恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域R様 会社員 28歳 大阪
契約期間と料金1ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
別れたい状況身内に迷惑を掛けられないので別れたいけど別れられない

交際2年、同棲1年のDV彼氏と別れたいけれど別れ話は受け入れてもらえず、両親は死別、家族は祖父母しかいない状況で祖父母を頼って何かのトラブルに巻き込んでしまったら…と考えてしまい別れるに別れられない状況にR様は陥っていました。

とにかく穏便に別れたい、警察沙汰にして祖父母を心配させたくない。というR様からのご相談を頂き、別れ工作の方法を提案させて頂き、別れ工作のご依頼を承る事となりました。

対象者は研究職で、R様との出会いは婚活サイトで出会い、対象者の実家の住所等の詳細は交際歴の割にはご存知ではなく、R様は対象者の親族に会った事もなくR様の家族にも無関心でした。

R様以外の女性と交際した人数は5人と言ってましたが、真偽の程は分からずR様のお話しを聞いている限りですと女性経験の少なさが露呈している様にも見えました。

調査の段階で残業とR様に嘘を吐き、対象者がパチンコをしている事が発覚し、常に負けてばかりいた事を確認します。

給料はR様に伝えいてる額よりも多くもらっており、パチンコで結構な金額を遣っている事も判明します。

パチンコ屋で工作員が対象者に接触し、顔見知りになる形で人間関係を築き、パチンコをしながら盛り上がった2人は夜の街に溶け込みます。

『パチンコにお金を遣うよりも楽しい』と、工作員と遊ぶ事にお金を遣う方が楽しい事を覚えさせました。

対象者から話しを聞き出すと対象者はR様と付き合うまで素人童貞だった事が判明し、コンプレックスを女性に対して持っていた事が判明します。

女性へのコンプレックスを解消させてR様への固執を取り除き、キャバクラ等に出向く事が楽しい事に対象者は気付きます。

工作員とR様、対象者の3人で会う機会を設けた時には対象者が『あんな地味で年増の女と付き合う意味ないですね』と対象者の口から出るほどに夜の街の楽しさを覚えてしまい、キャバクラで会った女性に好意を抱き、口説き始めます。

キャバ嬢に貢ぎながらもアフターを繰り返し、キャバ嬢を口説けた事で自信を持った対象者はR様との別れを考え始めます。

女性経験の少なさが男性をカモにするキャバ嬢にカモにされながら完全にR様との別れを決断した別れ工作の成功事例になります。