Pocket

復縁相談の際に「私の復縁の可能性は何%ありますか?」という方が多いのですが、これを言っている時点で復縁の可能性は0%である事に気付いて下さい。

復縁の可能性は自分で作るモノであって、復縁したくないという人にもう一度見てもらえる様に努力をするからこそ復縁の可能性は出てきます。

第三者に復縁の可能性が何%あるかを聞くという事は自分のしている事に自信がなく、誰かに自分を肯定してもらいたいという部分が透けて見えます。

復縁の可能性は何%か?という話しを自らするという事は復縁の為に行動を起こさず、他力本願でどうにかしてもらおうと考えている事が多く、その状態であれば復縁の可能性は相当低いと言えます。

復縁の可能性は0%

株式会社ジースタイルは復縁したい人の味方です。
復縁の可能性が0%の状態に自らの努力で積み上げていく事で可能性を高めますが、努力の仕方が分からない、どんな努力をすればいいかが分からない。正しい努力とは何だろう?と復縁に向けて進まなければ0%を1%でも高める事は出来ません。

0%に自分の成長という分野をつけていき10%プラスされ、復縁成功率は上がります。

10%復縁成功率が上がったら更に自分を高め、10%を上乗せさせます。

少しづつ復縁成功率を高めていく事が出来るのは自分次第であって、成功率を高められるかどうかを誰かに聞くのではなく、自分がしてきた事に対して自分で確証を持つのが復縁成功率になります。

復縁屋に復縁成功率はどの位ですか?と聞く前に自分が行っている復縁活動について考えていただき、今の自分なら何%復縁の可能性があるのではないか?という質問の仕方をしていただければ復縁屋も答えやすいですし、復縁の可能性も高くなるのではないかと思います。

復縁屋は復縁工作や復縁アドバイス、復縁調査を使って復縁成功率を上げる事に協力させていただく事は出来ますが、復縁工作、復縁調査、復縁アドバイスを用いても本人の努力が全くなければ復縁成功率は0%のままになります。

復縁したいのは復縁屋ではなく、復縁したいと思っている本人ですという事はこのブログでも何度も書かせていただいていますが、当の本人がやる気もなく復縁出来ればいいな~お金を払えば復縁させてくれるでしょ?と考えていれば、復縁成功率が元々数%の可能性があったとしても復縁成功率を下げる事は出来ても上げる事は出来ません。

復縁屋は復縁工作をする事で可能性を引き上げるお手伝いをさせていただきますが、引き上げるお手伝いという事は引き上げるモノがなければ成功率を上げる事は出来ません。

今現在あなたは復縁したいと考えている事に間違いはないと思いますが、復縁したいと考えているのなら自分自身で復縁成功率を少しでも引き上げる努力をして下さい。

そういった努力をしたくないのなら復縁成功率が上がる事はなく、復縁成功率が0%のまま頭を抱えて悩むだけの日々を送る事になります。

復縁したいと考えながら、何をするでもなく復縁成功率を復縁屋に聞いて、復縁成功率が高ければ安心し、復縁成功率が低いと判断されたら高いと言ってくれる復縁屋を探そうとするのはやめて下さい。

人の見方によって変わる復縁成功率を気にしているだけでは復縁が成功する事は100%ありません。

自分が何をして、その結果復縁成功率が高くなる。これだけを頭に入れていただければ復縁を目指す方向に進めるのではないかと思います。

復縁屋・別れさせ屋の無料相談

復縁の悩み、別れ、離婚の悩み、その他抱えているお悩みをお気軽にご相談下さい。 復縁したい・別れたい・別れさせたい・離婚したい離婚させたい各種ご相談を無料で承っています。 ※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。
◎復縁屋についてはこちらを参照して下さい
◎別れさせ屋についてはこちらを参照して下さい

復縁屋・別れさせ屋電話相談別れさせ屋・復縁屋メール相談別れさせ屋・復縁屋ライン相談

復縁・別れさせの参考にして下さい

運命の相手と復縁するために学ぶべき復縁したい情熱の使い方... 復縁したい相手のことを思い浮かべたときに、「あの人こそ自分の運命の相手...
復縁できない復縁相談者の特徴 復縁したい復縁相談者の中には、「本当に日本で義務教育を受けてき...
ネットで話題の「復縁できない人」の復縁が失敗する理由を学んでください... ツイッターで話題になっている復縁の話を紹介させていただきます。 ...
「でも」「だって」、言ってませんか?... 「わたしが悪いです」「自分のせいでこのような状況になりました」。 ...
原因を生み出しているのが自分である自覚がないので復縁できない... 物事を深く考えず思いついた事をすぐに口に出してしまう人がいらっしゃいま...
都合が悪い事を先延ばし、逃げようとする姿勢では復縁は無理です... 一部の人にはなりますが、緊急事態だったり、自分がピンチになった時にこそ...