したところ、他社とは全く違う方法を提案した様で、弊社に契約を頂く形になりました。

浮気相手と別れさせる為にどの様な形で工作員を接触させるか?について、他社では道端で声を掛ける方法ばかりが提案されていた為、接触段階から成功するのかな?という不安があったとの事でしたが、面談をさせて頂いた際に道端で声を掛ければ警戒心が強まってしまい、別れさせまで至らない事を説明すると、担当者の説明が腑に落ちた様で、その後の別れさせ工作の方法についても不安を解消する為の質問を多々頂きました。

全ての質問にお応えさせて頂いた後には『もう少し早く相談してたら別れさせ屋に不安を感じなかったかもしれない…』と仰っていたのが印象的でした。

別れさせ工作の契約を交わし、提案させて頂いた方法で彼氏(対象者)に接触すると、元々社交性のある対象者だった為、意気投合して話しも噛み合い、工作員との出会いに喜んで下さいました。

人間関係を築いてからが別れさせ工作の為、接触は容易く出来たモノの、本番はこれからになります。

対象者と接触した後に頻繁に連絡をすれば工作員との出会いに飽きてしまう可能性もK様の話しから推測出来た為、対象者を飽きさせない為に時間を有効に使いながら工作を進めていきます。

時折連絡する事で対象者の食いつきを上げていき、いつ食事に行くか?等の会話をこなし、対象者の心を惹きつけます。

人間関係の構築から始め、女性についての考え方や浮気についての考え方等を対象者から聞き出していく事で浮気相手との関係性を少しづつ判明させていきます。

対象者は今までに3回程浮気していた事を工作員は聞き出し、K様にその旨を伝えたところ、方法を若干修正させていく要望が出て来ましたので、対象者から聞き出した情報を元に打ち合わせを行いました。

K様との打ち合わせも終わり、工作方法の修正をしましたが大幅な修正ではない為に工作員は流れの中で修正部分を打ち出す準備をしておきました。

対象者との関係構築を進めながら、対象者と接触し、食事に行く機会も増え、お酒を入れるタイミングがあった為、そのタイミングで修正を行っていき、浮気相手との別れさせを少しづつ進めていく形になりました。

対象者が浮気相手に対する扱いは気持ちが絶対に向かない様に距離を置いて接するとの事でしたので、浮気の仕方しては正しいけれど、それをしているといつか大事になると工作員の過去の経験を元に語りました。

もちろん工作員が語る話は全て事前に作ったシナリオ通りですが、対象者が工作員の話しに食いつく様に対象者の状況に似せて話す部分や大袈裟に伝える事等、舞台を見に行ったお客さんが役者に食いつく様に対象者も工作員の話しに耳を傾けます。

どうせならもっと上手くやらなければ浮気がバレた時に付き合っている彼女に別れ話しをされてしまう。と話すと、ボロが出てそうな部分を工作員に確認し、『バレてますかね?』と不安を隠せず質問を繰り返します。

浮気はバレて全てを失っても仕方ない!と思う人がする事であり、どちらも手に入れたいと思う人がすれば必ずバレるものという話しをすると不安に駆られ、工作員に自分がして来た事を全て相談して来ます。

人間関係を構築したからこそ相談出来る間柄になり、対象者が浮気以外にK様に対して隠している事を全て聞き出して欲しいという途中変更の要望も叶える事に繋がりました。

工作員は浮気バレの不安を対象者に煽り続ける事で浮気相手と距離をおかなければならないと考えさせ、今までに隠していた事や嘘についてもバレていながら黙っているだけかもしれないK様の存在に怯えながらも全てを受け入れてくれていると気付き、K様の大切さも改めて考え出した様でした。

2日後、対象者からK様に探る様な会話があり、全てを知っているけれど責めないK様の姿勢に気付いた対象者がK様を惚れ直したとK様に告げ、K様の懐の深さを知った対象者はK様を本気で失いたくないと気付き、K様に全てを話し、浮気相手の連絡先もその場で消し、K様に許しを乞う様に胸の内を語ったとの事でした。

K様から対象者が自分から全てを話し、その上でもう一度向き合いたいと話され、K様から『考えさせて欲しい』という言葉を出したモノの一週間後にK様から『また浮気をする様なら別れるよ』という話しをし、対象者が『二度と浮気しないからチャンスをくれてありがとう』とK様に伝えたところで別れさせ工作は成功しました。