Pocket

厚生労働省のホームページにて、司法統計からみた離婚というデータを見つけました。

内容としては、「最高裁判所では調停及び審判による離婚について、家事婚姻関係事件票により調査し、「司法統計年報 3 家事編」でその結果の公表をしている」と但しが書かれているために、離婚裁判において離婚の理由として挙げられるもの、といった感じです。

これをみると、離婚の理由について男女に大きな違いがあることがわかりました

今回のブログでは、男女別にその理由をランキング形式でご紹介させていただきます。

「旦那に離婚を言い渡された」「妻に離婚を言い渡された」・・・けれど、離婚したい理由がわからない!

別れたくないけれど、離婚したい理由がいまいちわからないからどうしたらいいのか?」

そうお悩みのお客様は、資料として参考にしてみるのはいかがでしょうか?

ちなみに、離婚したい動機について複数を選べるシステムだそうなので、ひとつひとつの理由と言うよりも複数の理由が合わさって「離婚したい」と思うようになった、と考えるほうが正しいでしょう。

復縁したいなら株式会社ジースタイル

離婚したい理由ランキング:男性編

1位:性格が合わない
2位:家族・親族と折り合いが悪い
3位:異性関係
4位:同居に応じない
5位:精神的虐待
6位:異常性格
7位:浪費
8位:性的不満
9位:家庭を省みない
10位:暴力を振るう

本人同士以外が理由になることもある

ランキングを見て特徴的なものとしては、2位の「家族・親族と折り合いが悪い」と4位「同居に応じない」です。

この2つの合わせ技として想像できるものとしては、長男である男性が親と同居を希望しているけれど、男性の家族と折り合いが悪い(例:嫁姑戦争など)ために女性が同居を拒否している・・・といった感じでしょうか。

このランキングは男性側の意見なため、「家族・親族と折り合いが悪くて同居をしてくれない嫁なんていらない!」=性格の不一致ということになりますが、女性が考える以上に、男性にとっては家族・親族との関係や同居の問題は重要であることがわかります

「家族・親族と折り合いが悪い”だけ”」「同居を拒否した”だけ”」。

そんな風に甘く考えてあしらっているうちに、「この嫁とはもうやっていけないな・・・」と、旦那様に決心されるかもしれません

また、「折り合いが悪いだとか同居の拒否くらいで離婚したいだなんておかしい!」と無理に疑い続けることで、その疑いに嫌気をさされて尚更旦那様に嫌われてしまう可能性もあります

相手の訴えにきちんと耳と心を傾けて聴く姿勢が大切です。

離婚したい理由ランキング:女性編

1位:性格が合わない
2位:暴力を振るう
3位:異性関係
4位:生活費を渡さない
5位:精神的虐待
6位:浪費
7位:家庭を省みない
8位:家族・親族と折り合いが悪い
9位:酒を飲み過ぎる
10位:異常性格

ほぼほぼDVが理由です

2位の「暴力を振るう」は身体的DV、4位の「生活費を渡さない」と6位の「浪費」は経済的DV、5位の「精神的虐待」はそのまま精神的DVやモラハラ、女性側からの離婚の申し立ては、ほぼほぼDVが理由であると言えます

また、元ページの棒グラフで見ると、男女の差が激しいものとしては「暴力を振るう」「生活費を渡さない」「酒を飲みすぎる」であり、この3つをしてそうな人と言えば、悪い方向での「THE・昭和」な亭主関白が想像できますね。

DVをする亭主関白男・・・そんな人と一緒にいたいと思う女性は少ないでしょうから、「離婚をしたい」と言い出しても無理はありません。

ちなみに身体的DVに関することで、実際に弊社にもご相談というのはいただきます。

そのときにDVをした男性相談者様がよく仰ることが、「ちょっと手を挙げただけなんです」や、「ちょっと押さえつけただけなんです」との言葉

した側からすれば「ちょっと」かもしれませんが、された側、特にどうやっても力では敵わない男性からそのようなことをされれば、男性が思っている以上に女性は恐怖を感じます

筋骨隆々のボブ・サップに手を挙げられたり押さえつけられる、と想像をすれば、その怖さが少しわかるのではないでしょうか?

復縁をしたいとお思いなのであれば、その恐怖についても理解した上で取り組まなければ、相手の心に寄り添った行動派できなくなってしまいます

自分の行いを正しく理解し、相手の立場に立って考える。

これについては、男女共に重要なことです

まとめ

いかがだったでしょうか?

ちなみに男女共に1位である「性格が合わない」については、パーセンテージとしては男性回答者は64%、女性回答者は46.7%と、男女共に高い割合で選択しています。

しかし、夫婦なんてものは所詮他人がスタートであり、完全に性格が一致しているケースのほうがレアです。

元々合わなくて当然なのです。

それをどう合わせることができる自分になるか?

合わせてもらえる自分になるにはどうすればいいか?

別れたくない」、そう思ったときに、「同じように相手にも「別れたくない」と思ってもらうにはどうすればいいか?」をお考えになるお客様が多くいらっしゃいますが、それは間違いです

「同じように相手にも「別れたくない」と思ってもらえる自分になるにはどうすればいいか?」正しい疑問です

相手をコントロールする方法ではなく、自分をコントロールする方法について、しっかり考えましょう。

 

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁屋を利用する前に 復縁に悩むお客様は、今の時代、インターネットで「復縁 方法」などのキー...
復縁調査により明らかになる事実② 復縁調査によって、復縁したい相手には異性の影がある場合が多い様...
このような人とは復縁したい相手は復縁を望んでいません... 弊社、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは復縁を望む方からの復縁...
復縁工作と心理学・・・? 復縁工作と心理学。 そう聞くと、催眠術や洗脳に近いような手段...
自分に甘く他人に厳しい人は復縁出来ません。... 復縁したいと言いながら『〇〇があるから…』『〇〇だから…』と自...
復縁が困難な出会いのキッカケはマッチングアプリ... 弊社にご相談頂いたお客様の中で、出会いのキッカケが「pairs...