恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 70万円 成功報酬30%
復縁したい状況セフレから先に進めない悩みを抱えていた

セフレから付き合うまでに戻りたいんです…という相談を頂いたのは深夜帯の午後23時を回る頃でした。

セックスだけの関係のセフレから脱却してどうにか関係を取り戻したい…とご相談頂き、今の心境をお話し頂きましたが、状況はとても悪く、そこから復縁…?と弊社相談員も頭を傾げたくなる様な状況でした。

週に3回ほど体の関係を持ち、セフレとしての地位を確立した上で恋人しての関係を構築したいとの事ですが、関係を構築する為にセフレという関係を構築してしまった以上、1人で関係を構築し直すのはとても難しいとの判断でした。

A様の熱のこもった話しはあっても復縁する為に意思を強く持ってもらわなければどうにもならない部分もあり、長時間に渡る面談の末、A様の熱意に負けた…という事もありますが復縁工作の依頼を承る事になりました。

復縁する為には復縁工作中にA様との体の関係を持たない事を大前提とし、体の関係を一度でも持ってしまえば復縁工作の依頼を打ち切らせてもらう条件で契約書を交わします。

復縁工作中にA様と対象者が肉体関係を持とうが弊社は確認しようがない事実になりますが、A様の決意を確認する為の理由として条件付きでの依頼を承ります。

復縁工作のご依頼を頂いてからは対象者と工作員が接触して対象者から話しを聞く限り、セフレとして上手くやっているから復縁はない!!と強い口調で伝えられ、復縁工作員も半ば諦め覚悟半分で復縁工作を行っていました。

復縁工作員から担当者に『なぜこの依頼を請けたのか?』という怒号にも近い質問を繰り返され、復縁工作員のやる気が出る条件は1つもありません。

しかし、担当者だけは復縁工作の依頼を請けた理由があり、キッカケを見出していた為、キッカケを作り出す復縁工作を工作員に提案し続けます。

工作員に何度担当者から説明しても理解出来なったものが、現場の状況が変わり、担当者の考えていた通りのシナリオに進みます。

シナリオに沿った形で復縁工作を進めていくと担当者の意図を組んだ工作員は担当者との打ち合わせを増やし、担当者の意図を組んだ復縁工作を進めていきます。

A様には分からなかった復縁工作のシナリオがA様にも分かる様になったのは復縁工作の半ばあたりになり、対象者の心境の変化を感じた工作員は担当者を通じてA様に復縁の可能性を伝えていきます。

復縁工作が担当者のシナリオ通りに動き、シナリオが当初に描いた通りに進んだ事を知ったのは工作員からの報告が担当者に伝わった頃になり、復縁工作は成功に向けて進んで行く事となりました。

A様も予期せぬ復縁工作が成功したのは担当の技術もあり、復縁工作で描く未来がたった1人見えていた部分が強くあり、誰もが絶望の中、1人の存在がA様に笑顔をもたらす結果になった復縁工作成功事例になります。