Pocket

別れ方には、実は5種類しかないことはご存知ですか?(※細やかな事情を排した大まかな分類で、です)

その5種類には、それぞれ適したよりを戻す方法・復縁方法、そして注意点があります。
今日は以下の5種類それぞれに適した復縁方法をご紹介させていただきますので、参考にしてください。

A:お客様自身がお相手様に対してよくない行動をしてフラれてしまった

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

復縁したい」「よりを戻したい」とのお気持ちで復縁屋別れさせ屋ジースタイルの無料復縁相談ダイアルにご相談くださるお客様の多くは、このAパターンのお客様です。
ご自身のミステイクからの別れのために後悔も大きく、そのために復縁したい気持ちが尚更強く残るのではないでしょうか。
さて、「お客様自身がお相手様に対してよくない行動をしてフラれてしまった」、この場合の復縁に大切なことは、何よりも

    ・どんな良くない行動をして、
    ・その結果どのようなよくない出来事に繋がり、
    ・どのような思いをお相手様にさせてしまったか?
    ・本当はどうすれば良かったか
    ・もう二度と良くない行動をしないためにはどうするのか?
    ・お相手様が受け入れやすい謝り方はどんな方法か?

これらがお相手様が思っている内容と一致していなければなりません。
おひとりで復縁活動に取り組んでいらっしゃるものの実際に復縁に繋がっていないお客様が仰る言葉で多いものが、「”自分なりに”頑張っている」との言葉です。
これが一番の問題で、”自分なりに”頑張っても意味はありません。
お客様がよりを戻したい相手はお相手様なのですから、『お相手様が望む頑張り』をする必要があるのではありませんか?
それは100パーセントの頑張りを200パーセントにしましょうという意味では有りません。
極端な話、80パーセントの頑張りであったとしても、お相手様にフィットさえしていればいいのです。

方向違いで見当違いな無駄な努力をして「復縁できない。辛い」となってしまうことって、無駄だと思いませんか?

Aパターンで破局したお客様は、もう一度ご自身のなさっている努力が復縁に繋がる努力なのかを見直してください。

B:何故だか分からないけれど、急にフラれてしまった

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

「付き合ってる相手から、急に「別れたい」って言われたんです」「理由を聞いても教えてもらえません」とのご相談をいただくことがあります。
交際相手に離れる理由を言わない・言いたくない心理とはどのようなものがあるでしょうか?

言いにくい別れたい理由がある

まずひとつは、「言いにくい別れたい理由がある」とのパターンです。
例えば『言うことで相手(お客様)を傷付けることが分かっているから、言えないパターン』や『自分(お相手様)に非があるために、悪者になりたくないから言わない』がこれに当たります。
前者の場合は、見た目や家柄や育ち、職業や収入、過去など、容易に変えることができない事柄に対して交際の継続が不可能であると判断されたケースで、後者で一番よくあるものはお相手様の浮気でしょう。

変えることや向き合うことをやめるのは×

特に前者の場合に大切なことは、『変えれるものは即変える、変えれないものに関しては真摯な態度を貫く』です。
見た目や職業であれば、努力次第で変えることは(ある程度は)可能です。
ですが、家柄や育ちや過去に関しては、変えることはできません。
かといって「変えることは出来ない」と開き直ることや、事実が露呈した後に無理やり隠そうとすることは論外です。
よりを戻したいのであれば、お相手様が

    ・どういったことに
    ・どのように不満を感じて
    ・どう葛藤して別れを選択したのか

を理解し、その上で「過去は変えることは出来ないけれど、未来は変えることができるし自分(お客様)は変える力がある」ときちんと向き合おうとする態度や言動が必要となります。
またそういったときに大切なことは、『自分に自信を持つこと』です。
過去に執着しないことも勿論問題ですが、「過去の自分はこうだから・・・」と自信を失い後ろめたい気持ちだけで居続けても、何かが変わることはありません。
お相手様の気持ちに向き合うことも必要ですが、まずは自分が自分と向き合うことをしっかりしましょう。

鈍感なフリをする

後者(『自分(お相手様)に非があるために、悪者になりたくないから言わない』)の場合は、『仮にお相手様の悪い行動に気がついても、絶対言わない。それについて責めない』との姿勢が重要です。
お相手様は自分に非があることを既に理解しています。
もし今でも連絡が可能な関係であったりした際に、連絡が可能だからと更に責めてしまえば、お相手様は本格的に逃げ場を失って連絡手段を遮断してしまう可能性が非常に高くなってしまいます。
「気がつかないなんて馬鹿だな」と思われても良いのです。
わざと鈍感なふりをしてでも、非は責めずにいてあげましょう。

