弊社には多数の復縁工作が成功した事例があります。

復縁工作の成功事例は元依頼者様より掲載許可を頂いていますがプライバシーの問題等がありますので若干の修正や元依頼者様と認識出来ない様にしてあります。

対象者が万が一弊社ホームページに辿り着き、工作員が接触していた事や元依頼者様が復縁工作の依頼をしていた事が絶対にバレない様に配慮した上での掲載許可となっておりますのでご了承下さい。

各事例と似た状況であっても対象者の性格や行動等の違いがある為、必ずしも同じ方法で挑めば成功する保証のあるものではありません。

復縁工作のご依頼を頂く際の参考程度にお考え下さい。

些細なケンカで別れた元彼との復縁を叶えた復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例1

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域T様 看護師 27歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬10%
別れた状況元彼との些細なケンカが原因

T様からご相談頂いた際に元彼とのケンカの内容についてお伺いさせて頂きました。

些細なケンカが原因との事でしたが些細なケンカとはどういった内容なのか?をお聞かせ頂かなければどの程度の問題なのかが分かりません。

日常的に口論があり、交際歴1年の間にケンカは数えられない程度になり、元彼を傷付ける決定的な言葉をT様が発してしまった為、復縁工作のご依頼を頂く事となりました。

元彼がどの程度傷付いてしまったのか?が分からなければT様も謝りたくても謝り方を間違えてしまいます。

謝るキッカケも欲しいし、謝り方も分からないとの事でご依頼を承る事となり、契約書を交わして着手金のご入金が確認後に復縁工作の着手を致しました。

対象者に他の女性との交遊がないか?を確認する調査も行い、対象者と工作員を接触させる場所を特定させていきました。

T様と打ち合わせさせて頂き、接触ポイントや接触方法について事前に決めた形で対象者と接触すると無事に成功します。

対象者と工作員の人間関係を深める交流を行っていく上で対象者から別れの原因となった点の聞き出しに成功します。

T様が考えていた別れの原因とは異なり、爆発したキッカケは対象者を傷付けた一言だったけれど以前から別れを意識していた事も分かり、T様には対象者が抱えていた不満を聞き出すとT様にアドバイスを行い復縁する為に自分を変える努力をして頂きました。

T様の自己改善と同時に工作員が復縁に向けた心理誘導を行う事で対象者は抱えていた不満を工作員に吐き出せていた事も手伝って少しづつですが復縁を意識します。

対象者は不満の捌け口がなく、常にT様から不満をぶつけられていた事でストレスが溜りに溜まって爆発してしまった事も分かった為、自己改善を進める為のアドバイスをさせて頂きました。

決定的にT様が変わったと言える部分は依頼前にはお世辞にもあまり他人の話しを聞くタイプではなかった事が他人の意見に耳を傾ける事が出来る様になっており、担当者から見ても明らかに別人の様になっており、職場の病院でも周囲の反応が全く変わったとの事でした。

自己改善や心理誘導が終わり、再会させる為の工作に進んだ際に不満の捌け口がなかった対象者に不満を与えない約束を言葉ではなく態度で表したT様は復縁が成功した復縁工作の成功事例になります。

浮気が原因で別れた元彼女との復縁を叶えた復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例2

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 建築業 33歳 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 110万円 成功報酬30%
別れた状況S様の浮気が原因で別れを告げられた

S様は友人に誘われた飲み会に参加し、元カノには伝えなかった事が原因で別れを切り出されてしまいました。

浮気を疑われ、S様は浮気はしてないと言い張っていたものの元カノはたまたま会ったS様の友人から飲み会の話しを聞いてしまい、浮気を疑われてしまいました。

面談時に正直なところを伺ってみましたが実際には浮気をしようとしたけれどホテルに入ってから寝てしまい、本当に何もなかったけれどホテルに入った事は元カノに言える訳もなく、疑いを晴らそうにも晴らす術なくひたすら謝ったけれど許してもらえなかったとの事でした。

