恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 千葉
契約期間と料金4ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
復縁したい状況ストレスでキツク当たってしまった相手と復縁したい

Y様から復縁したいと相談を受けて話しを聞いていると対象者への想いで胸が一杯になったのか涙ながらに対象者との思い出等を語りました。
話しを聞いていると別れを切り出される前の3ヶ月は対象者に怒りをぶつける生活を繰り返し、精神的に仕事で追い詰められていた事を言い訳にして対象者を精神的に追い詰めていたとの事でした。
結婚の話も出る時期で本来なら大切にする時間にY様のストレスを対象者にぶつけ、別れを告げられた頃には後悔の連続で毎日苦しさから逃れる為に自分を責めていたとの事でした。

ネットで復縁方法を探しても同じ様な事ばかりが書かれており、ネットに書かれてる方法を真似して復縁の為に努力するものの状況は何も変わらず、復縁する為に自分で出来る事はやり尽くしたY様が最終的に決断したのは復縁屋に頼る事になり、数社に電話相談をしたとの事でした。
自分の状況を伝えたくてもなかなかうまく伝えられず、状況を伝えたくても上手く伝えられないもどかしさをY様は感じていたとの事でしたが、一つ一つ状況を整理していき、説明が決して上手とは言えないもののY様がした事や対象者とのお付き合いの仮定等をお聞かせ頂きました。

相談時に話しを聞いているとY様が口に出した事も含めて細かな話しの中で対象者の性格等も踏まえて話しを聞いていると復縁の可能性は全くない訳ではない事に気付きます。
工作員を接触させてY様が抱えていたストレス等を対象者も理解出来るであろう事やY様に対する気持ちが残されているであろう事がY様からの話しの中で判断出来た為、復縁の可能性が見え、方法次第では復縁も可能という判断が出来ました。
復縁する為に工作員の協力は必須になりますが復縁の可能性は十分にあるという判断で復縁工作の依頼を承る事になりました。

復縁工作の契約書を交わし、着手金の入金確認後、復縁工作を行う為の情報収集の着手に入りました。
Y様との別れた後、対象者との連絡は疎遠になり、リアルタイムな情報は入らなかったので調査を行いながら対象者の情報収集に努めます。
調査を進めていくとY様も知らない対象者の情報が入手出来、復縁する為に必要な情報を集めていく中でY様がショックを受ける出来事もいくつかありました。

工作員との接触前にY様の心は若干折れ気味になり、復縁する為に必要な情報を集めている時点で心が折れそうになるY様の話しを聞き、陰ながら依頼者の辛さをサポートする以外に担当者が出来る事はありませんでした。
対象者に接触して話しを聞いているとY様との関係についての話しになり、付き合っている間とても辛く、別れてから自由になり、心も軽くなったとの話しを聞き、Y様に伝えづらい内容でしたが伝えなければならない状況に心痛めながら報告させて頂くと、Y様は涙を流しながら自分のした事を後悔していました。
依頼してからずっと後悔し続けるY様に復縁屋の立場は慰める事が求められる訳ではない為、話しを聞くだけしか出来ない状況に心痛めながら出来る事をさせて頂いている態度でY様の話に耳を傾けます。

Y様の悔やむ気持ちを聞いた担当者はどうにかしてあげたいという気持ちで工作員への指示を出しますが、工作員が話しを聞けば聞く程、Y様への言葉が尽きる事なく聞こえて来る為、担当者も頭を悩ませます。
対象者からの話しを工作員が聞き、Y様へ思っていた事を全て話した対象者は吹っ切れた表情とスッキリした状態になり、そこから初めて心理誘導を行い、復縁に向けて対象者への工作を進めていく事となりました。
少しづつY様に報告する内容も接触当初とは異なり、対象者から出て来る言葉も変わって来た為、Y様の後悔が大きくなる事もなく少しづつ声の調子も明るい声になっていきます。

前向きさを取り戻したY様とY様への不満を全て晴らした対象者の再会を演出する頃には復縁を完全に意識させられた状態を作る事が出来、再会に胸躍るY様と対象者の再会を演出する打ち合わせ通りの再会にこぎつけました。
復縁を意識したY様と対象者が再会した後、対象者は工作員に話していた様な事をY様に告げますが、最初に工作員からの報告で聞いていたY様は対象者の不満を全て受け入れ、感情的になる事なく対象者と向き合えました。

再会した際に感情的にならない姿を見た対象者が想像していなかった事に一番驚き、逆に感情をぶつけてしまった事を申し訳ないと詫びる姿も見え、関係修復に繋がります。
再会工作の後に2度程デートをした頃には仕事でストレスを抱えて爆発させていた頃とは異なるY様の姿を見て好印象を抱いており、言葉には出さなくても蟠りが取れた2人の姿は恋人の様に見えましたが、復縁に繋がる言葉は出て来ません。
最後の一歩が踏み出せない対象者に工作員が接触し、背中を後押しする事で復縁成功に繋がりましたが、対象者の少し煮え切らない性格を考えた時にY様も焦らず落ち着いて行動で来た事が功を奏した復縁工作成功事例になります。