恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域A様 会社員 26歳 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況元彼との連絡も一切取れず途方に暮れている状態

A様は出会いアプリで出会い、付き合うまでに至ったけれど3か月後に突然別れを切り出されたA様は彼氏からlineはブロックされ、電話も着信拒否状態になり、一体何が原因なのかも検討が付かず復縁する方法が一切なくなりました。

連絡する方法もなく、彼氏の家には行った事がないので彼氏がどこに住んでいるのかも分からない状態になり、弊社にご相談頂きました。

対象者がどこに住んでいるかも分からない状態でしたが、頂いた情報量から対象者を発見出来る可能性は高く、なぜ別れに到ったのか?という当たりを付ける事が出来なかった為、工作員を接触させて別れの原因を聞き出す以外に方法はありませんでした。

対象者がどこに住んでいるかを判明させるのに、特殊な調査方法を用いた為、一ヶ月程度の時間は頂きましたが、調査の時間を頂いた後は速やかに工作員を対象者に接触させ、別れの本当の原因の聞き出しに掛かります。

別れの原因を聞き出した時に、対象者から『今迄付き合ったのは2人いたけど、どっちもいつかフラれるんじゃないかって不安になって自分から別れようって言っちゃったんです。』という言葉を聞き出します。

工作員が『フラれるのが怖いから自分からフッたらいつまでも好きな人と付き合えないんじゃないの?』という質問をすると、対象者から『今までに付き合った2人とも本当に好きになり過ぎるのが分かってて、怖くて逃げちゃったんです。』という話しが出て来ました。

別れの原因が対象者がA様と向き合う事から逃げてしまう事なので、対象者はA様の事がまだ好きで、これ以上好きになってしまうと怖いので自分から離れた事が分かります。

A様と報告内容から打ち合わせを兼ねて復縁する為に『再会した後は対象者よりも好きな気持ちをアピールして下さい』というアドバイスをさせて頂きました。

対象者とのlineのやり取りのデータを拝見したところ、客観的に見て、A様よりも対象者の方が好意を表していた事もあり、A様は一歩引いて発言する癖があった為、それが原因で対象者はこれ以上好きになってフラれたら怖いという恐怖を与えてしまった事が分かります。

問題点が分かった後は再会工作に移り、対象者を工作員が街に連れ出し、お店に入った後にA様と別の工作員が対象者達のいるお店に入り、偶然を装って再会させる事に漕ぎ着けました。

対象者と再会したA様は再会した喜びから涙を流し、A様の事を好き過ぎて夜も眠れなかった事を吐露します。

A様が本当に対象者の事を好きで仕方がないというシナリオを描いていましたが、A様の想いから涙を流す予想外の出来事に胸を打たれた対象者はA様との復縁を考えてくれた復縁工作成功事例になります。