Pocket

復縁したいなら復縁屋・別れさせ屋にお任せ

復縁するためには、どこかのタイミングでお相手様に「復縁したい」との気持ちをアウトプットしなければなりません。
その際に、してしまった過ちについて謝罪し、反省を示さなければならないときもあるでしょう。
・・・ですが。

「相手に反省していることを”言う”」
「相手に反省していることを”伝える”」

この2つにどのような違いがあるかを理解しなければ、復縁できる余地は生まれません。

まず《言う》は、1人でもできることです。
道端で1人でブツブツ言うことだって、《言う》です。
言うは、他人を必要としない個人的な行動でしかありません。
例えるならば、”歩く”や”走る”と同じと言えます。

対して《伝える》は、ひとりではできません。
《伝える》は、話し手と聞き手がいて、話し手が聞き手に対して理解ができる言葉で伝えるからこそ始めて成立するためです。
イメージとしては、”リレー”に近いと言えます。

復縁したいお相手様に対して反省していることを《言う》、《伝える》。
反省していることを《言う》場合、それがお相手様に届くかどうかは考慮されていません。
投げっぱなしの自己満足です。
なので、お相手様のリアクションとしては「へー」「そうなんだー」などの、同意ではない聞き流した程度の相槌や反発しかもらえません。
何故なら、お相手様の心に届いていないからです。

対してお相手様に《伝える》ことを念頭に置いた反省の場合、まずはお相手様に届く言葉を遣うことがメインとなります。
きちんとお相手様に届けば、得られるリアクションは同意や納得、質問などになります。

この《言う》と《伝える》の違いを理解せずに「反省しよう!」「謝罪しよう!」ばかりを先行させたアプローチの仕方で特に多い手段が、《手紙を書く》というものです。
実際株式会社ジースタイルにも「相手に手紙を書いて送ったのですが、何もリアクションがなくて・・・」とのご相談が寄せられますが、これこそただ言っただけ・書いただけだから、リアクションがもらえるわけがありません。
自己満足的振る舞いを見せられても、見せられた側は何も思いません。
「へぇ~」だけです。
心に届かないのですから、そのような乾いた反応しかもらえなくて当然と言えます。
伝えるための内容として考慮されたものであれば、手紙が有効なケースもあります。
しかし、手紙には大きなマイナス要素もあります。
それが、後にもずっと残るという点です。
伝えたい気持ちが伝わる内容になっていない手紙の場合、残るものだからこそ、今以上に幻滅される可能性が高いのです。

反省を反省として言葉にすることは簡単です。
「ごめんなさい」「もうしません」。
それだって反省です。
ですが、それだけで復縁はできません。
何をどう反省し、何をどう理解し、だから、「ごめんなさい」。
どのように傷付け、自分の振る舞いがどのような影響を及ぼすかを理解したから、「もうしません」。

復縁をどんどん難しいものにしてしまったり不可能にしてしまうお客様は、反省や謝罪を《言う》ことしか考えていません。
だからお相手様の心に届かず、状況はどんどん悪くなります。
ですが、きちんと理を解り=理解をして具体性を持った内容を、お相手様の心に届く言葉で《伝える》から、別れについて改めて考えてもらえて、復縁できる余地が生まれるのです。

《言う》、《伝える》。
言い換えが可能な言葉ではありますが、意味は大きく違います。

 

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

依頼者の要望を聞いて失敗するケース... 復縁工作の依頼を請ける前に依頼者の方から『プロなのは分かるけど...
気持ちが冷めてしまい振られてしまった... 気持ちが冷めてしまい振られてしまった場合、復縁を望む人は何をど...
復縁の気持ちを伝える事 復縁したい人が相手を信じないという矛盾な気持ちを抱えている事が...
復縁を上手く成功させるにはどうしたらいいのか?... 復縁屋に相談して専門家から適切なアドバイスを受ける事!これをそ...
「言わなければ伝わりません」 夫婦や恋人同士が喧嘩の発端となりうる、もしくはそれが別れの原因...
復縁したい時にやってはならない行動... 復縁したいから行動に移さなければならない!!その考え自体は間違っていま...