Pocket

復縁」と「お金のトラブル」を併発している復縁希望者からの復縁相談を、復縁屋ジースタイルの無料復縁相談窓口にいただきました。

実は復縁相談において、形は様々あれど、復縁したい相手との間にお金のトラブルが介在している復縁希望者は多くいらっしゃいます。

復縁したい相手にお金を貸していた、もしくは借りていたという状況で、

  • 返したくないけれど、復縁したい
  • 返してほしいけれど、復縁もしたい

様々な復縁希望者がいらっしゃいます。

しかし総じて、「復縁」と「お金のトラブル」の完全解決を両立することは、簡単なことではありません。

今回は復縁希望者がお金を貸していた側と借りた側、それぞれのお話をさせていただきます。

※お金を借りているために別れることができない方は、「お金を借りてるから別れられない…」をご覧ください。

「復縁」と「お金のトラブル」の両方の解決は、何故両立し難いか?

あなたの悩みはどっちですか?復縁・別れ

「復縁したい」とお考えになって復縁屋ジースタイルのブログをご覧になっていらっしゃるのであれば、既に「復縁成功」という希望を叶えることは容易ではない状況、ということでしょう。

言ってしまえば、「復縁したい相手との関係は良いとは言えない」ということですよね。

そもそもお金の話を好む人、特に貸し借りの話を好む人はいません。

お金を貸した側も返す側も、微妙にお金の話に触れ難い後ろめたさがあります。

貸した側でしたら返済を要求することになりますし、借りた側はお金の話に触れた以上、返さなければいけないからです。

お金というなんとも話しづらい事柄について「関係が良い」とは言えない状態でしようとすると、どうしても再度の軋轢を生んでしまいます。

復縁」と「お金のトラブル」の完全解決の難しさは、この「再度の軋轢」にあります。

  • 「軋轢を生じさせてもいいからとにかく綺麗サッパリ返してほしい」
  • 「軋轢を生じさせて結果完全絶縁になってもいいから別れたい」

とお考えであったり、逆に

  • 「お金をこのまま返さずに縁を切ることを優先させたい」

とお考えであれば、再度の軋轢を生んでも問題ないでしょう。

しかし、もし復縁を考えているのであれば、今の「良いとは言えない関係」が、お金の話に起因する新たな軋轢のせいで「悪い」になったり、「最悪」になって「絶縁」になることだってありえます。

だからこそ、「復縁」と「お金のトラブルの完全解決」は、両立し難いのです。

復縁希望者側が復縁したい相手にお金を借りている立場の場合

復縁したいなら復縁屋・別れさせ屋にお任せ

復縁希望者側が復縁したい相手にお金を借りている立場の場合は、問答無用ですぐに返しましょう

減額は勿論、増額も必要ありません。(利子は除く)

特に元本の減額を復縁希望者側から復縁したい相手に申し出ることは、絶対に止めてください。

何故なら、「減額をしてほしい」とは「相手の好意に甘えたい」との希望と同じだからです。

復縁したい相手が別れたいと言ってきた、もしくは別れに応じたということは、既に交際の意思はなく好意を持っていないということです。

なので、「好意に甘えたい」との希望は、復縁を希望される相手の立場で考えれば不愉快な申し出に間違いありません。

減額を申し出ることは相手の気持ちを不愉快にさせる大きな原因になるので、絶対にNGです。

ただ、もしも相手が減額の話をしてきた場合であれば、反論をせずに好意に応じましょう。

何にせよ、復縁したい相手の希望に、素直に合わせるようにしましょう

※参考ブログ⇒復縁や関係改善をしたければ、相手が望む事に合せる必要があります

復縁をしたければ、お金は素直に返しましょう

交際をしていたからこそ貸したお金について、別れたタイミングで返済を請求することを、多くの復縁を望まれる立場の人は、申し訳なく思ったり、言い出しづらく思っています。

