別れさせ工作の方法自体は間違っていなかったけれど、調査時間が想像以上に掛かってしまう事や対象者との接触が対象者の都合で遅れる等、どうにもならない状況もあります。

結果としては別れさせる事に成功したけれど、成功するまでにトラブルが発生して予定が遅れるケースもありますので別れさせ工作のご依頼は全てシナリオ通りにはいかない事をご理解頂く別れさせ屋ブログになります。

別れさせ工作は対象者の情報を依頼者から頂き、調査や工作を進めていくのですが元々の情報が間違っており、間違った情報を元に業務を進めていく事は少なくありません。

例えば対象者の住所が間違っていれば、間違ったポイントで張り込みをする事になり、間違ったポイントで張り込みをすれば対象者が出て来る事はありません。

調査員は依頼者から頂いた情報を元に調査を進めていくのですが、元々の情報が間違っていれば調査も工作も進みません。

時間制や回数制の別れさせ屋に依頼すると、依頼者の間違った情報による調査をした回数もカウントされ、当初予定されていた回数では確実に収まらなくなります。

他にも対象者が旅行に行っていた事や勤務時間が変わっていた等、依頼者も別れさせ屋も予期せぬトラブルが起こるのが別れさせ工作の依頼になります。

そういったトラブルがあっても成功させる為に依頼者と打ち合わせをさせて頂きますが打ち合わせを重ねても対象者は想定外の行動をする為に全てシナリオ通りに進む事は殆どありません。

対象者が予期せぬ行動を取り、成功はしたけれど予想以上に時間が掛かってしまった別れさせ工作の成功事例をまとめましたので参考にして下さい。

対象者の住所が全然違った成功事例のケース

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社(株)ジースタイル

依頼者Aから別れさせ工作の依頼を頂く前に、対象者の住所、名前、職場は全て分かるけれど対象者の写真が無い為、職場から対象者を追う事が出来ませんでした。

その為、自宅を出てきた対象者を撮影してAに対象者を確認してもらう形を取らせて頂きましたが、出てきた人物は明らかにAから聞いていた対象者の人物像とは異なり、写真撮影してAに確認して頂くとAからも『これは誰ですか?』という返事がきます。

対象者の住所が変わっており、Aから聞いていた住所には全く別の人物が住んでいた為、職場から対象者を探さなければならない状態になり、当初予定していた調査に大幅に遅れが出てしまいました。

出勤中の人物を写真撮影して写真撮影した人物をAに報告し、撮影した人物の中から対象者を絞り込み、帰宅を尾行して自宅を判明させます。

自宅を判明させる事はAからの依頼に入っていなかった為、調査が遅れる事になりましたが対象者の住所も判明し、別れさせ工作は順調に進み、Aから頂いた別れさせ工作は対象者を特定させる事に時間を要してしまいましたが無事に成功した事例になります。

依頼を請けてから対象者が家から出て来ない!?

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社(株)ジースタイル

依頼者Bが別れさせ工作の依頼を検討していた期間は2か月ほどになり、最初にご相談頂いてから時間が経ち、対象者2人の関係が当初相談頂いた時よりも良好になってしまった為、焦って再相談を頂く事になりました。

Bの焦りを感じた為、契約後早急に着手する形となりましたが、対象者は自宅から姿を見せません。

自宅から対象者が出入りしない事をBに伝えて、打ち合わせの後に職場からBが出てきたところを追いかける提案をさせて頂き、実行に移しましたがBからもらった写真を元に張り込みしても対象者は出て来ません。

職場からも対象者が出て来ず、Bに報告すると対象者がどこにいるかが分からなくなり、別の調査方法を用いなければ探せなくなる事を伝えようとしているとSNSに対象者が海外にいる画像をアップしている事に気付きました。

対象者が海外にいるので自宅にも職場にも表れない事に気付き、対象者が海外から帰ってくるまで調査を延期する事になりましたが、対象者が帰って来てからは順調に調査が進み、工作員の接触まで進んだところで対象者から話しを聞き出すとBの考えていた対象者ではなく、別の異性と交際をしている事に気付きます。

