恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬30%
復縁したい状況結婚に進まない事に業を煮やした彼女に別れを告げられた

元彼女から別れを告げられた理由は結婚に向けて中々先に進まない事が原因で別れたとの事でした。

M様の中では結婚を考えていたけれど時期ではないと思い、結婚をはぐらかせていたけれど我慢していた対象者(元彼女)は我慢の限界に達してM様に別れを告げて来ました。

復縁相談を頂いている間に担当者は別れの原因は結婚が遅かったからではない事に気付きます。

対象者からは結婚を理由に別れを切り出されたモノの、本来の理由は別の要因があった事を相談時の内容で気付きました。勿論明確な理由ではありませんが、結婚の話しは後付の様に見え、M様から頂いた相談内容を元にアドバイスをさせて頂くとM様も薄々は結婚が理由ではない事に気付いていたとの事でした。

復縁する為には別れの本当の理由を知らなければ前に進む事が出来ません。本当の別れの理由を知る為に弊社に復縁工作のご依頼を頂き、工作員を対象者に接触して本当の別れの原因を聞き出し、問題点の洗い出しを進めていきます。

復縁工作のご依頼を頂いた後、対象者が二股をしていなかったのか?を調査し、もしもお付き合いしている異性が存在すれば別れの本当の理由は二股相手との交際という事が判明しますが、調査の末、別の異性の存在が浮かび上がってくる事はありませんでした。

調査結果を報告した際にM様は安心し、復縁する為に余計な心配が1つ減る事になりましたが、別れの原因は少なからず自分にある事に気付きます。

対象者に接触して話しを聞き出すまでは自分の抱えている問題が何なのか?について全く分からず、工作員が対象者に接触する日にはドキドキするという事を頻繁に口にしていました。

接触当日から過去の恋愛話等を聞き出せるケースは少なく、最初は人間関係を築き上げるに留まりましたが、事前に頂いていた情報を活用し、対象者との関係を良好なものとして築き上げることに成功します。

工作員からの誘いに対象者のノリの良さが手伝い、誘えばスグについて来る事もありましたが、想像以上の食いつきに工作員が少し困惑してしまいました。

工作員への食いつきの良さは後々に判明したのですが、M様と別れてから寂しさも手伝い、1人でいる時間が増えるのを避ける為に工作員を利用していた事が分かります。

対象者はM様との将来が見えない事も別れの原因の一つにあったのですが、対象者のご両親がM様との交際にNGを出していたとの事でした。対象者の気持ちはM様に残っていましたが、M様が前科者という事もあり、対象者のご両親は大切な娘を前科者の嫁にしたくないとの想いがあり、ご両親に前科があると伝えてしまったM様のデリカシーの無さに怒りをずっと抱えていたようでした。

デリカシーの無さは常々M様が注意されていた事で、デリカシーの無さを理解出来ないM様と結婚してもご両親が納得しない事をずっと抱えていた為、見切りを付けたとの事でした。

M様のデリカシーの無さについて対象者から聞きだし、M様の問題点を改善する様にアドバイスを進めていきます。

今迄のM様なら気付けなかった事に気付くようになり、辛い想いをさせてしまっていた事にも気付く事が出来るようになった事で、対象者の苦しみを心から理解出来るようになりました。

対象者の苦しみに気付いたM様は自分が対象者を苦しめていた事を理解した上で対象者に謝罪の言葉を伝えたいと担当者に泣いて伝えます。

しかし、対象者と対象者のご両親の問題を解決しなければ再会はまだ早いと判断した担当者が再会工作にSTOPを掛けました。

対象者と対象者のご両親の問題を解決させるにあたって工作員が対象者にアドバイスを行い、対象者が工作員のアドバイス通りの行動をし、少しづつご両親の説得をし始めました。

M様への愛情が亡くなった訳ではなかった対象者は自ら復縁する為にご両親の説得を始めますが、その話をM様に伝えると自分の過去を責め始めました。

対象者がご両親の説得を初めて2週間経った頃にM様との再会工作を提案させて頂き、M様が本当の意味での反省を対象者に伝える事に成功します。

ご両親の説得は難航しているけれど、気持ちが強く残っていた対象者はM様の想いを受けて、ご両親の説得前に復縁し、M様と対象者の2人で対象者のご両親の元へ行き、無礼な事をしていた事や対象者を絶対に幸せにしてみせるという言葉を対象者のご両親に向けて話し、対象者のご両親も気持ちに押されて復縁を認めざるを得なくなり、ご両親にも認められながら復縁成功した事例になります。