Pocket

復縁したい・よりを戻したい

復縁を願い出るためにラインを送る。

復縁ができる関係になるためにラインでやりとりをする。

現代の復縁において、ラインはとても重要なツールですよね。

また、メールや手紙においてもそれは同じくであり、文章でやりとりをするツールは、復縁ではどれかひとつは必ず使うことになるでしょう。

しかし、です。

ラインもメールも手紙も、一度相手に送信してしまえば、「やっぱりここの文章を書き直したいから、見なかったことにして返して!」はできませんよね。

つまり、送って以降はやり直しが聞かないという特徴があります。

ということは、送るそのときには、限りなくベストであるものを送る必要があるということです。

ですが、実際に弊社にご相談・ご依頼を下さるお客様で、それまでの過程で復縁を望むラインやメール、手紙を送ったことがあるお客様にお話しを伺うと、多くの方が

「送った文面を今見ると・・・ちょっとないなって自分でも思います・・・」

と、送った文面を後悔していらっしゃいます。

どうしてそのようになってしまうのでしょうか?

いくつかの理由について挙げてみましょう。

今から復縁を願う連絡を相手にしようと思っている方は、同じ間違いをしないように、お気をつけください。

感情のままに送ってしまった

一番多いパターンがこの「感情のままに送ってしまった」とのパターンです。

復縁したい、復縁して欲しい!

今でも好きなんです!

諦めきれないんです!

このような感情を優先した文章を送ってしまうお客様が多くいらっしゃいますが、気持ちの面の「好きだ!」「愛してる!」を送ることがプラスになることはほぼほぼありません。

それは何故か?

単純な理由で、相手はお客様のことを好きではないからです。

考えてみてください。

お客様自身、好きではない人から「好きだ!」と言われてどう感じるでしょうか?

例えば今まで交流があった友人や同僚、知人などであれば、嬉しい気持ちはあるでしょう。

「人として好ましい」と相手が思ってくれているから、「好きだ!」「愛してる!」の言葉には価値が生まれます。

ですが、相手からの今のお客様への評価はそうではありません。

「別れたい」と思われているということは、交際相手としてや異性として好意はない、「好きではない」ということです。

自分自身に置き換えて考えてください。

好きではない知人=興味がない、知らないではなく明確に好きではない人、もしくは嫌いな人から愛を告白されたらどう感じるでしょうか?

迷惑に思うことすらあるでしょうし、「無理」と思いますよね。

好きな気持ちを持つことは悪いことではありませんが、それを相手に気持ちのままに暴投することはオススメできません。

以上の理由から、感情のままに送ってしまうことは後悔へと繋がりますし、復縁失敗へと繋がります。

相手の気持ちや都合を考えていなかった

前出の「感情のままに送ってしまった」にも通じるものですが、送る文面について、相手の気持ちや都合を考えなければ上手くいくものも上手くいきません。

通常のコミュニケーションで、自分が言われる側の立場で考えてみてください。

誰かに褒められたら嫌な気持ちはしませんよね。

でも、過剰に褒められたらどうでしょう?

「嘘くさいな」と思ったり、「おだてているだけだろうな」と逆に疑心暗鬼になりますよね。

相手に対して「あなたのこんなところが素晴らしい」と伝えたい気持ちばかりが先走ってしまい、それを読む相手の気持ちを忘れてしまえば、どれほど良い文章を送っても復縁はできません。

また、これは非常にシンプルな話なのですが、送信時間も大切です。

以前弊社にご依頼いただいたお客様がフラれた理由のひとつには、「ラインを送信する時間が午前3~5時ばかりで、寝ている時間にそんな連絡をされても困る!」というものがありました。

「読める環境になってくれたら読んでくれる」との意見もありますが、最低限の相手の都合を考えなければ、内容関係なく復縁には結びつかないでしょう。

復縁は、相手あってのものです。

相手が納得できる内容やタイミングで文章を送る必要があります。

考えすぎておかしな文章になり意味がわからないものになった

「あれも言いたい」「これも言いたい」を考えすぎる中で文章を作成してラインで相手に送信・・・したものを後で見てみると、「あれ?これって何が言いたいんだっけ?」。

そんな風になってしまうお客様も、実は多くいらっしゃいます。

単純におかしい文章になってしまうだけならまだマシです。

中には文章の中で相手を責める内容を無意識のままに入れてしまい、弊社に見せていただいた段階で「これって相手から見たら「君のこんなところが悪かった」って責められている気持ちになりますよ」と指摘させていただくと「確かにそうですね。失敗しました・・・」なんてこともあります。

復縁を願う文章ですから、考えることは勿論必要です。

ですが、ひとりで考えすぎた結果、考えを煮詰まらせてろくでもないものになってしまうこともよくあることなのです。

そのような文章を送ってしまえば、送られた相手からすれば「面倒臭い文章が来た・・・もう嫌だからブロックしよう」と考えてもおかしくはありません。

せっかく残っていた連絡をとる手段を、思わぬ失敗で失ってしまうお客様というのは非常に多いのです。

このような過ちは、例えばご友人でもかまいませんし、誰かしらに事前に見てもらえば防げる失敗です。

他の失敗にも言えることですが、「これでいい!」と思って送ってしまう前に、周りの人にチェックしてもらうようにしましょう。

参考ブログ記事

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい別れたい・別れさせたい・離婚したい・離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

復縁に取り組もうとする人の真剣さの違い... 復縁したいと想いがありながら、復縁したいという気持ちが我々にあ...
復縁したい相手を罵る相談者 復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの山下です。 復縁したいと...
復縁できない相談者の実例 「復縁したいんですけど、どうすれば復縁できますか?」 日...
デッドボールや暴投、していませんでしたか?... 「好きな人が恋人と別れた!今がチャンスだ!」 そうやって...
去此不遠 突然ですが、お客様は去此不遠という言葉はご存知ですか? 間に...
石器時代の考えで妻・夫と復縁したい... 「もう少しで離婚されちゃいそうなんです…」復縁相談の一番最初に...