Pocket

別れたい…と悩んでいるなら別れさせ屋ジースタイルへ

不倫相手と復縁したいのですが、このような相談をしても大丈夫なのでしょうか?」とお客様から質問をいただくことがあります。結論から申し上げますと、【復縁屋別れさせ屋ジースタイルでは、不倫に纏わるご相談についても承っておりますので、安心してご相談ください】。

※今回は非常に長い内容になっていますが、不倫関係や婚外恋愛関係で復縁したいよりを戻したいお客様には重要な内容となります。是非目を通してみてください。

恋愛の形は人それぞれ

不倫が良いこと」と声を大にして言うつもりはありませんし、”良いこと”に分類してしまうのはいささか疑問はあります。ですが、弊社は、”お客様の”恋愛形態について良い悪いと分類する立場ではありません。
お客様が今なさっている恋愛について良い悪いを決めるのは、お客様自身です。

そもそも恋愛には、良い悪い、してもいいしてはいけないだけでは割り切れない部分があるのではありませんか?
ウィリアム・シェイクスピアの戯曲、「ロミオとジュリエット」においてもそうです。

元々抗争関係にあったモンタギュー家の息子ロミオとキャピュレット家の娘ジュリエットは、更にロミオがキャピュレット一族のひとりを殺してしまったことで更に”恋愛をしてもよい雰囲気”ではなくなり、泥沼となります。ですが、だからといって好きでいることを諦めることができなかったふたりは、最終的には運命のいたずらもあり、自殺をしてしまいます。複雑な家同士の関係だからといって、好きでいることをコントロールはできなかったのです。

お客様自身においても、そうだと思います。

お客様自身、またお相手様、または双方が結婚しているからと「好きである今の気持ち」をコントロールできないから、「(不倫関係であっても)復縁したい」とお思いになるのではないでしょうか?

恋愛の形は人それぞれです。その気持ちについて、茨の道であることについての覚悟をお尋ねすることはあっても、弊社が否定をすることはありません。その責を負うのも、どうするかを決めるのも、全てお客様自身です。

どうすれば復縁できるか?

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

さて、不倫関係での復縁です。

まずひとつ言えることは、双方が未婚の恋愛に比べて、不倫関係の復縁の場合のほうが状況が複雑であることは間違いありません。というのも、結婚している相手にバレてしまっては元も子もないどころか、人生において大きなダメージを負ってしまうリスクがあるからです。

そしてそれは、お客様だけの問題ではありません。お相手様だってそのリスクはあります。そこを理解した上で復縁への取り組みをしなければ、お相手様に意図しないリスクを背負わせることになり、復縁の成功率は下がりますしそもそもどんどんと悪い印象になってしまいます。

そして次に、

  • 結婚をしているのがお客様のみなのか?
  • 結婚をしているのがお相手様のみなのか?
  • または双方結婚しているのか?

これらによって復縁方法は大きく変わってきます。以下に、それぞれの復縁の方法・注意点について挙げていきましょう。

結婚しているのがお客様のみの場合

結婚しているのがお客様のみの場合、お相手様は「不倫相手」と呼ばれる立場となってしまいます。これが復縁においてハードルとなる部分であり、復縁を難しくさせる要素です。というのも、どうしても”不倫相手=倫理観に欠如している”と見られる立場であり、「そういう立場から抜け出したい」と交際を止めた可能性が非常に高いからです。

慰謝料を請求される立場である、というのもお相手様の中には思い浮かんだことでしょう。復縁を目指す場合は、そういった【様々なリスクがある上で、それでもあなた(=お客様)と一緒にいたい。不倫相手でも良い】と思ってもらえるようにならねばなりません。

お相手様がどういった異性を求めているか?」についてはお相手様によって様々なために明確な答えはそれぞれ違いますが、不倫のリスクよりも魅力のある人にならなければならない、ということについては絶対です。

また、「そういう立場から抜け出したい」と思う人は、抜け出すためにも急いで(または慌てて)新しい交際相手を作る傾向が強くあります。

例えば、今までは不倫関係だったために堂々と手を繋いでデートができなかった分、今度は手を繋いだデートがしたい、などです。

お相手様が女性の場合は、婚活を始めてそういったパーティーなどに出掛けるようになったりもよくある話です。
恋愛へのアドバイスに良く遣われる言葉に「冷却期間」と呼ばれるものがありますが、こういったケースの場合は暢気に冷却期間を過ごしていたら、取り返しがつかないことになってしまうことがよくあります。安易に「時間をあけて冷却期間を設ければ・・・」と思わないでください。

結婚をしているのがお相手様のみの場合

結婚をしているのがお相手様のみの場合、仮にその不倫関係がバレてしまえば、お相手様は家庭や家族を失ってしまいます。そういったリスクが頭を掠めたことで、不倫関係を解消しようと思うお相手様が多くいらっしゃるのは事実です。

その場合の復縁に大切なことは、【とことん都合の良い相手になること】です。金銭的な意味ではありません。

お相手様が「誰かに会いたい」と思ったタイミングで会えるようにしたり、「話を聞いてほしい」と思ったタイミングで「どうしたの?」と気がついてあげることができる人になったりです。身体の関係についても、必要なときもあるでしょう。

都合の良い相手」になることに抵抗があるお客様もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にお相手様が結婚していた場合の不倫関係で離別を告げられるケースというのは、お相手様にとってお客様が「都合の悪い相手」になったことがよくある原因です。

例えば度が過ぎるわがままを言ったりして、お相手様を困らせませんでしたか?

