元彼と復縁したいので復縁工作を依頼したいというご相談者様から、どんな復縁工作方法がありますか?と質問されますが、復縁工作の方法は別れの原因に対して、心理誘導を行い、別れの原因をぼやけさせる事や復縁の後押しをする方法になります。

とお伝えする以外に復縁工作方法でお伝えする事が出来ません。

復縁工作の依頼を頂く前に事前にヒアリングをさせて頂き、客観的に見て問題点があれば、その問題点を改善する様に復縁工作前にもアドバイスをさせて頂く事が出来ますが、それ以上の改善となれば、直接本人から別れの原因を聞きだし、その別れの原因となった事案に対して改善して頂きます。

復縁工作でどの様に心理誘導を行ってくれるのですか?という質問には、ヒアリングをさせて頂くからこそ、元彼と依頼者との関係が分かり、その関係性を把握するからこそ復縁工作方法についてご提案する事が出来ます。

この依頼者の場合、何度も元彼に嘘を吐いてしまい、それが原因で別れたとの事でしたが、どんな嘘を言っていたのか?その嘘の内容に沿って復縁工作方法をご提案させて頂かなければならず、嘘の内容によっては復縁工作でも対応する事が出来ない様な場合、復縁屋ジースタイルでは復縁工作方法をご提案する事は出来ません。

たまたま、この依頼者の場合は嘘を吐いていたという問題がありましたが、その嘘の内容が客観的に見てもちょっとした嘘程度のレベルでしたので復縁工作方法をご提案する事が出来ました。

依頼者が吐いた嘘は一般人であれば言ってしまう程度の嘘のレベルにあり、その嘘は元彼を傷付けない為の優しさから来る嘘でもあったので、嘘の本質について、元彼が知る事が出来れば、依頼者が元彼を気遣って吐いた嘘だと気付かせる事が出来ます。

悪意のある嘘なのか、相手を思い遣った嘘なのか?同じ嘘でも状況次第では捉え方が変わってしまう事があります。

そうした考え方の誤解を解す復縁工作方法を使い、この案件は復縁成功という結果に繋がりましたが、当事者がいくら悪意のある嘘ではないと伝えても元彼には届かなかったという事でした。

復縁工作員が客観的な立場で第三者という立場だからこそ元彼は話しを聞き入れる事が出来、受け入れる事が出来たのですが、依頼者が1人で復縁活動を行っていれば、いつまで経っても復縁成功には繋がらず、誤解を解くまでには到らなかった事がよく分かる案件でした。