恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 100万円 成功報酬30%
別れたい状況DV被害を恐れていたのでバレない様に別れ工作をお願いしたい

DVの度合いによっても別れたいと想う気持ちは異なりますが、Y様は日常的なDV被害に遭われており、誰が聞いてもDVと言えるレベルのDV被害を受けていました。
対象者は暴言や物にあたるだけに留まらず、Y様に奮う暴力でY様はトラウマになり、過呼吸状態になる被害も受け、面談中も対象者の事を思い出して過呼吸になるほどの状態になっていました。

対象者と別れたくて別れさせ屋を探してはいたものの、別れさせ屋に依頼した事が対象者にバレてしまえば身の危険を感じる為、なかなか相談や依頼に踏み切る事が出来なかったとの事でした。
しかし、我慢も限界を来し、命の危険を感じたY様は仕事中に早退の手続きを取り、一大決心をして弊社にご相談頂きました。
面談に掛ける時間も極力短縮して欲しいとの事で、面談した後にフリーメールアドレスでやり取りをし、状況確認を絶対に対象者にバレない様に進めていきました。

契約後の着手金も口座を対象者が管理している為、着手金の振込にも注意しながら全てにおいて警戒する形で着手に到りました。
着手後、対象者の行動を表すデータを頂きながら工作員が対象者に接触するポイントを判明させ、メールでY様と打ち合わせをする形になりましたが、メールではいかんせんやり取りが遅く、接触の方法等もタイミングがズレこみました。
Y様もメールでのやり取りしか出来ない為、とてもヤキモキしていましたが、なるべく返信は早くしていた為、時間のロスはありましたが最小限の時間のロスで済ませる形が取れました

対象者に接触後、工作員と対t照射の会話の中にはDVをとてもやる様な人物ではない口ぶりで暴力反対の言葉まで出る始末です。
対象者がY様にしている事はDV加害者特有の暴力ではなく教育の一環の様な言い方をし、正当化している事が垣間見えます。
Y様に見せる姿と工作員に見せる姿は明らかに違うであろう事をY様からの話しで想像出来ました。

担当者とのやり取りで気を紛らわせる事が出来ると仰っていたY様への暴力は工作開始直後はエスカレートする一方でメールには常に苦しいですの一言が添えられて送られて来る為、担当者も心苦しく感じていました。
対象者への別れ工作を進めていくところどころに対象者の暴力的な一面も見え、お酒を飲み交わすと乱暴な言葉遣いになる事や反グレを匂わすような事を口にし、Y様を脅していた事が分かります。

別れ工作を進めていく中で一度対象者が道行く人に絡む様な事までして工作員が対象者の代わりに絡んだ相手に謝罪をする等、酒癖の悪さも目につきました。
日常的に暴力を振るわれ、ある種洗脳されて生きているY様にしてみれば何をされるか分からない恐怖はとても怖い事が分かりますし、急いでどうにかしてあげたくても出来る限り以上の事をすれば怪しまれてしまう為、出来ないジレンマに陥ります。
人間関係を構築していく上で対象者との上下関係が逆転し、対象者は工作員の事を尊敬する大先輩の様な扱いに変わっていきます

お酒の席での失敗などを世話をしてあげる形を取り、工作員を慕う対象者との関係が出来、当初予定していた方法よりもやり易い方法へとシフトチェンジする事になりました。
Y様にもその時の状況をお伝えしましたが、対象者が酒に飲まれて失敗をする姿が想像出来なかったとの事で驚きを表現するメールを頂いていましたが、その文章の中にも苦しみを担当者に伝える内容が書かれており、心苦しく思いました。
Y様の苦しみを露程も感じていない対象者を助ける義理は本来ならないのですが、助けた事によって別れ工作がスムーズに成功する流れになり、仕事としては大喜びの展開になりました。

工作員の言いなりに近い状態まで関係を昇華させ、対象者の気持ちを他に向かわせればほぼ完ぺきに別れ工作が成功する流れになった為、対象者の興味をY様に向かわせる様に仕向ける工作に移りましたが、この頃には暴力はほとんどなくなっており、DVをする気配はほぼ感じられないとの事でした。
DVを受けなくなった事でひとまず安心したY様でしたが、早々に別れたいという想いが強くなり、工作の進捗具合が気になるメールを頻繁に返して下さる様になりました。
対象者がY様に固執していたのは、Y様以外に構ってくれる友人などもおらず、1人になり寂しくなりたいからという事まで分かり、工作員との関係が出来上がってからはY様が少しづつ邪魔になったような言動が増えたとY様から報告がありました。

工作員と遊ぶ事に慣れた対象者の心情の変化を感じたY様の身の安全が確保できた為、別れ工作の最終段階に入りましたが、工作員の心理誘導で彼女がいる事の不便さを信じ切った対象者はY様との別れを工作員に口にします。
一度口にした事を実行に移さない事はY様への未練がある事と事前に対象者のプライドを刺激する言い回しをしておいた為、対象者は実行に移さなければならない状態になり、自分で自分の首を締める言葉を出します。
Y様との関係に未練がない様に振る舞う対象者を煽り、更にY様との関係を終わらせる様に誘導していくと、Y様はその日の内に別れを告げる電話をY様に掛け出しました。

酔った勢いで伝えた等、後々対象者が自分の言った事をご破算にさせない様に念押しして一度言った事をひっこめない様に話しをしておきます。
Y様からは『別れたくない』ちおう言葉を出させ、スグに別れに応じてしまわない様に事前に説明しておいた為、Y様にも拗れたカップルの様な別れ話に乗る形を取って頂き、別れ工作が成功した事例になります。
別れ工作が成功した後も対象者が付き纏わないか?の心配をY様はしていた為、工作員の抑制をする為に連絡だけは今現在も対象者と取り合っている状態になり、Y様が次に恋人を見つけるまでは付き纏わせない様にご協力させて頂いています。