返さない状況というのは、復縁を希望される相手の言い出しづらさに漬け込んだ状況であり、相手からの印象は最悪です。

「別れに応じてくれるなら、もう返済してくれなくてもいいや」

と、返済よりも穏便に別れて絶縁できるメリットを感じている復縁を望まれる立場の人もいます。

別れて絶縁できるメリット、つまり、別れる口実※を与えないようにするためにも、きちんと返済することが、まずはベストな選択です。

※別れる口実=「お金を返してくれないし別れる」「そんなルーズな人と別れることができるなら、返してもらわなくてもいい」

相手が返済を要求してこないからと、

「返さなくてもいいんだろうな」

と思ってはいけません。

実際に、復縁屋ジースタイルが承った復縁依頼でも、お金の返済にまつわるトラブルが間にある復縁希望案件がありましたが、「返してほしい」と言ってこなかった復縁したい相手に対してでもきちんと返済をしたら、

「もう返してもらえないと思ってた。ありがとう」

と、本来は当たり前である返済のおかげで相手からの感謝に繋がり、返済の後に関係が好転した例もあります。

返済をきっかけに関係が好転することもあるのですから、復縁を望むのであれば、自分発信で返しましょう。

「返済をしたし、復縁してくれるよね?」との態度はNG

但し、返せば問題が全て解決して、誰もが関係が好転するわけではありません。

返済はして当たり前のことであり、復縁をするために返済をするのではないのです。

なので、「返済をしたし、復縁してくれるよね」との態度はとってはいけません。

特に連絡を取ることを拒絶している復縁したい相手に対して、返済目的であれ、返したいからと連絡を取ることを焦ることも復縁成功を遠ざけるためにNGです。

大切はなことは、復縁を望まれる立場の人の第1希望は何か?を把握し、相手の第1希望に合わせた行動をすることです。

 

もう1度言いますが、借金の返済はして当たり前のことです。

当たり前のことが出来たからといって誰もが良く思ってくれると、勘違いをしてはいけません。

復縁希望者が復縁したい相手にお金を貸していて返して欲しい立場の場合

取り戻したい笑顔がそこにある

復縁希望者が貸した側、つまり相手したい相手は返す側ということですが、「お金を返してほしい」と「復縁もしたい」の両立は、上記の「「復縁」と「お金のトラブル」の両方の解決は、何故両立し難いか?」にも書いたように、再度の軋轢を生じさせるため、難しいものです。

簡単に言えば、

  • お金を返してほしい
  • 復縁してほしい

相手に2つのことを要求することになります。

現状の「お金を返してほしい」と「復縁して欲しい」というどちらかの希望も叶えることができていない、または復縁したい相手に叶えてもらえていない状況で、2つを同時に望み続けても叶うわけがありませんよね

では、「お金を返してほしい」と「復縁して欲しい」、2つの希望を持っている場合は、どうすれば良いでしょうか?