別の異性を対象者にした別れさせ工作を実行に移す事になり、付き合いたてて2人の関係が微妙な状態で別れさせ工作を進められたので期間が延びましたが依頼者の要望に応えられ、無事に別れさせ工作は成功した成功事例になります。

対象者がお店を辞めていた別れさせ工作の成功事例

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社(株)ジースタイル

キャバ嬢の客との関係を別れさせる別れさせ工作のご依頼をいただきましたが、依頼者Cは対象者とお店の中でしか会った事がなく、対象者から彼氏の存在を聞いていた為、弊社に依頼をいただきました。

調査を省いてキャバクラに潜入するところから始めたのですが、お店に行っても対象者は出勤して来ず、2度ほど空振りを繰り返した際に別のキャバ嬢と関係を作り、話しを聞いていると対象者は嫌な客が付いていてお店を辞めていた事を聞き出します。

対象者が何故辞めたのか?という理由を聞きだし、Cが嫌な客ではない事を確認した後に対象者を別の方法で探しだし、彼氏と同棲している事が発覚します。

別の方法を使わなければならなかった為、時間が掛かってしまいましたがキャバクラを辞めた対象者を探し出し、同棲している彼氏と別れさせる様に仕向けます。

キャバ嬢は同棲している彼氏と結婚を考えていたようでしたが彼氏の方はまだ遊んでいたい時期だった為、2人の将来に不満を感じさせる別れさせ工作を行い、完全なケンカ別れの状態になり、別れさせ工作は成功しました。

依頼者が別れさせ屋に依頼した事を対象者に疑われて遅れた成功事例

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社(株)ジースタイル

依頼者Dは職場で『対象者を別れさせる為に別れさせ屋を雇おうと思っている!』と言いまわっていた為、同じ職場で働いていた対象者は工作員を警戒して生活していました。

対象者から工作員を警戒していると聞き出したのは対象者に接触させた工作員になり、『職場で別れさせ屋を依頼するって言ってる奴がいるんですよ』と、工作員に話しをして来た為、気付きます。

Dに対象者が言っていた事を確認するとDは社内で別れさせ屋に依頼する事を様々な方に話していた様で、工作員も別れさせる為の心理誘導になかなか進めない状態になってしまいました。

対象者から『別れさせ屋じゃないよね?』と冗談交じりで工作員は言われる度に否定していましたが、否定するばかりで話しが進まず、人間関係をしっかり作る事に時間を掛けなければならず、契約前に予定していた時間よりも長い時間掛かってしまいます。

人間関係の構築に時間が掛かり、別れさせ工作を進める事がなかなか難しい状態でしたが時間を経過させた際に別れさせ屋のワードを出す事がなくなり、工作を少しづつ進められる様になっていきました。

別れさせ工作が成功した際に対象者の愚痴を聞いていると別れさせ屋という疑いは晴れていたものの、工作員と『疎遠になったら別れさせ屋だと疑う』と言われてしまい、対象者とは2年以上前の案件ですが工作員は今も連絡を取り合い、フェードアウトしない状況を作っている別れさせ工作の成功事例になります。

成功率の高い別れさせ工作をお求めの方はご相談下さい。

別れさせ屋・別れさせ工作の事なら総合探偵社(株)ジースタイル

弊社には日々沢山のご相談をいただき、別れさせ工作のご依頼を承っております。

状況に合せた別れさせ工作を行う唯一の別れさせ屋の為、ハニートラップの様な単調な別れさせ工作だけを提案する別れさせ屋ではありません。

対象者の状況に合せて別れさせ工作の方法をご提案させて頂く為、他社よりも遥かに高い成功率を誇ります。

別れさせ工作は対象者が人間である為、人間の行動に合せた方法をご提案させて頂かなければなりません。

対象者に合せた別れさせ工作の方法を提案出来るのは別れさせ屋ジースタイルだけになります。

業界トップクラスの別れさせ工作を誇りますので成功率の高い別れさせ屋をお探しの際はお気軽にご相談頂ければと思います。

別れさせたい、別れたいで悩みを抱えている方の状況に合せた別れさせ工作の方法をご提案させて頂きます。

  • ※別れさせ工作の成功事例はコチラを参照してください。