Pocket

多くのお客様に面談をさせていただいていると、「この人はこういう性格だからフラれるんだろうな」「この人はこういう性格だから復縁できないんだろうな」といったものが、調査をしなくてもわかることが多々あります。
毎日のようにフラれる人や離婚を言い渡された人と話をしているのですから、分かって当然ですよね。
調査はそうやって話してわかったことを確認するために行うといったケースもあるほどです。
そして、結果を見て「やっぱり」となります。

フラれる人、離婚を言い渡される人に共通することはなんでしょうか?

それは、面倒臭い人うざったい人です。

ですが、フラれたり離婚を言い渡されたりという”縁切り”を宣言されるほどに面倒臭い人やうざったい人とは、どのようなタイプでしょうか?
例を挙げて紹介しましょう。

話が長い

復縁したいなら復縁屋が復縁工作を行い復縁成功

中身のある話であったり、そもそも話が上手ければ聞いていても退屈をしないでしょうが、中身もなく上手くもない話を聞かされることは、人は非常に面倒に思います。
そういったときに、話している人は相手がどう思っているかを見ることができていません。
相手のリアクション、表情や返事や目線が「つまらない」を訴えていてもそれに気が付くことなく、自分が言いたいことだけをダラダラ言い続ける人・・・そのような人と一緒に居たがる人はいません。

同じ話を繰り返す

復縁したいと本気で願うなら復縁屋、復縁工作のジースタイル

同じ話を繰り返す理由はどこにあるでしょうか?
それは簡単で、考えながら話していないからです。
自分が何を話しているのか、相手はこの話を聞いてどう思うか?
それらを考えることなく思いつくまま口から零れるままに発語をしてしまえば、同じ話を何度もしてしまうことは当たり前です。
話している側は自分が言いたいことをただ垂れ流して気分が良いでしょうが、聞いている(聞かされている)側は退屈で仕方がありません。
かといって「さっきそれ聞いたよ」と言うのも失礼な気がするし・・・と我慢して話を聞き続ける。
そんなことを繰り返していては、「もうこの人といるとダルい」と思われてフラれてしまうでしょう。

話していて落ち着きがない

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

話しているときに自分の髪を触ったり、自分の身体のあちこちを触り続けたり、自分の顔を触ったり・・・。
そのように落ち着きのない振る舞いをなさるお客様も多くいらっしゃいます。
心理学の視点で言えば、話している最中=誰かと対峙している最中に自分に触れることは緊張や不安の表れと言われており、差し向かいに対峙をして会話をしているのだから緊張をしても仕方のない部分はあるでしょう。
しかし、その姿を見ている側からすると?
落ち着き無くあちこち触ってフラフラしている手が視野のあちこちでウロウロするのは、非常にうざったく見えます。

話を聞いていない

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

ちゃんと聞いているよ!」としながらも・・・?
質問の答えが頓珍漢、質問に質問を返す、他の人に聞いていることなのに「わたしは」「おれは」と割り込んでくる。
話を聞いていない人は、場の空気を読むことができていない人とイコールなことがよくあります。
そういう人と付き合って一緒にいれば、一緒にいる自分まで恥ずかしい思いをしてしまうこともあるため、「友達に紹介したくない」「一緒に出歩きたくない」と思われるでしょう。
その結果、別れを切り出されても不思議ではありません。

上から目線が激しい

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

何も言う必要はありませんよね。
上から目線な人と話したい人、一緒にいたい人はいません。
ですが、上から目線な人ほど自分が上から目線で他人に接していることには気が付きません。
よく考えてみてください。
最近周りの人からの接してくれ方がぎこちなくなっていませんか?
2人でいるときは何も話さない人が、他の人も加われば軽快に話していませんか?
そういった場合、少なくともその人はお客様と2人のときは話したくないと思っているということです。

極端に自分を卑下する

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

わたしは可愛くないから」「わたしは年をとっているから」「ぼくはイケメンではないから」「俺はそんなに稼ぎも良くないし・・・」。
そのように自らを卑下する人との会話は大変面倒です。
そこで「そうですね、可愛くないですね」「そうですね、もうおばさんもいいとこですもんね」「確かに不細工ですね」「間違いなく低収入ですね」なんて返すことは、常識のある大人であれば言うことはできません。
なので仕方なく、「そんなことないですよ」とフォローしてあげなければならなくなってしまいます。
そんな面倒な会話を続けたい人はいません。
自らを低くして会話をするというのは日本人にはよくある会話術ですが、程度を考えなければ嫌われる一方です。

まとめ:大人は教えてもらえない

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

子どもであれば親や学校の先生から「そのような話し方は止めなさい」と指摘してもらえますが、大人であればそうはいきません。
相手も遠慮をしますし、やはり他人事ですからそのように面倒だったりうざったい人にわざわざ否定的なことを言うよりも距離をとってフェードアウトをするでしょう。
そして、そういったときに理由を言ってくれることはありません。

相手に別れる理由を教えてもらえなくとも岡目八目、お客様と接する他の人は、お客様の問題点に気が付いているかもしれません。
そういう良くない部分を指摘してもらい自分を改善する努力をするか、指摘してもらわないままに「自分は悪くない」または「たぶん何かが悪いんだろうけど何が悪いかわからない」といった考えのまま復縁に挑むかでは、復縁の成功率は大きく変わります。

自分が嫌われている理由と、しっかり向き合ってみませんか?

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

些細な喧嘩が蓄積すると・・・ 些細な喧嘩が別れのきっかけの序章になります。些細な喧嘩が大きな...
突然の別れではなく悩んでの決断である... 付き合っている相手に別れを告げる事はとても勇気がいることです。...
別れた原因は『何度も連絡をして、しつこくしてしまったから』ではありません。... 「別れの原因は、何度も連絡をしてしつこくしてしまったからだと思います」...
復縁したい恋人の【今】の気持ちを知らなければ復縁は出来ません。... 別れた相手と「復縁したい」と想う時に、恋人は一体どう思っているんだろう...
「何もしてないけどフラれました」 「何もしてないけれどフラれました(もしくは「何もしてないのにフラれまし...
「交際中、不満は特に言っていなかった」…本当に?... ご相談をいただいたお客様やご契約をいただいたお客様に、「お相手様は関係...