復縁工作の契約書を交わして着手金の入金後、浮気してない事を証明する形を工作員が取る為の接触を計る方法に着手致しました。

調査段階で対象者に異性の交遊がない事を確認し、接触ポイントを特定させて工作員を接触させる事に成功します。

S様と打ち合わせをし、対象者の趣味、嗜好等をプロファイリングして作ったシナリオ通りに動き出すと対象者は工作員の話しに共感し人間関係の構築もスムーズに行きます。

女性同士の会話なので元彼の話しになり、対象者からS様と結婚を考えていたけれど裏切られたとの言葉を聞き出す事も成功しました。

対象者から裏切り者扱いされていたS様に聞き出した情報を元にアドバイスを進めていくと元カノを裏切ってしまった自分の罪に対して泣いてしまう事もありました。

今後浮気しない様に自己改善をするのではなく元カノだけを愛する為の自己改善を行い、S様の元カノへの想いは更に強いものとし、対象者への心理誘導も進めていき、元カノも彼氏を求める様になります。

愛されたい。と口にする対象者に工作員が復縁を少しづつ進めていくと対象者の気持ちが揺らいだ瞬間がありました。

工作員が復縁ではなく再会を促していくとS様との再会に踏み切ります。

再会したS様と対象者の間で行われた会話のフォローを工作員がする事でS様の浮気は不問にはならないものの一度だけチャンスをもらえるとの事で復縁に応じてくれた復縁工作が成功した事例になります。

元妻との再婚を求めて依頼を頂いた復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例3

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域K様 自営業 45歳 東京
契約期間と料金6ヶ月の契約 150万円 成功報酬40%
別れた状況結婚生活で積み重なったストレスが原因

K様と元奥様は学生時代からの交際でK様が大学を出て就職した頃に長男をもうけます。

長男も大きくなり、完全に手が離れた事である日突然K様に離婚届を渡し、離婚を申し出されてしまいました。

突然の出来事に受け入れられなかったK様も離婚調停まで起こされてしまい、これ以上奥様を苦しめたくないという想いから離婚を受け入れますが奥様への想いを捨てきる事が出来なかった為、復縁工作のご依頼を検討し、ご依頼を頂く事となりました。

K様から情報を頂き、対象者の調査をするとK様と離婚したからなのか初めて対象者を見た調査員はとても明るい表情をしている事を確認します。

対象者の写真を撮影し、K様にご報告させて頂くとK様は妻にとって離婚したのは正解だったのかもしれない。と心を悩ませていました。

調査過程で判明した接触ポイントを利用して工作員の接触に成功した事を報告するとK様は苦しみながらも期待している気持ちを担当者に伝えて下さいました。

対象者への接触を成功させて復縁工作に入っている間に聞き出した事を報告している時もK様はメモに取り、自分の抱えている問題点を改善しようと必死でした。

工作員が対象者から聞き出した情報を元にアドバイスをさせて頂き、対象者にはK様との復縁に向けた心理誘導を進めていきました。

家庭内別居とはいかないまでも今後の人生を考えた上で何かあった時に知り合いがいた方が安心である事を話の流れで進めていくと最初は拒否していたものの復縁を意識はしてないけれどK様と連絡を取り合う様に自発的に対象者が動きだしました。

学生時代からの知り合いだけあり、K様との関係は居心地が良かったとの事で居心地の良さが逆に苦しかったという対象者は距離を空けながらの関係の再構築には前向きな意見が出て来ました。

K様には元妻への対応の仕方もアドバイスしていき、2人は結婚時とは違う関係の作り方を作り出し、復縁成功に繋がった復縁工作が成功した事例になります。

婚活で出会った元彼にlineをブロックされて復縁した復縁工作の成功事例

復縁工作の成功事例4

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域K様 会社員 28歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れた状況lineがブロックされて連絡が取れない

K様は婚活で出会った元彼との復縁を望んでいたものの突然lineをブロックされ連絡が一切取れない状態になり、復縁したくてもどうにもならない状態になってしまったとの事でご相談頂きました。

どこに住んでいるかもあやふやにしか分からない状態になり、復縁は絶望的になってしまい、復縁してくても1人ではどうにも出来ない問題を抱えてしまい復縁屋に辿り着いたとの事でした。

面談をさせて頂いた際に拝見させて頂いた情報の中で元彼を探す情報が含まれており、元彼を探す事は可能であり、lineのブロックも解ける見込みがあった為復縁工作の依頼を承る事となりました。

lineのブロックをされる理由がK様には分からなかった為、何故lineのブロックをされたのか?という元彼の心理状態もお伝えさせて頂き、ブロックを解除してもらっても同じ事を繰り返さない様に説明させて頂きました。

