恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域K様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況溺愛する娘を別れさせたくて悩んでる

娘の彼氏を別れさせたいというご相談をK様からいただきましたがK様の奥様には依頼した事を秘密にしたいとの事でした
50を過ぎてから出来た娘が可愛くて仕方ないというK様の相談を承っていると、娘に対する溺愛振りを強く感じました。
溺愛の異常性をK様からも直接お伺いし、K様と奥様との年齢差もあって奥様がK様の気持ちを汲んでくれる事が無かったとの事でした。

娘が幼い頃から目に入れても痛くない程の溺愛振りで可愛くて仕方なかったとの事で、大切な娘に彼氏が出来る事自体納得いってないとの事でした。
K様の要望は交際中の彼氏と別れさせられれば次に彼氏が出来そうになっても彼氏を作らせない様に娘の行動を縛るとの事でしたが、肝心の彼氏と別れさせる手段が何もなく、娘に『別れなさい』と言っても聞く耳を持たない状態を解決させる為に別れさせ屋を探したとの事でした。

相談や依頼までに時間を掛けて悩みましたが、時間が過ぎれば過ぎるほど彼氏の事を話す娘の顔を見るのが辛くなり、依頼する決意を固めたとの事でした。
K様が依頼した事が奥様に絶対にバレない様にしたいとの事で、契約後の連絡方法もK様にフリーメールアドレスを取得して頂いて報告や打ち合わせの時間指定もフリーメールで取り合う事で奥様にも内密で別れさせ工作を進めていく事となりました。
契約書を交わし、着手金の確認後に娘の調査を開始させて頂き、張り込みをするものの、娘と対象者が会う事はありませんでした。
対象者がどこに住んでいるか等の情報を娘から聞き出せば不自然になるとの事なので対象者達が会わなければ対象者を発見出来ず、情報不足は否めない状態でした。

K様が娘に対象者と別れろ!!と口うるさく言ってしまっていた為、娘達も頻繁に会わなくなっていたとの事で、分かるものは年齢と名前のみで写真もK様は持っていない為、調査の段階から難航します。
尾行して数日後、対象者らしき人物と娘が接触した事が分かり、対象者の顔を確認してもらう為、デート風景や顔写真をK様のフリーメールに送り、対象者チェックを行いました。
K様にメールして1時間後に連絡がきて、対象者の顔を確認していただき、本人確認が出来たので尾行を続行しました。

対象者の情報を元に別れさせ工作の打ち合わせを行う時間を作って頂きましたが、同日に集めた情報を使って工作員を接触させる事に成功します。
対象者の情報を揃えて別れる為の弱点となる部分を集めていきました。
調査員が集めた情報の中で一番有効活用出来そうな情報が対象者は学生だと娘から聞かされていたK様の情報と対象者の行動がマッチしておらず、仕事をしている事やK様の娘以外の女性と遊んでいる様でK様が娘から聞いた話しとは違う情報が判明し、それらを用いて別れさせる方法を提案させて頂く事となりました。

街に繰り出し遊び、K様の娘が抱いている対象者と実際の対象者の違いを明るみにさせる方法で、別れさせ工作を成功させる様に進めていくのですが、情報に間違いがないかを娘にそれとなく確認してもらう様にお願いし、娘が抱いている対象者像との違いを確認後、工作を進めていく段取りを取りました。
工作員対象者に接触後、対象者からK様の娘を彼女として紹介され、工作員と3人で遊ぶ機会も出来、K様の娘が対象者に抱いている気持ちの確認も出来ました。

実際の対象者とK様の娘が抱いている対象者のイメージの違いを3人で会っている間に少しづつ認識させていくとK様の娘との関係が少しづつ悪化していきます。
工作員が少しづつ失敗している感を出し、対象者と工作員の仲は良くなっていくのですが、K様の娘と対象者の関係は次第に悪くなっていきます。
対象者との関係が悪くなってきたところに工作員がK様の娘の相談を聞く事で若干工作員に気がある様にK様の娘が話し始めました。

K様の娘の気持ちが対象者から少し離れ、工作員とK様の娘が仲の良い友人関係を築いていくと対象者がK様の娘に気持ちが冷めたというlineを送り、そのlineの内容をK様の娘が工作員にスクショで送って来た時には『こっちの方が冷めてるのに何言ってるんだろうね』というlineも送られて来て『もうこんな奴いらない』というメッセージとスタンプを工作員に送ってきて別れさせ工作が成功した事例になります。