本気で彼を取り戻すなら

今日は2月3日、節分です。

節分といえば、「鬼は外、福は内」の掛け声です。

鬼とは邪気のことでもあり、心に巣う良くないものも鬼であると言われています。

『復縁したい』と思いつつ、「でもどうせ復縁できないだろうな」なんてネガティブに考えてしまう良くない鬼を飼っていませんか?

  • 鬼は外!
  • 福は内!

貴方の心の鬼を外に追い出し、復縁という福をgetしましょう!

『復縁したい』と思う方は、どれほどの期間や時間があれば復縁ができると思いますか?

今回、たくさんの案件を経験している敏腕調査員スタッフたち数名に、それぞれアンケートを取ってみました。

返ってきた答えは…平均3ヶ月!

この期間を長いと思いますか?短いと思いますか?

勿論個別の事案により、平均期間よりも長くなったり短くなったりもしますので、あくまで”平均”になりますが最短では1週間で復縁成功した例もあります。

この期間に関して人それぞれの感じ方はあるとは思いますが復縁までの期間が平均3ヶ月を長いと感じる方は沢山いらっしゃいます。

この期間を短く出来るか長く出来るかはそれぞれですが、この平均的な期間が掛かってしまう理由をいくつか挙げてみましょう。

1:連絡先がわからない、どこに住んでいるかわからない

別れた直後に復縁を願う方より、別れて数ヶ月~数年経った後に『やっぱり復縁したい!』と思い、復縁相談の連絡を下さる方は沢山いらっしゃいます。

その場合、空白期間がある為、まずは復縁したい相手がどこにいるか?について確認をしなければなりません。

本人確認をせずに依頼者の方から頂く情報を元に『住所が分かるなら、そこから出てくる方が対象者ですね!』と何も確認をせずに対象者に接触します。

ここだけを見れば何もおかしな事はないじゃないか?と思うかもしれませんが、お伺いさせて頂いた住所から出てきた人物が別人だった場合、復縁工作員が接触して話しを聞き出しても全く話しが異なる。

そして、その別人には恋人や家族がいる…といった状況になれば工作員側は『結婚して子供もいるんですけど…』という話しを依頼者にしてしまいますし、全く別人に接触して話しを聞いた所、対象者が違う為、全く異なる対象と話しを進めて行く事に成りかねません。

もちろん、工作中に写真を撮る等して報告をするのですから途中で気付くのですが、その報告をするまで全然違う人物に接触して話しを聞きだし、時間をロスしてしまう。といった恐れがあるのです。

依頼者の方は対象者を知っているので、間違えないだろう…と考えるかもしれませんが、復縁屋側は対象者の情報は依頼者から聞いた話しでしかない…となれば、復縁工作の初期の段階から確認と報告の連絡を細かくして行かなければ対象者違いにもなってしまいます。

そういった事も含めて一定の調査期間をかける必要があるのです。

2:あまり良い別れ方をしていない

お互いが納得し平和に別れるというのは別れ方の一種の理想になります。

別れ話をする際に喧嘩をして拗れてしまい、復縁を望むけれど拗れた状態の為、復縁は厳しいとお考えの方からのご相談を沢山いただきます。

拗れた状態だからこそ、何かに頼りたい…と考え、復縁工作を検討する方が多いのですが、復縁したい相手も拗れた関係の方との復縁に慎重になっている場合もあり、工作員のアプローチで印象操作をしなければならないのですが、そこに時間が掛かってしまう事があります。

復縁工作はマインドコントロールではないため、時間を掛けて復縁したい相手の気持ちを転換させる様に仕向けますが、どうしてもそれには時間が掛かります。

誰かの気持ちを変える事は簡単ではなく、また、最終的に復縁するかしないかの決定を下すのも、復縁屋や復縁工作員や依頼者ではなく、復縁したい相手になります。

弊社が考える復縁とは、縁を取り戻す事であり、出会いを演出するだけではなく、という継続的なものを目指しています。

復縁しなくてもよいと思ってしまっている対象者に、『もう一度復縁してみよう』と思ってもらえるように、工作員はアプローチをする為、時間はどうしても掛かってしまいます。

3:工作員が工作員とバレないようにアプローチしなければならない

復縁工作を検討している方が復縁工作を躊躇う理由の1つに、『復縁屋を利用したとバレたらどうしよう』というものがあると思います。

当然ですよね?あからさまに調査や工作をしたら、疑われる事があるかもしれません。

急に目の前に現れた人から復縁を薦められたら、どう思いますか?

工作員のアプローチが復縁したい相手に露顕しないよう、工作員は最大の注意を払って活動しています。

弊社の工作員は、復縁工作のプロとして違和感なく対象者に近づき、復縁についてポジティブに考えてもらえるようにアプローチをしますが、そのアプローチ方法も焦ってしまえば復縁の後押しではなく、復縁をごり押ししてしまい、対象者に警戒されてしまいます。

復縁工作員の存在を対象者に疑われないようにする為には時間が必要となるのです。

急がば回れ、早いだけが良いことではありません。

まとめ

復縁したいを叶えたいなら…

この記事では復縁工作に時間を必要とする理由を3つ挙げてみました。

これらの理由により、平均3ヶ月の期間が掛かってしまうのですが、それを書かせて頂いた上で改めてお伺い致します。

復縁工作に掛かる平均3ヶ月の期間を、長いと思いますか?短いと思いますか?

工作期間中は、ただ待つだけではありません。

復縁後にそなえて、以前より良い女・良い男になるために、集中的に自分を磨く期間として、お客様にも全力を出して頂く必要があります。

その全力を出して頂く期間は長い3ヶ月にはならず、実際に自己改善を行う際に時間が足りない…と感じる方の方が多くいらっしゃいます。

工作に時間を掛ければ掛けるほど、依頼者の不安が増大し、それは自分自身の為にも弊社の為にもなりません。

この記事で復縁工作の利用を悩んでいる方の不安が少しでも解消されればと思います。