Pocket

「わたしが悪いです」「自分のせいでこのような状況になりました」

そう仰るお客様は多くいらっしゃいますが、本心でそう思っているのか、第三者視点から拝見させていただくと疑問に感じるお客様もいらっしゃいます。

例えば、復縁するためにお客様の良くない行動について指摘させていただいても、「でもそのときは」や「だけどそれには」と仰るお客様などが、正にそれです

その行動をなさったお客様にはお客様なりの理由はあったでしょう。

ですが、問題はその理由ではありません。

その行動の結果、お相手様が嫌な気持ちになったり嫌な印象を抱いたことが問題です。

お客様自身の理由が問題ではないのです。

 

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

 

例えばお客様の感情的な発言に対してお相手様が嫌な思いをしたとしましょう。

それに対して、「嫌な思いをさせたことはごめん。でもあれにはこういう理由があって・・・」とお客様が言ったとします。

それを聞いたお相手様はどう思うでしょうか?

「結局その発言を正当化しようとするんだな」「”こういう理由があったから言っても仕方なかったでしょう”と言いたいんだな」、です。

「ごめん」と言ったことは言い訳にかき消され、「ごめん」は言い訳を言うための接続詞的な意味しか持たなくなってしまいます

そもそも、お客様としてはその理由を理解してもらいたい気持ちがあるのでしょうが、嫌な思いをさせた相手に対して更に「自分の事情を理解してほしい」と望むことは、ワガママだと思いませんか?

ごめんと謝る理由は『許してほしいから』、その上に『自分の事情を理解してほしい』と、それは相手に対して寛容さを望むばかりです。

そこで寛容さを示すメリットがお相手様にあるでしょうか?

もし交際中且つ交際を継続させる意思があるときであれば寛容になることもできるでしょうが、そうではないとき、つまりもう関係を継続させる意思がないときであれば、言うまでもなく「聞く気すらありません。謝罪もいりません」で終了です。

 

何よりも、これが復縁したいタイミングのときであれば、そうやって言い訳をするのであれば、復縁は絶望的です。

お相手様は言い訳を聞かなければならない義務はないのですから、言い訳に繋がる「ごめん」は聞いてもらえることはありません

むしろ、言い訳を聞きたくないがために「ごめん」を聞くことすら避けるようになるでしょう

 

「わたしが悪いです」「自分のせいでこのような状況になりました」、と言いながらも言い訳をしていませんか?

一瞬でも言い訳をしてしまえば、それは謝っているのではなく言い訳をする口実を作っているだけです。

少なくともお客様自身にそのつもりがなくとも、お相手様にはそう思われないことはお覚悟ください。

「でも」「だって」は全て言い訳で、復縁には「でも」も「だって」もありません。

その一言を言った時点で、以降にどのような言い訳を重ねようが、お相手様には受け入れてもらえなくなると考えてください

 

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

長い間の恋人関係にピリオドを打たれたけど、復縁したい... どれだけ長年付き合っていても、別れてしまうカップルは沢山います。 実...
復縁工作をしても無意味な人 復縁したいと考えて復縁屋に相談した所『復縁工作を勧められました...
よりを戻すべきか? 弊社には様々な恋愛に纏わるご相談が寄せられます。 復縁相談し...
無気力な復縁活動は復縁の妨げです 恋愛は幸せな時ばかりではありません。恋愛であるがゆえ、お互いの...
厳しい意見に耳を傾けない復縁相談者... 弊社のような復縁屋へ復縁したいと望んでいる相談者に多いのですが...
一人での復縁活動は問題だらけ 復縁したい相手との復縁を考え、一人で復縁活動に勤しむ人も少なく...