恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域H様 会社員 34歳 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 180万円 成功報酬30%
別れさせたい状況浮気相手に取られた元彼を取り戻したい

2股を掛けられていたと知ったのはH様の友人からの情報になり、H様の友人が偶然彼氏が女性と歩いている姿を見つけてしまい、H様に報告した事から2股を問い詰めたとの事でした。

2股を問い詰めると彼は逆ギレをし、H様との交際に別れを告げます。

別れを告げられた所、別れを受け入れられないH様は彼氏の二股を容認しなければならなくなり、2股がバレてからは堂々と2股相手の所に行って来ると宣言して出掛ける事になります。

別れるべきか悩んだ末に彼氏との思い出を思い返し、別れられない…と決断したH様は別れさせ屋を探す事となりました。

しかし1社目に依頼したところは対象者への接触をせず調査をしても何も判明出来ず、別れさせ屋に対して不信感を持ったとの事でした。

不信感を持ったけれど2股を許したくないと考えたH様はちゃんと別れさせ工作を行ってくれる別れさせ屋を探します。

そして行きついた先が弊社になり、別れさせ工作の方法について説明すると1社目に依頼したところとは全く違うという返答を頂き、細かい説明や疑問に思う事を質問して頂き、ご依頼頂く形となりました。

対象者(彼氏)の情報を整理して、工作方法の打ち合わせを進めながら2股相手を別れさせる工作を進めていく運びとなりました。

二股相手の情報は乏しく、いつから二股されていたのかは分かりませんが、H様が問い詰めた事でH様への想いよりも二股相手への想いが強くなってしまったのは明らかでした。

二股相手への想いよりもH様への想いを強くさせ、対象者自らが二股相手との関係を清算する様に進めていく心理誘導の方法を行っていきましたが、対象者の気持ちは工作員が接触した頃には完全に二股相手に向かっていました。

工作員が対象者に接触して判明したのはH様との別れを決意していた対象者の気持でした。

対象者から聞き出した情報をH様に伝え、伝えた内容を元に工作方法の転換を図る事になりました。

対象者への工作ではなく、二股相手にターゲットを変え、別の工作員を接触させる運びとなりました。

二股相手に工作員が接触していると二股相手は対象者への気持ちが冷めていた事が分かり、元々H様との交際を知らなかった二股相手は対象者から事実を聞いた事で気持ちが冷めてしまったのです。

二股相手に工作員が心理誘導を行う事で二股相手の気持ちが急激に冷めて行き、対象者との関係が悪化していきます。

対象者の性格上、追うよりも追われる方を望み、対象者への気持ちが冷めるほど二股相手は距離を置こうとしていきます。

完全に二股相手の気持ちが冷めた頃には対象者へ別れを告げる結果になりましたが、その際にH様にも二股相手が取っている行動と同じ事をして頂いていました。

工作員の心理誘導で二股相手は対象者への気持ちが完全になくなり、対象者が縋れば縋るほど二股相手は気持ちが冷めていった事を確認した工作員は二股相手から相談を受けている段階で、対象者からの連絡を拒否する提案をしたところ、二股相手は対象者の連絡先を全て工作員の前で削除していました。

別れさせ工作が成功した事をH様にお伝えさせて頂き、対象者の気持ちを再確認した工作員はH様にアドバイスを行い、別れさせ工作の依頼から以前の仲の良い関係まではいかなくてもH様だけとの交際を行う対象者になり、請けた依頼以上の収穫がH様にはあったという別れさせ工作の成功事例になります。