恋愛工作の成功事例

依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域R様 東京
契約期間と料金5ヶ月の契約 150万円 成功報酬30%
復縁したい状況内縁の妻と結婚したい

男性R様から復縁工作の依頼を頂いた際にR様は対象者(内縁の妻)に対して暴力を何度か振るった事があるとの事でした。対象者には以前の旦那との間に出来た2人の子供がおり、付き合い当初はR様は子供を溺愛していたものの、自営で進めている仕事が上手くいかず、仕事が上手くいかないストレスを対象者にぶつけてしまい、家庭環境が悪化している事に気付き、暴力で対象者を繋ぎとめようとしていたとの事でした。

R様は見栄を張るタイプで、復縁工作のご相談を頂いた際も自分がした事を隠そうとし、必死に取り繕おうとしていましたが、相談員がR様の隠し事を見抜き、正直に話しを聞かせてくれないのなら依頼を断らせて頂く旨を伝えて、R様から正直に話しを聞かせて頂きました。

対象者に対する執着心が強く、対象者を失う恐怖から冷静な判断が出来ない事等を少しづつ吐露します。プライドが高いR様が涙を流して語ったのは深夜12時を回る頃の事でした。

復縁工作の依頼を頂き、対象者への接触を計り、R様が対象者に対してした事を全て聞き出します。対象者は初めて男性から暴力を振われた事が原因で別れを決意していたものの、別れたら家族全員を殺す等の脅しを言われてしまい、暴力を振われていた事もあり、逃げ出す事が出来ないとの事でした。

実家も知られており、子供達の身の安全を考えるとシェルターに逃げるかどうかを検討していたとの事で、R様が面談時に話していた事が10分の1程度の内容でしかなかった事に気付きます。

状況の悪さを対象者に接触する事で知り、DVをしていた事に対する認識をR様に植え付けさせます。対象者と接触した後に対象者の味方となってR様も交えて3人で話し、R様に対して対象者が想っている事全てを吐き出させました。

言葉では、ごめん。もうしない。とR様は何度も同じ言葉を出しますが、対象者よりも復縁工作員が、ごめん。もうしない。という気持ちが伝わらない。という事をR様に伝えます。

対象者よりも工作員がR様を責める事でR様のプライドはズタズタになり、見栄を張る性格に関しても対象者と復縁工作員で責め続けます。

R様が対象者と復縁工作員から責め続けられる事5時間の間に涙を流すR様の姿があり、対象者が涙を流すなら…という言葉を出した途端に工作員が、泣いて済む訳がない!と更に追い打ちを掛けます。

責められ続けたR様の姿を見た対象者が、もう二度としないよね?とR様に声を掛け、対象者の母性本能をくすぐる心理誘導が成功する形となりました。

しかし、DV案件の場合、一度復縁したところで、スグに暴力を振う事等が考えられます。DVを行う者は、その場限りの反省を口にし、同じ事を何度も繰り返すのが特徴になり、カウンセリング等に通い治そうとするDV加害者は多いのですが、まず治りません。

再度DVをして対象者が完全に見切りを付けさせない様に工作員が対象者と連絡を取り合う事で、R様のDV抑止とR様に弊社の自己改善プログラムを行わせる事で、一瞬の復縁ではなく、復縁した後に円満な家庭環境を作れる状態を作り出しました。

DV被害に対して、復縁工作員が対象者のガス抜きをし、少しづつ夫婦の在り方というモノを説明していきます。同時進行でR様に対しても夫婦関係の在り方に対するアドバイスを行い、DVが起きない環境作りを復縁工作員が行います。

対象者とR様との関係が付き合い初めの頃の様に戻ってきた頃には対象者から復縁工作員への連絡頻度も減り、R様からの報告で夫婦関係が改善されていった事も分かります。

復縁工作の依頼を頂くまではR様に対して恐怖を感じていた子供達もR様との関係を取り戻し、内縁とは言え、夫婦という形を取り戻した後に、子供達がR様の名字に変わりたい!という声を聞いた時に本当に嬉しかった。という声を聞いた復縁工作成功事例になります。