言うと面倒なことになる人だと思われている

もうひとつ、交際相手に離れる理由を言わない・言いたくない心理があります。
それは、「言うと絶対に面倒臭い行動をしてくることがわかっているから、言いたくない」とのパターンです。
いきなり「別れる!」とだけ告げられ、そのまま各種連絡手段をシャットアウトされた・・・なんてお客様が、これに当てはまります。
そしてそのようなお客様にお話を伺うと、以前にも別れ話になったことがあってその際にしつこく縋っていたり、「別れるなら死ぬ!」と言ってお相手様を脅したりしていた方が多くいらっしゃいます。
そのようなトラブルや心労を避けるために言わない、との手段をとられてしまったのではありませんか?
こうなってしまっては、「復縁したいから」とアプローチを続けること自体がNGになってしまいます。
まずはそういったお客様の人付き合いの方法や精神状態を改善する必要があるでしょう。
依存心が強かったり適度な距離感を保つことができない人というのは、友人関係であっても無意識に相手に負担をかけてしまいます。
交際相手ともなると、友人よりも更に関係性が濃密であるからこそ、その疲労感は比ではありません。
別れの理由を言ってもらえないのは、言うに値しない人だと思われているからこそ』。
ご自身を見直すことが、復縁活動のための第一歩になります。

C:お相手様に他に好きな人ができてフラれてしまった

復縁したいなら復縁工作の依頼を復縁会社にお任せを

お相手様に他に好きな人ができてフラれてしまった場合、「自分には非はない」と考えるお客様が多くいらっしゃいます。
心変わりをしたのは相手だからこそ、自分のせいではない」、と。
ですが、もしお客様が他者よりも魅力的であったのならば、他の人に目移りをされることもなかったはずです。
「他好き”をされてしまった」と一面だけを見るのではなく、多角的視点で考え、『何故お相手様は”自分以外”を好きになったのか?』『どんな要素が足りなかったのか?』を考えるようにしましょう。
また、そういった他好きをした人を取り戻すためには、以前以上の魅力を身に着けつつも、お相手様が戻りやすい状態を整えていなければなりません。
例えば電話やライン・メールなどを拒否設定・ブロック設定してしまえば、お相手様はお客様に連絡をとる手段がなくなってしまうために、仮にお相手様が「復縁したい」と思ってもそれを伝える手段がなくなってしまいます。
拒否設定やブロック設定はしないが吉です。
そして、「他好き(浮気)をされた!」と怒ったままでいては、尚更お相手様は戻りづらくなってしまいます。
他好きをされた悔しさは自分の内外を磨くためのパワーにして、その矛先をお相手様に向けないようにしましょう。

D:お客様自身に他に好きな人ができたことで別れたが、やっぱり復縁したい

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

他に好きな人ができたことで別れたが、やっぱり復縁したい」と仰るお客様も多くいらっしゃいますが、「自分が他の人を好きになっただけだから、「よりを戻したい」と相手に言えば復縁できるはず」と安易に考えてしまうようでは・・・。
交際中に他好きをされてしまったお相手様は、”悲しい””ショック”などの方向で気持ちが傷付いたことは勿論ですが、プライドが傷付いたということも忘れてはいけません。
「他好きをされて捨てられた側」になるというのは、振った側の人間が考える以上に辛いものです。
その気持ちを理解することなく「よりを戻そうよ」と言っても、「調子が良いことばかり言わないで!」と、ショックを通り越して怒りに発展する、というのもよくあるケースです。
「自分は傷付けた側である」「選択する権利は相手にあり、自分は選んでもらう側」との認識を持ちましょう。
「振ったのは自分」などと上から目線で復縁活動にのはNGです。

※浮気からの復縁については、こちらも参考にしてください。

E:自然消滅

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

交際関係にある最中に自然消滅した場合にしてはいけないこととして大きなものは、『お相手様も自分も、”以前と同じ”とは考えてはいけない』というものです。
時間は流れます。
お相手様だけでなく、お客様ご自身も交際中とは何かしら変化があるはずです。
それを無視して「以前と同じだろう」とのノリや接し方で復縁をしようとアプローチをしても、上手くはいきません。
例えばお相手様に既に新しい交際相手がいれば、安易に連絡をとったとしても「ごめんね、もう付き合ってる人がいるから」と断られてしまうだけでしょう。
また、自然消滅に対してお相手様がネガティブな印象を強く持っていた場合などは、「今更どのツラ下げて!」と、これも怒りを買うだけです。
自然消滅からの復縁を目指す場合、情報がモノを言います。
今のお相手様の生活状況や交際相手の有無、お客様に対してどのような印象を持っているか?
それらを精査し、どのようにアプローチをしていくかを計画的に考える必要があります。
行き当たりばったりの行動は、するべきではありません。

■⇒突然「別れよう」と言われた理由が…?

■⇒千葉で別れさせ工作を行う注意点

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁を麻雀で例えてみた 復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの桐生です。私、実はかなり昔の話...
コミュニケーション不全が招く破局 別れの理由には様々なものがあるでしょうが、その理由のほとんどは、突き詰...
浮気のテンプレを回避して、復縁するには?... ネットでは、「女の浮気の言い訳のテンプレ」と呼ばれるものがあり...
突然冷める恋愛感情 好きで付き合っていた恋人の言動や行動が原因で、自分の恋愛に対す...
山梨で復縁したいなら復縁工作 山梨で元カレ・元カノと破局した後に頭からずっと離れない…復縁し...
「会話がつまらない、会話が無いから別れたい」... このようなご相談が、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに寄せられま...