恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域R様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況30代妻の不倫相手を別れさせたい

R様さんから最初にご相談頂いた際に、元々は妻との復縁をご要望されていました。しかし、復縁工作のご依頼中に妻がまさか不倫しているとは思わないが、不倫をしているなら辞めさせたいというご相談を頂き、復縁に向けた業務から遂行するご契約を交わさせて頂きました。

不倫しているかどうかの確信がないまま奥様に接触するのではなく、まずは事実確認をし、工作員が対象者に接触する旨を伝える方法を伝え、復縁屋業務を解します。

ご依頼を頂いた際に妻の情報を頂きますが、専業主婦であり、子供はなし。夜の夫婦関係も数年はなく、不倫をしている確証は何もないが、妻のR様への対応の変化が気になる事で、元々は妻との家庭内での関係を改善したいという重いから弊社にご相談頂く形になりました。

R様から話しを聞いていて、浮気を疑う点は婚姻生活がさほど長くない状態からセックスレス状態に繋がった点位であり、R様は全く妻の不倫に関しては気付いていない様子でした。

しかし、結論から言えばR様が不倫に気付いていなかった為、怪しいと思うような事がなく、怪しいと思う事がないままに、相談員に状況説明をしていた為、相談員も不倫に関しての疑いを見出せなかったので復縁屋業務のご依頼を頂いた後に行う調査で妻の不倫が発覚します。不倫が発覚し、不倫関係を破局させる別れさせ屋業務への転換が求められました。

不倫相手の発見後、速やかにR様に連絡をしたところ、R様から思い当たる点が一点…という話しをされ、弊社相談員には伝えていなかったけど、思い過ごしであって欲しいとの想いから不倫への疑いを口に出したくなかったとの言葉を頂きます。

不倫への疑いを持ちたくないのは分かりますが、疑いが確信に変わってしまった状態ではR様も婚姻生活を継続させる為には別れさせ屋業務を遂行するしかないと考え、ご依頼を継続させて頂き、対象者のどちらに別れさせ工作員を接触させるか、それとも両方に接触させるかを打ち合わせさせて頂き、対象者の選定を行います。

調査情報を元に、R様と入念な打ち合わせを繰り返し、対象者の絞込みをしますが、対象者を誰にするか?選定した対象者にどんな方向で別れさせ工作を進めていくか?幾つもある方法の中からベストな選択をチョイスし、工作員を対象者に接触させます。

接触方法から別れさせる方法まで、細かい部分で打ち合わせを行う事で不倫相手と奥様が別れるまでの流れをプランニングし、実際に工作員が接触する際にもトラブルなく、自然な流れで接触する事ができた為、別れさせる為の情報入手も進めていく事が出来ました。

このケースでは妻に接触するのではなく、工作対象者を不倫相手に定め、不倫相手と30代妻との関係が破局する為の情報を入手します。

不倫相手は最近R様の30代妻がR様との離婚を考え、結婚して欲しいという事を匂わせている事を察知していた為に、自分は遊びのつもりで最初は付き合ったが、遊びから真剣に交際した方が良いのか?という悩みを抱えていました。

離婚させてまでR様の妻を愛しているのか?という質問に、正直分からないと答え、正直分からない程度の愛情なら泥沼化する前に別れたほうが無難ではないか?という心理誘導を行います。

別れを意識させながら、工作員が接触していく上で対象者に対象者好みの女性工作員を紹介します。

対象者の30代妻には旦那がいる中で、対象者のタイプの女性工作員との会話が盛り上がる事で不倫を解消する運びになり、別れさせ屋業務が成功しました。