Pocket

ご依頼いただいたお客様からのご相談については、復縁のみならず様々な生活についてのお悩みをご相談いただきます。

弊社担当者がフォローできる範囲、フォローできる内容であればアドバイスを含めてサポートをさせていただくのですが、そういったご相談の中でトップクラスの多いものが、『友達・同僚との付き合い方、また付き合いに際し起こったトラブルについて』のご相談です。

復縁=恋愛も友達付き合い、同僚付き合いも、全て人間関係です。恋愛関係での躓きが、その他の人間関係に影響を及ぼすこともあるでしょう。

何故人間関係で躓くのか?

株式会社ジースタイルの復縁相談、復縁工作

最初から結論の話をしましょう。

何故人間関係で躓くのか?

それは簡単な理由で、相手のことを考えていなかったからです。

  • 相手が望むことは何なのか?
  • 相手はどう考えているか?

それらを考えることなく、自分主体のコミュニケーションをしてしまえば、相手から嫌われることは当然です。

これを依頼者様にお伝えすると、「じゃあ自分の意見は言ってはいけないんですか?」と仰る方もいますが、そうではありません。

言ってはいけないのではなく、それを言ったら=それを聞いたら言われた側はどう思うか?を考えなければならないのです。意見を言うことでぶつかるリスクだってあるでしょう。

ですが、相手がどう思うか?を想定できていれば、出来る限り相手を傷つけたり不快に思われるような言い方・表現は避けることができるはずです。

「お寿司が食べたい」と言う相手に対して「えー、お寿司ってことは生魚でしょ?わたし、生魚ってキモいから嫌いなんだよね。キモくない?よく食べるね(笑)。別のものにしようよ」なんて言い方をすれば、相手は不愉快に思うのは当然です。

そうではなく、「ごめんね、わたし、生魚が苦手で食べれないんだ。他のものじゃあだめ?」との言い方や表現であれば、相手だって「そっか、苦手なら仕方が無いね。他のものにしようか」と言えるはずです。

上記は極端な例ですが、このように自分が思うことや言いたい言葉を言いたいままにアウトプットするのではなく、受けとる側がどう思うか?この言い方・表現だと相手はどんな返事をするだろうか?を想定してからアウトプットをすれば、衝突回数を限りなく減らすことができるでしょう。

また、上記例をご覧いただければお分かりになると思いますが、「寿司を食べたくない」「寿司以外がいい」との”アウトプットしたいことの本質”は何も変化をしていません。

伝えたいことの本質さえ変わらなければ、伝え方はなんだっていいはずですよね?だったら相手に伝わりやすく、トラブルを避ける言い回しや表現をすれば良いだけです。そういう意味では、自分の真意を伝えるための弾数を増やすこと=語彙力、ボキャブラリーを増やすも、トラブル回避には有効でしょう。

まとめると、『人間関係で躓かないようにするには?』の答えは、

  1. 相手のことを考える
  2. 受けとる側がどう思うか?この言い方・表現だと相手はどんな返事をするだろうか?を想定してからアウトプットする
  3. 語彙力、ボキャブラリーを増やす

この3つが有効であると言えます。

相手が嫌な人な場合はどうすれば?

関係を取り戻したいなら復縁屋・復縁工作の株式会社ジースタイル

さて、自分の問題に目を向けることや自分が変わることについて書かせていただきましたが、次は相手に問題があった場合についてまとめましょう。このようなご相談を承ったことがあります。

わたしが何か愚痴を言うと、それを全部自分(相手)に置き換えて自分への攻撃として受け取るんです。
だから何も言えなくなってしまいます。
どうすればいいでしょうか?

まずひとつ言えることは、『その人に愚痴を言うことを止めること』です。愚痴を言えば相手の気持ちを乱してしまうのであれば、言わなければいい。

簡単なことではありませんか?