お金が優先か復縁したい相手との復縁が優先か?優先順位をつけましょう

「お金を返してほしい」と「復縁して欲しい」、2つの希望を持っている場合は、まずは優先順位をつけましょう。

「お金を返してほしい」と「復縁して欲しい」、自分にとってどちらが大切か?を考えるのです。

復縁よりも返済してもらうことが優先なら

もし返済してもらうことが1番叶えたい願いであれば、再度の軋轢によって関係修復が不可能になってでも、返済をするように言っても良いと思います。

貸している金額が60万円以下であれば、少額訴訟※なんて手段もあります。

※少額訴訟とは⇒1回の審理で判決が出る、60万円以下の支払いを求めることができる訴訟(引用元:裁判所ウェブサイト

ただし、返済を迫れば、返済をしたくないからと相手が離れるどころか、相手から距離をとられて連絡を取ることが不可能になってしまうこともあります。

むしろ、別れ話になってまで返済をしてこない相手であれば、返済を迫れば確実に逃げるでしょう。

「復縁して欲しい」よりも「お金を返してほしい」が優先であることは個人の判断なので、善悪はありません。

ただ、選択によって「自分が手に入れることができるもの」「手に入れることができなくなるもの」がある、ということは、知っておかねばいけません。

返済してもらうことよりも復縁が優先なら

反対に、返済してもらうことよりも復縁のほうが大切であれば、返済については復縁したい相手が自主的に申し出てくるまでは、何も言わないほうが得策です。

先にも挙げたように返済を迫れば、返済をしたくないから相手が離れるどころか、まだ連絡が可能な関係だったのに連絡を取ることが不可能になることも充分にありえます。

復縁を優先したいならば、復縁したい相手との関係を今以上に悪化させないためにも、返済をしてほしい旨を伝えないでいるほうが、相手の印象の悪化は防げます。

また、もし実際に返済をしてこようとしても、それでも「いいよ、気にしないで」と返済しなくてもいい返事が言える余裕が必要です。

復縁したい相手が返済してこようとしたお金をきっかけに、

「じゃあそのお金で何か美味しいものでも食べに行こうよ」

と言ってもいいかもしれません。

復縁したい相手からの返済の申し出をきっかけに、食事に行く理由にもできますよね。

「お金なんてどうでもいいよ、そんなことよりもあなたのほうが大切だよ」

と言える余裕のある態度が、復縁には必要です。

でもお金を返したくない!でも返済をしてほしい!復縁も諦めきれない!ならば復縁屋ジースタイルの復縁工作があります

特殊工作(復縁・別れ・出会い・再会)はお任せ下さい

今回のブログをご覧になっても、それでも

「借りたお金は返したくないけど復縁したい」

「返済してもらうことを諦めきれないけど復縁も諦めきれない」

と思う復縁希望者もいらっしゃるでしょう。

どちらともを選べない復縁希望者は、復縁工作しか残された手段はありません。

※参考ブログ⇒復縁工作をもっと知る事で復縁屋選びの際の質問に役立てて下さい

復縁工作であれば、借金の返済をしないままで復縁を実現させる方法や、借金の返済もしてもらいながら復縁も成功させる方法があるかもしれません。

何故借金返済をしない復縁や借金返済を伴う復縁と言う我儘を目指せるかといえば、復縁工作では心理誘導を実施するからです。

※参考ブログ⇒復縁屋工作の心理誘導を理解して復縁成功を目指そう

復縁工作の心理誘導の過程で、復縁したい相手に対して例えば、

  • 借金を返してもらうことよりも、復縁希望者と付き合ったほうがいいんじゃない?
  • 借金を返せば、復縁希望者と復縁ができるよ。復縁希望者と復縁したほうがいいんじゃない?

との心理誘導を行えば、復縁希望者の望む形の「復縁」を目指せます。

二兎を追う者は一兎をも得ず」とのことわざもありますが、二兎とも手に入れたい復縁希望者は、下記復縁屋ジースタイルの無料相談窓口にご相談ください。

※参考ブログ⇒復縁屋ジースタイルが相談・面談無料な理由とは?

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

復縁する時にお金を請求する人 復縁する時にお金なんて請求したら復縁出来る訳ないでしょ!そんな...
お金を借りている元カノとの復縁希望者... 今お付き合いしている彼から『お金を貸して欲しい』と言われたとしたら、言...
「復縁もしたいし、お金も返してほしい」、訴訟にまで発展した復縁とお金の裁判... 産経WESTでこのような記事を見つけました。 同じ大学で教授...
お金を掛けずに無料で復縁したいです!!!という言葉で分かる事... 復縁屋ジースタイルに復縁相談を頂く際に、お金を掛けたくないので無料アド...
お金をもらった(借りた)相手と復縁って?... 別れた際に慰謝料請求をする人や付き合っていた時にお金を借りていたまま別...