復縁工作の契約を交わさせて頂き、対象者を探す事から着手させて頂きました。

元々婚活で出会った元彼の為、お互いの事を知っている様で、いざとなったらlineしか分からず元彼の事を何も分かっていない事に気付きます。

元彼の事を別れてから初めて何も分かっていなかった事に気付き、lineのブロックを解除すれば復縁できるかもしれない…と思い込んでいた事も状況的にブロックを解除しただけでは復縁できない事をシッカリと理解して頂き、担当者からのアドバイスに真剣に耳を傾けて頂ける事となりました。

元彼の住まいを調査で判明させ、工作員を接触させるポイントを判明させ、接触に成功します。

対象者に工作員を接触させると元彼と人間関係を築き上げた後に元恋人の話しを聞き出す様に会話を誘導し、K様との交際について聞き出す事に成功します。

lineのブロックをした理由、別れを告げた理由等、K様は思い当たる節がないとの事でしたが、対象者から話しを聞いているとlineをブロックされた理由等が分かり、別れの理由となった部分を改善して頂く形を取り、対象者にはlineのブロックを解除してもらえる様に促します。

工作員の心理誘導の結果、lineのブロックを解除させる事が出来、K様の元に連絡が入ります。

lineのやり取りを添削させて頂き、K様とのlineのキャッチボールが順調に進んでいきました。

同時進行で工作員が対象者に向けて心理誘導を進めていき、対象者が誤解してlineをブロックしてしまった事も責めないK様の印象を良くさせる様に仕向け、少しづつ復縁を促す様に誘導していきました。

lineで復縁の話しをさせるのではなく、まずは再会する形を取らせ、K様が以前とは別人の様になっている事を印象付けて異性として再認識させる事にも成功し、元彼から『復縁しよう』と告白され、復縁工作が成功した事例になります。

復縁する方法が全く分からない相談者の復縁工作が成功した事例

復縁工作の成功事例5

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 会社員 28歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬20%
別れた状況元彼と復縁する方法が全く分からなかった

M様からご相談頂いた時、復縁する方法についてお問い合わせ頂きましたが復縁する方法についてM様が実行していた内容を聞かせて頂くと自分磨きに励んで外見を変える事や仕事を頑張る事で復縁できると考えていた様でした。

復縁の基本から説明させて頂き、M様が考えた方法では復縁は難しい事をお伝えすると何がダメで何をすれば復縁できる可能性を上げる事に繋がるか?を理解して頂き、理解して頂いた上で元彼と復縁するには1人で復縁活動をしても難しい事に気付かれました。

1人で行動しても難しいことから復縁工作のご依頼を頂く事となりましたがM様は別れの原因となる部分もご理解頂いてなかったので別れの原因を知り、自己改善をシッカリと行う約束をして頂き、復縁工作のご依頼を頂く事となりました。

元彼の情報をM様から頂き、対象者を調査する事から始めていくとM様は本当に復縁できるのか?という不安を抱えていらっしゃいました。

抱えた不安を解消するには自己改善の努力をして頂くしかなく、M様には自己改善の努力を求め、弊社は元彼に復縁を意識させる様に努力をさせて頂く約束をさせて頂きました。

対象者の調査も順調に進み、工作員を接触させる事に成功するとM様との別れの原因を聞き出せるほどの人間関係を構築する事に成功します。

別れた原因はM様の交際経験の少なさが招いた事であり、元彼はM様と交際している事に不満を感じていた事が分かります。

元彼を満足させられる様な交際の仕方が求められ、元彼から聞き出した情報を元にM様にアドバイスをさせて頂きました。

自己改善に励み、元彼と復縁したい一心で努力を重ねたM様は職場の同僚からも告白される様になり、人生観が若干変わったと仰いました。

考え方等が変わった事が分かり、元彼に復縁を意識させる様に心理誘導を進めていくと物足りなさを口にする元彼の心を揺さぶるには決め手に欠けていた為、復縁するまでの意識は少なかったのですがM様と元彼を再会させる形を取りました。

元彼とM様を偶然の再会を装って再会させると同僚からも告白されるほど女性としての魅力をあげたM様は一目で元彼から好印象を受ける事が出来、元彼との会話も弾みます。

復縁を意識させる会話をさせず、後日工作員と元彼が食事をしている時に元彼から『この前話してた前の彼女が可愛くなってたんですよ。』と告げられ、復縁の脈を感じます。

元彼に復縁を意識させる会話を工作員が行い、心理誘導する事で元彼の中に復縁の意識が芽生えた事で積極的に元彼からM様に連絡が入り、復縁に成功した復縁工作の成功事例になります。

様々な形の復縁工作の成功事例

様々な形の復縁工作の成功事例