恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 会社員 30歳 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬10%
別れさせたい状況復縁できると思っていた元彼を別れさせたい

S様が付き合っていた彼氏と別れて復縁出来ると思い、S様は自分なりに頑張っていたけれど彼氏には新しい彼女が出来てしまいました。

彼氏から突然の彼女が出来た宣言をされてS様は目の前が真っ暗になったと言います。

『彼女が出来たからもう連絡して来ないで欲しい』という彼氏の言葉を聞いて自殺まで考えたS様は彼氏への想いを弊社担当にぶちまけます。

話しを聞いていて同情出来るところはもちろんありますが、S様にも問題があり、時間が経てば経つほど彼氏が新しい彼女を作ってしまうのも仕方がない事を分かっていながら行動が遅れていた事を指摘します。

別れさせ屋に依頼しなければならなくなったのは冷たい言い方の様に聞こえるかもしれませんが、自業自得なところもあり、対象者を別れさせた後は早急に復縁に向けて動き出し、彼氏をもう一度取り戻す為に頑張る!と約束をして頂けたところで別れさせ工作の流れについて説明させて頂きました。

付き合ったばかりの男女を別れさせるのは中々難しいのですが、方法次第で別れさせを成功させる事も出来ます。

別れさせ工作の流れと心理誘導の方法について幾つか提案させて頂いた後、S様からはプロに任せるので絶対に別れさせて欲しいとの要望を承りましたが、工作をしたから絶対に別れさせられる保証がない事も事前にご理解頂き、契約書を交わします。

別れさせ工作の対象となる新しい彼女の情報は全くなく、対象者情報がなければ工作を進めたくても工作員の接触すら出来ません。

工作員が彼氏に接触して彼女の情報を彼氏経由で抜き取り、対象者を特定させると別の工作員を対象者に接触させる方法をS様と打ち合わせさせて頂きました。

彼氏への連絡が途絶えたS様は調査員や工作員からの報告を心待ちにする日々が続いていた為、担当者と毎日報告はもちろんですが辛い心情を吐露する相手として連絡を取り合っていました。

S様の辛さや悲しみの捌け口を作らなければ彼氏に対して暴走した行動を取ったり、せっかく別れさせたとしてもS様の要望が叶わない結果になります。

その為、S様の想いの捌け口として暴走を抑制する為に担当者がストレスを発散させ、調査員や工作員からの報告時にも言葉を選びながら報告させて頂く形となりました。

対象者に工作員が接触し、S様の元彼の話しを聞き出すとS様の彼氏からアピールされ、とりあえず程度の気持ちで付き合った事を聞き出します。

対象者はS様の元彼に対する想いは強くなく、どちらかと言えばキープ程度に考えていると判断した為、対象者にタイプの男性工作員を接触させ、対象者の恋愛心をくすぐります。

S様の元彼に対する想いは薄く、『付き合っていた事をなかった事にしようかな…』といった冗談も頻繁に出て来る頃に、S様の元彼と対象者も含めて工作員は接触していると、S様の元彼が対象者とイチャイチャしようとしますが、対象者は完全にS様の彼氏を拒む行動を取ります。

デート時はいつもS様の元彼が対象者にちょっかいを出し、それを拒否してもまとわりつくS様の元彼を鬱陶しそうにあしらいます。

『本当にあの男ウザい!!!』と対象者の口から出る事には男性工作員との雰囲気もわるいものではなく、『マジで別れようかな…』という言葉もこぼす様になりました。

男性工作員と遊んでいる際に対象者の口から『ウチら本当に気が合うよね』という言葉を工作員が耳にした後に『アイツと別れたらウチら付き合う?』という言葉が出て、『良いね!!』という工作員の言葉の直後に『別れちゃうからちょっと待って』と電話を取りだし、S様の元彼に別れを告げます。

『もう電話して来ないで良いし、ウチらやっぱり合わないから別れよう』と、バッサリ切り捨てた対象者の元にS様の元彼から『別れたくない』というlineが入り、『無理』と一言返した後にlineをブロックし、着信拒否もした対象者と工作員はデートを進めます

S様の元に元彼から連絡が入り、『彼女にフラれた』という言葉を涙を流しながら話した為、別れさせ工作は成功しましたが、その後の経過に関してはS様から後日ご連絡を頂き、復縁には至らないけれど前よりは元彼も『復縁を考えるよ』と言ってくれたり、先に進めそうです。という言葉を頂きました。

依頼自体は成功しましたが、その後の関係については弊社より連絡する訳にもいかない為、分かりませんが、別れさせ工作が成功し、S様からは感謝の言葉を頂く形となりました。