Pocket

メール復縁相談をいただき、拝見させていただきますと復縁工作をしなくても原因が分かる方もいらっしゃいます。そして多くの場合、その原因に気付いていません。

詳細をいただければいただくほど、その人のメールの書き方、内容が明確になりメール相談の段階で別れた原因はこれだな…と気付く事もシバシバあります。

例えば下記の様な内容を読んでみていただければと思います。

同棲した彼が一方的に家を出て一ヶ月になります。毎週話し合いをしていますが、現実的な話し合いをしたいと言われしまい、別れ話しばかりを切り出されてしまいます。私はやり直したいと思っています。

話し合いではこれまでの事を話して、自分が良かれと思ってした事が彼にとっては不快な事だと言われてしまい、自分にも改善する余地があるのは重々承知の上ですが、自分を全否定されている気がして話し合いに応じてくれません。

このたった数行の間に問題点が隠されている事にお気づきでしょうか?その問題点を紐解いていきましょう

毎週話し合いをしている

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの復縁工作成功率は業界NO1

毎週話し合いをしているとありますが、話し合いは話し合う内容が重要であり、時間を掛けたから話し合いが上手くいくわけではありません。

どんなに時間を掛けようとお互いに話し合う姿勢が出来ていなければ話し合いの意味がありません。

どんな内容を話し合うかが重要ですが、このメールの内容ですと自分は別れたくない。やり直したいという事を彼に伝えているだけで彼は現実的な別れ話をしたいと言っていて話しが平行線である事が分かります。

平行線の話し合いはいくら時間を掛けようとも落としどころを持たなければ解決する事はない為、話し合いの時間が無駄に過ぎている事が分かります。

毎週話し合いをしている事でギリギリ引き延ばしている延命処置を施しているだけで何も解決されないであろう事が分かります。

自分が良かれと思ってした事が彼にとっては不快な事

自分が良かれと思って行っていた行動が彼にとって不快な事と別れ話の最中に言われています。

彼にしてみれば嫌な思いをずっとさせられていた。という事が分かります。しかし、この文章では『自分にも改善する余地があるのは重々承知の上ですが』と書かれています。

自分にも改善する余地がある。とありますが、改善する余地があるではなく、改善しなければお話にならない。というのが復縁屋としての見方です。

相手に嫌な事をしておいて改善する余地があると言っておいて『自分を全否定されている気がして』とありますが、別れ話で話し合いが平行線である以上、彼は全否定しているのです。

全否定している気がしてではありません。自分にも改善する余地があるのは重々承知の上ですでもないのです。

全否定されている事に気付き、自分で自分を全否定出来なければ『相手に我慢しろ』と言っている事と同様です。

別れたい側にしてみれば、どうしても別れたいのですから我慢してまで付き合いたくないというのが本音です。そして我慢してまで付き合いたくない人から我慢しろと言われても『何で我慢しなければならないんだ』と思われてしまうだけになります。

実際に何をしたか?という部分については分かりません。何をしたか?という部分について分からなくても、この文章から別れたいと思われる理由は彼が我慢できない様な事をしていたからという理由が明確です。

こういった文章だけでも別れの原因は明らかなのですが本人はそれに気付いていない事が伺えます。

実際にいただいた相談内容ではありませんが、こういったメール相談の段階で別れの原因が明らかな方は多く、明らかにも関わらず見当違いの努力や改善をして復縁を目指しているという方も大変多くいらっしゃいます。

話し合いに応じてくれません。

上記文章の最後に”話し合いに応じてくれません”とありますが、『毎週話し合いをしています』とも書いてあります。

毎週話し合いをしてくれているという事は話し合いに応じてくれているという事であり、話し合いの中身が問題だという事に気付かなければなりません。

話し合いに応じてはくれているけれど、自分の思っている通りの話しにのってくれません。

これが言いたい事だと思いますが、これも当たり前の事なのです。

彼は別れたいと言っていて自分は別れたくないと言っている。別れたくないと言っている人の望む話し合いの中身というのは、どうやったら良い関係を今後築いていけるか?を話し合いたいのだと思いますが、別れたいと思っている方は良い関係を築くつもりはない。別れてくれ。という話しをしているのですから話し合いの中身を合せるつもりがないのです。

彼にしてみれば、それこそ話し合いに応じてくれないな…早く別れさせてくれと考えているだけで別れたくない側の人が『自分の都合の良い話しに応じてくれない』という事を話し合いに応じてくれない。と言っている事が分かります。

要するに自分の思い通りの話し合いにならない彼が悪い。と言っているだけで、自分が改善する余地があると言いながらも自分が彼にすり寄っていくのではなく、彼が自分にすり寄って来る事を望んでいる事が分かります。

別れたい側の人が何故別れたくない人にすり寄らなければならないのでしょうか?

別れの原因はメール相談で分かる事がある

復縁したいなら復縁屋・別れさせ屋にお任せ

メール相談の段階で別れの原因が明らかですが、それに気付かない方は大変多く、というよりもほとんどのケースが気付いていません。

殆どのケースで気付いていないのですが復縁したいと口々に仰るのがメール復縁相談になります。

復縁屋は、気付いた点に対してアドバイスをさせていただき、原因が明らかなので改善しなければ相手から好かれる事はないと思いますよ。とお伝えさせていただきますが、自分を否定される事に慣れていない為、否定された事に対して怒りを感じ、自分を肯定してもらえる所を探します。

自分を肯定してくれる所は結局復縁工作でどうにかしようとする復縁目的ではなく、工作目的の会社になっている為、そういった方が最後に頼る所は詐欺まがいの復縁工作だけに頼った復縁屋になります。

そして詐欺まがいの復縁屋に高額の料金を払い、当然復縁出来る訳がないのですから復縁屋に騙された…となる訳です。

自分を否定する事が出来ないからこそ招いた事で、本来自分を否定して自分の至らない所を理解し、改善すれば復縁屋に頼る必要もないのです。しかし自分を否定される事が嫌で仕方ないので自分を肯定してくれる楽な所に逃げようとし、その結果痛い目を見るのは自分だという事に気付いていただきたいと思います。

弊社では復縁に向けた改善に繋がるアドバイスは有料でさせていただくサービスを行っています。自分を否定される事の大切さに気付いて本気で復縁したいと考えている方はご相談いただければと思います。

■⇒恋愛をビジネス的視点で考えてみる

■⇒心理学を使ってよりを戻したいと思わせる

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁工作に時間をかける理由 今日は2月3日、節分です。 節分といえば、「鬼は外、福は...
血は水よりも濃い。親子の復縁に関して。... 離別は、恋人や夫婦のみに起こるものではありません。 家族でも、思わぬ...
本気で復縁を目指すのか?諦めるのか?... 「本当に復縁できるのか?」 復縁したいと考えている人達の...
復縁したいを現実にしましょう! 別れた恋人や配偶者のことが忘れられずにいませんか? 復縁したいと...
同棲のメリット、デメリット 復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの相談員山下です。 大切な人に...
復縁相談する所って? 復縁相談といえば復縁屋になりますが復縁屋以外にも復縁相談する所...