Pocket

復縁相談のラインやメールを日々いただきますがラインやメールでいただく相談は便利な反面不便な事もあります。メールやラインは自分の都合の良い様に捉える事も出来、自分の都合の悪い部分については『読まない』という傾向があります。

自分にとって都合の良い事だけを理解すれば人と人とのやり取りは出来ません。人と人とのやり取りをするからには都合のいい部分や悪い部分の両方を理解して相手の意図を汲むことが出来るから人とのやり取りが出来るようになります。

都合の良い所だけを解釈し、都合の悪い所は解釈しない。それで人との関係を作り上げる事は出来ません。

ライン@やメール相談をいただく際、復縁したいというメッセージをいただいて、状況をお伺いさせていただく事から始めさせていただき、状況をお伺いさせていただいた後にアドバイス等をさせていただきますが、そのアドバイスの都合の良い部分だけを理解し、都合の悪い部分は読んでないんだろうな…とい方は大変多くいらっしゃいます。

実際にアドバイスをさせていただいた後に何が分かりましたか?とメッセージを送らせていただきますと『彼(彼女)と会っちゃいけないんですよね?』というメッセージを返していただく方は多いのですが、『何故?』という部分に関しては分かっていただけません。

何故?という部分が大切にも関わらず何故?を理解せず、会ってはいけない。という行動部分だけを読みます。

何故?という理由が分かるから会ってはいけない事が分かり、『だからどうすれば良い?』という事に繋がるのですが、何故?を理解せず読まない人は『どの位の期間会ってはいけませんか?』という質問をされます。

何故?について【目は通しても読んでない(理解してない)】ので会ってはいけない。という事だけを理解します。

こういった際に常々思うのですが、復縁したいと思っている相手がこのラインのやり取りを見たらどう思うんだろう?と復縁屋としては考えてしまいます。

会ってはいけない理由が分からず、とりあえずどの位の期間空ければ良いんだろう?『とりあえず』という部分が透けて見え、とりあえずの期間を空ければ復縁を意識してもらえるかも…?と考える人。

その人と復縁したいと思うのかな?と考えてしまいます。

メールやラインで相談する相手だから真剣に悩んでいる姿勢だけを見せて、実際は何も真剣になんて悩んでません。真剣に悩んでいないから『何故?』という部分を理解せず、とりあえずやってはいけないという理由も分からずやらなければ良いんでしょ。という姿勢。

この姿勢はどこかで見覚えありませんか?

元カレ・元カノへ取っていた姿勢と同じ

ケンカの仲介をして欲しい…

復縁屋へメールやラインで相談する方が相談する姿勢は【元カレ・元カノから言われていた事と同じ】なのです。元カレや元カノに言われていた事と同じ?どこが?と思うかもしれませんが良く思い出してみて下さい。

元カレ・元カノから『○○な所が嫌だから直して…』という言葉に対して【何故?】を考えずに『分かりました。もうしません。』という事を言っていたと思います。分かりました。もうしません。という言葉を言うからには、本来何故しないのか?何が分かったのか?何故嫌がるのか?といった言葉があって初めて分かりました。という言葉を伝え、『もう2度としない』という事を伝えるのですが、何故を省いて『とりあえず』返事をします。

とりあえずの返事を行うので分かりました。もうしません。という行動を再度起こします。再度行うから元カレ・元カノは自分の言った事を聞いてくれない。と認識します。それらが積み重なれば『言っても無駄』『この人は自分の話を聞いていない』『この人は自分を好きなんだろうか?』『この人と付き合うメリットは何だろう?』と考えます。

適当な対応をしていて物事に対して本気で取り組まないから来る姿勢が『とりあえず』の姿勢です。

そのとりあえずの姿勢は元カレ・元カノに伝わり、復縁したいと伝えた所で伝わる事はありません。何故なら言葉に本気の気持ちが込められておらず、本気の気持ちが込められていない言葉が人の心を打つ事はありません。

その本気ではない姿勢が復縁屋にも伝わりますが、こういった方は復縁屋に対しては『他にも沢山復縁屋はある』という姿勢を見せます。第三者から見て本気度が伝わらない人の気持ちが大切な人に対して伝わるわけも無く、そんな気持ちで復縁出来るわけ無いでしょ?とお伝えさせていただいても『自分に都合の悪い部分』は聞き入れません。

