復縁屋が『復縁工作の依頼をしない方が良いですよ。』とお伝えするなんて!?と思うかもしれませんが依頼を断るケースは多数あります。

復縁相談を頂いている最中に依頼者の問題点がとても大き過ぎて復縁工作をしたところで効果が全く見えない相談者も少なくありません。

復縁工作で成功させる技術がない!と捉えられるかもしれませんが、相談員が相談者から伺った事を踏まえて復縁に必要なものを理解させるのは難しいと判断した場合、復縁工作をしたところで効果が表れる訳がないのです。

明らかに相談者自身に問題があるにも関わらず、『問題点を反省しました。』の一点張りで相談員が話を聞いていても反省の【はの字】も感じられない相談者から依頼を頂いて復縁工作を行ったところで対象者に好かれる訳がありません。

対象者に好かれる訳がない。と判断出来る相談者に復縁工作を勧めたところで成功しない事が分かっているのですから無駄になります。

相談者が復縁屋に幾ら復縁工作をしたいと仰ったところで成功の見込みが見えないのは相談者本人に問題があるからであり、問題点を指摘すれば不貞腐れる様な相談者の依頼を承る事は出来ないのです。

元恋人から問題点を指摘されても何も改善しようとしないので復縁屋に頼らざるを得ない状況にもかかわらず、別れを告げられて復縁屋に頼らざるを得ない状況になっても何も自分を変えようとしなければ元恋人から好かれないのは明白です。

復縁屋は依頼者の味方である一方で対象者の味方となって話をしなければならない為、対象者の味方となった時に絶対に復縁したくない!!と言われるような相談者なら復縁屋は当然依頼を断らなければならないのです。

復縁工作のご相談を頂く方々はお金を払えば依頼を請けてくれるものとして考えているケースが多いのですが、復縁工作の依頼を請けるかどうかは元恋人が復縁を意識してくれるか?の事前審査でもあります。

復縁の事前審査が通らなければ本番の元恋人との復縁に至る事はありません。

『復縁工作の依頼をしない方が良いですよ。』と復縁屋が相談者にお伝えするのは『残念ながら審査に落ちましたよ。』という事でもあり、復縁の見込みがない方の相談を断る為の言葉になります。

復縁工作の工作技術や実際に稼働するか?を気にする人は大変多いのですが、稼働する、稼働しないの前に依頼を請けてもらえない。という事を考える相談者はあまりいません。

自分のおかれている状況を本当に理解している相談者は依頼を請けてくれるかどうか?を気にします。

何故なら状況的に自分ではどうにもならない事が分かっている上で復縁屋に相談するのですから復縁工作は成功しないんじゃないか?と考えますし、復縁工作が成功しないと考えているなら依頼を請けてくれるのか?を心配するのが普通です。

自分の状況を理解してない相談者は、復縁屋に相談すれば復縁工作の依頼を請けてくれるものとして考えます。

どれだけ元恋人に嫌な思いをさせてしまったのか?を理解していれば復縁屋がお金を払うと言っても依頼を請けてくれるのが当たり前だとは考えません。

『復縁工作の依頼をしない方が良いですよ。』と復縁屋に言われるという事は復縁のスタートに立つ準備すら出来てないという事でもあります。

復縁のスタートに立つ準備が出来てない相談者が復縁工作の依頼を請けてもらえると思っている時点で復縁は絶望的ですし、復縁できる訳がないのです。

そして、一番大切なのは復縁工作の依頼を復縁屋が請けた後に復縁屋は依頼者との復縁を意識させる様に元恋人の背中を押す為の心理誘導を行います。

元恋人に依頼者との復縁を勧めるという事は工作員は依頼者の良いところを押す形の復縁工作を進めます。

復縁工作を行って良いところが見えない相談者、依頼者との復縁を工作員が勧める事は出来るのでしょうか?

相談を頂いて、良いところが見えない相談者との復縁を元恋人に勧めても嘘をつかなければなりませんし、対象者の味方にもなる復縁屋が対象者に嘘をつく訳にもいかない為、『復縁工作の依頼をしない方が良いですよ。』と遠回しに断らなければならないのです。

『復縁工作の依頼をしない方が良いですよ。』と復縁屋がお伝えする際は本当に復縁したいならもう少し自分の事を省みた方が良いとも言えます。