結婚しているお相手様の都合を考えず、「今日は会えない」と言っているお相手様に対して、「やっぱり家庭が大事なんだね」「わたし(またはぼく)よりも奥さん(または旦那さん)が優先なんだね」などと言ったことで、お相手様から「そういう風に言うならもう別れよう」と別れを切り出されたお客様も多くいらっしゃいます。

都合が悪い相手の場合、お相手様に交際を続けるメリットは何もなく、むしろ不倫が露呈した場合のことばかりが頭を掠めてしまうようになってしまいます。そのような関係が長続きするわけはありません。今一度ご自身を振り返り、お相手様にとって都合が悪い相手になっていなかったかを考えてみてください。

復縁したい場合、一時的に都合が良い関係になることは、悪いことではありません。都合の悪い相手(破局)から都合が良い相手になり、その先で復縁すれば良いだけです。

不倫関係で復縁したいお客様の多くは、「都合の良い相手なんて嫌だ!」とお考えになりますが、お相手様が求めている人間像にならなければ復縁はできません。

それというのも、必要とされないからです。都合の良い相手というのは、言い換えれば「お相手様が必要とする(求めている)相手」です。必要とされる人にならなければ、お相手様にとってお客様と復縁するメリットはありません。そのメリットを表すためにも、一時的に都合が良い相手になることは致し方ありません。そのステップを意識し、「今の自分は都合の良い相手としてお相手様に必要とされるか?」を意識しましょう。

双方結婚している場合

お客様とお相手様、双方結婚している場合は、状況は更に複雑です。

それというのも、「結婚しているのがお客様のみの場合」と「結婚をしているのがお相手様のみの場合」の混成状態だからです。単純に考えてもリスクは2倍であり、お相手様から「自分もあなたも結婚しているし・・・」と言われてしまえばそこまでとなってしまいます。

ですが、こういった場合でも、まずはお相手様にとって交際するメリットのある人になることが重要です。「不倫がバレてしまった場合は双方ともに大変なことになってしまう。それでも一緒にいたい」とお相手様に必要とされなければ、復縁はありえません。

そして、このような関係で大切なことは、「お互いにバレると困る秘密を共有している」とお相手様に意識してもらうことです。といっても、不倫をバラすような行為や、「バラしてしまうよ」などと言ってはいけません。

例えば以前弊社にご依頼いただいたケースでは、お相手様と同性の工作員がお相手様に接触して、関係を築いた後に「浮気をしたことってある?」と婚外恋愛について尋ねました。

するとお相手様は「絶対内緒だけど、したことあるよ」と仰いました。(人は思いの他誰かに自分の秘密を話したがるものです)そういった中でお客様について褒めたり、不倫を肯定するような心理誘導を繰り返せば、お相手様は再度不倫関係を構築することについて考え始めます。

そんなときに、一瞬でもお客様の素敵な部分が見えると、「お互いに共有している秘密=過去に不倫関係にあったこと」を思い出して、心が動くのです。秘密の力は強大です。

バレたら困るからこそ、甘い悦びがそこにあります。それを上手く刺激することができれば、双方結婚している状態でも、復縁することができるのです。但し、刺激の仕方が間違ってしまえば、「もしかして過去の関係をバラそうとしているのか?」とお相手様に不信感や警戒感を持たせてしまうので、注意が必要です。

大切なことは、リスクを理解すること

不倫関係・婚外恋愛関係の復縁において大切なことは、お客様自身のリスクやお相手様のリスクについて、正しく理解をすることです。

そのリスクがあるからこそ尚更燃え上がる気持ちをお持ちの方もいらっしゃいますが、燃え上がった気持ちが他所に引火して大火になってしまえば、お相手様は元よりお客様自身も取り返しのつかない火傷をしてしまいます。また、そこのリスクを理解しない不倫関係・婚外恋愛関係は、必ず破局をします。

重い相手にならず、かといって軽い相手にもならず。その力加減が上手くいくからこそ、不倫関係や婚外恋愛関係は上手くいくのです。

弊社では、不倫関係や婚外恋愛の関係の復縁についても復縁相談・ご依頼を受け付けております。「もう一度付き合いたい」とお悩みのお客様は、是非ご相談ください。

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

復縁したいから復縁活動を始めた人へ... 復縁活動を始めたばかりで頭を悩ませて何をすればいいのかが分から...
復縁する為に避けては通れない試練 復縁したいと強く望んでいても、何の行動も起こさずに、ただ考えて...
謝罪の仕方を間違わないようにしましょう... 浮気をしてしまった、お相手様を怒らせてしまった。 その状況を改善して...
なぜ相手は別れを決意したのか? 「破局」それには必ず原因があります。 復縁したいと復縁活...
お相手様が別れを意識したきっかけを考える... 成田離婚、って懐かしい言葉ですよね。 「成田離婚とは、新婚カップ...
今すぐ復縁できる方法とは? 復縁をしたいお客様の多くは、『今すぐに復縁できる方法を知りたい...