復縁屋にしてみれば、よく復縁したいなんて口に出せるな…と思う事もありますし、復縁工作でお金を掛ければ復縁させてくれるでしょ?って思ってるんだろうな…と感じます。

お金を掛ければ復縁させてくれるでしょ?という気持ちの方で少しでもお金を掛けたくない方は安い料金の復縁工作を行ってくれる復縁屋を探し、お金を掛ければ復縁させてくれるでしょ?という方のほとんどが『株式会社ジースタイルの復縁工作の成功率は何%ですか?』という質問をされます。

正直な所、株式会社ジースタイルの復縁工作成功率が仮に100%だったとしても、そういった方からの依頼を請ければ100%の成功率ではなくなる為、100%なら復縁工作の依頼をしたい!!と言われてもお断りします。

弊社は復縁工作の成功率に関して業界トップクラスの成功率を叩き出しているという自負はありますが、それらを支えているのは依頼者を選ぶからという理由です。

元カレ・元カノへ取っていた姿勢と同じ姿勢で復縁を目指した所で復縁に繋がる事はありませんし、それらを理解出来ない人から依頼を請けて復縁成功率が下がる事を分かって依頼を請けるなら依頼を請ける必要はありません。

ラインやメール相談をいただき復縁活動に対する姿勢、復縁したいという姿勢、それらを見て復縁出来ない人かどうかを判断する事も出来ます。そして相談者の問題で復縁出来ない人に対して協力する義務はありませんし、相談する義務が無い以上、無料復縁相談だからと言ってもアドバイスをする義務はありません。

アドバイスをしないという権利を弊社は持ち合わせていますし第三者であり、復縁をサポートする事を業務とした復縁屋に協力したいと思われない人が復縁出来るのか?理由を良く考えた方がいいかと思います。

本気で復縁したいんです!!!

2人でいる未来を取り戻すなら

本気で復縁したいんです!!!というメッセージをラインやメールでいただく復縁相談がありますが、本気と必死は違います。

本気で復縁したいです!!という方は本当に復縁したいと思っているとは思いますが必死さは無い。という方もいらっしゃいます。本気というのは言葉に出す事は出来ますが【必死さ】は言葉に出す事は出来ません。必死というのは態度や言動を見て感じるものであり、本気で復縁したいとは言っても必死に復縁したいと考える人は少ないのです。

本気で復縁したい!!といえば弊社が協力する訳ではなく、弊社では必死に復縁したいと考えていて、その上で本気で復縁したい!!と考える人のご相談は承りますが本気で復縁したい!!という言葉の中に必死さがなく、とりあえず復縁相談してみました。という方のご相談は承りません。

復縁屋は本気で復縁したい人からのご相談は承りますが、そうでない人からご相談いただいた所で復縁が叶う訳がない事は存じていますし、本気で復縁したいという事が伝わらないという事は復縁成功率0%という事にも繋がる為、相談された所で対応する理由がありません。

自分の抱えている問題に対して本気で必死になる事が出来ない人が何かを手に入れる事は出来ませんし本気で必死になるからこそ手に入れる可能性も出てきます。必死になる事が出来ない人に対して弊社が本気で対応する理由はありませんし、復縁屋は相談者の方を復縁させてあげたいとは思いますが、それはあくまでも【本気】【必死】という気持ちが伝わる方のみです。

復縁相談されたとしても業務ではありますが義務ではありません。義務ではない以上、協力するからには理由があるから協力したいと思うのです。

無料で復縁相談にのるというのはあくまでもそこに本気、必死という復縁に掛ける思いがあるからこそ対応させていただくだけであって対応したいと思わない様な人からの相談全てにのる訳ではありません。復縁したいというメッセージをメールやラインでいただきますが、復縁屋に協力したいと思わせる事が出来ない程度の本気度、必死度では復縁なんて到底難しい事は復縁を目指しているなら覚えておいて損は無いと思います。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

斉藤一人さんから学ぶ、魅力的な自分になる方法... こんにちは。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの桐生です。 復縁を目指す...
復縁屋としての(株)gstyle 復縁屋とは 復縁屋とは復縁したいと思う方と大切な人との橋渡し...
復縁屋、別れさせ屋のブログの内容 復縁屋、別れさせ屋は多くの会社がブログを持っています。 ...
悪い復縁屋を選んでしまわないようにするには... 世間には良い復縁屋・復縁会社、悪い復縁屋・復縁会社が多数存在します。 ...
復縁屋ジースタイルの理念 最愛のパートナーを何が原因で失ってしまったのか分からない…復縁...
復縁屋を選んではいけない3つのポイント... 復縁屋を選ぶポイントに関してはご説明させていただきましたが、逆に選んで...