確かに全て自分に置き換えて攻撃されていると捉えて文句を言ってくる人は面倒でしょう。じゃあ、そういう人には言わなければいいだけで、攻撃として受け取らない人に愚痴を言わないようにすれば、このトラブルは回避することができます。

そして、愚痴とは自分の心のゴミを相手にシェアする行為であり、それをされて喜ぶ人は稀です。ただ、優しい人はそのゴミを抱える人の気持ちに寄り添ってくれるから、甘んじてゴミを受け入れてくれるだけ・・・。

誰かに愚痴を零す行為は、相手の優しさに漬け込んだずうずうしい行為とも言えます。自らが望んでずうずうしい行為をして相手の怒りを買うって、自業自得ですよね。

これは復縁においても言えるのですが、相手(=自分以外の人)へと変化を望むことは『無駄』なんです。相手は自分の問題点について疑問を感じていないからこそ、そういう人間性のままでいます。

疑問を感じていない人が、自分で問題点に気が付いて自己改善をしようとするでしょうか?そしてそういう風に気がついておらず自己改善をする気が無い人に対して「あなたの○○なところが問題だよ」と言ったところで、更なる反発を招くだけです。プラスになることは何もありません。

つまり、相手が嫌な人であるならば、その人との付き合い方を自分自身が変えるというのが正解です。愚痴に対して怒ってくる人であるならば、その人に愚痴を言わない。

浮気が嫌いで、浮気をする彼氏が嫌なのであれば、浮気をされないほどの女性になるか、それができないのであればその彼氏と別れる。

金遣いが荒い彼女が嫌なのであれば、それを諌めて効果があるほどの男性になるか、それができないのであればその彼女と別れる。自分が変わるしかないんです。嫌な部分のある人に対して望むよりも、自分が変化をするほうが建設的であり、そして簡単です。

ありのままの自分を見せるのが正解なのか?

復縁工作、別れさせ工作で復縁したい気持ちのサポートをします

ありのままの自分を見せる事で、嘘偽りのない自分をアピールしていた。

その結果、別れが訪れてしまった…という人は少なくありません。

  • ありのままの自分がいけないのか?
  • 嘘で作った自分を出さないといけないのか?

と別れた原因を知った時に悩みを抱える方も少なくありません。

しかし、社会人として会社勤めの方であればご理解頂けると思いますが、素の状態の本当の自分の気持ちだけを上司や同僚、部下に伝えて、人間関係が上手くいくでしょうか?

少なくとも人間関係を構築する為に、偽った自分の姿で仕事をしていませんか?

大好きな彼女といる事や大好きな彼といる時くらいは、素の状態の自分を出してリラックスしたい…

と考える気持ちも分かりますが、大好きな人とお付き合いをした当時、自分をより良く見せる為の努力をしていませんでしたでしょうか?

別れた後に『ありのままの自分を見せた事が失敗だったんでしょうか?』と相談を頂く事はありますが、その返答にはYESともNOとも答えられます。

ありのままの自分が受け入れられていたのなら、今復縁したいと悩んでいるのか?結果は自ずと出ているのではないでしょうか?

参考ブログ記事

関係を再構築する為に何が大切か分かりましたでしょうか?

復縁屋・復縁工作・復縁相談をお探しなら株式会社ジースタイル

いかがだったでしょうか?

トータルで言えば、どんな経緯があれ、人と衝突しない様にする為には自分が変化をする事が一番であり、相手に受け入れてもらえる自分になる事が復縁では求められます。

誰かに変化を求めるのではなく、自分が変化する事で相手の変化を望む形をとる方向が復縁成功への道になります。

誰かに変化を押し付けて嫌われる事はありますが、自分が変わる事に文句を言われる事はありません。

恋愛も友人関係も仕事関係も、全て同じです。

相手にではなく、自分自身に望む事、それが人間関係のコツであり、復縁成功への秘訣になります。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れの参考にして下さい

反省をするために、学ぶ 破局について、「反省をしてます!」と仰るお客様がいらっしゃいま...
根拠なき自信が復縁の邪魔をする 弊社以外の復縁ブログをいくつか見てみましたが「根拠なき自信を持て!」「...
失恋の傷は新しい恋愛で癒す? 復縁屋として復縁相談を受け付けている弊社には恋愛にまつわる様々なご相談...
野心を持って復縁工作を利用してください... 「復縁工作を依頼したら、絶対復縁できますか?」と仰るお客様がい...
男らしさや女らしさに惑わされないでください... こんにちは、株式会社ジースタイルの佐藤です。 ”男らしさ...
復縁のための自己改善とは何をするのか?... 復縁屋・別れさせ屋ジースタイルがサポートする復縁の取り組みには...