恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金1ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
別れさせたい状況付き合っている時のデート代等も請求してくる彼氏と別れたい

常に束縛状態の彼氏と別れたいと口にする度に交際期間中のデート費用を返せと脅され、その額300万円を請求される為、別れたいけど別れられない状態が続いていました。

交際期間中のデート費用に関して言えば、出してもらっていたとはいえ、借りたお金ではありません。稀に復縁を迫る方の中にもデート費用を請求する方もいますが、返済する必要のないお金なのでM様も返済する気はないと対象者に伝えたとの事でした。

デート費用を返済しない事と別れを切り出したM様が対象者から更に束縛され、別れたいけど別れられないある種軟禁状態に近い形となり、途方に暮れていたM様が別れさせ屋を探し、弊社へご相談頂いた形となりました。

対象者が別れたくない理由は35年の人生で初めての彼女がM様だった事でもあり、初めての彼女という想いから結婚などを考え、M様と別れたら一生独身かもしれないという恐怖からくるものだとM様は予測します。

M様の考えが合っているかどうかは分からない為、調査しつつ工作を仕掛ける形を取り、M様への固執が本当かどうかを確かめました。

しかし、対象者に接触するとM様への執着は初めての彼女だからという訳ではなく、M様は何度も浮気を繰り返し、時間もルーズで約束を守らない等、人として問題がある部分を変えてあげたいという想いから執着している事が判明しました。

対象者の話しを確認する為にM様と打ち合わせをさせて頂きましたが、対象者の話しに嘘偽りはなく、M様が時間や約束にルーズで金銭的にだらしない部分もあり、問題を抱えている事をお話し頂けました。

M様の予測は外れていた為、工作の方法の修正を加えながら別れさせ工作を勧めていきます。方法としては対象者がM様を変えてあげようとすればするほど反発するのではないか?という事と、過保護過ぎればM様が更にダメになる事を心理誘導していきます。

対象者も関与しないで済むなら関与しないで済ましたいけど、M様の両親との約束等があり、M様との別れに進めなかったとの事でした。

対象者がM様に対する執着している部分も分かり、対象者が自らM様の元を去る事を考えた時に、金銭的なM様との約束を工作員にも話し、別れても良いけどお金を返して欲しいとの話しを聞き出します。

デート費用に関しては返済義務のないものであり、デート費用を請求するのはお門違いである事を伝えると、対象者はデート代を返してもらいたいのではなく、新居に引っ越す為や結婚した時の為の貯金をしていたお金を返してもらいたいという旨を話して来ます。

新居の引っ越し代や貯金をM様が預かっていたのなら返さなければならないお金ですし、そのお金に関してM様と打ち合わせをするとM様はお金を使いこんでしまい持っていないと言いだします。

さすがに預かっているお金は返さなければなりませんから、返済に充てるお金を準備して頂く様に話します。対象者にはお金を使い込む様なM様とのお付き合いは人生の時間を台無しにしてしまう為、早急に別れた方が良いという方向で誘導し、対象者が別れに踏み切ります。

対象者からM様と別れたという話しを聞き、他に良い女性がいるから早く縁が切れて良かったという話しをし、お祝いに夜のお店に工作員と行く事になり、別れ工作が成功しました。